マーケティング

マーケティング

2019年のSEO大予測 海外のSEO専門家による予測14選 SERPsとローカルSEOの活用

MOZ

The industry's top wizards, doctors, and other experts offer their best advice, research, how-tos, and insights—all in the name of helping you level-up your SEO and online marketing skills.

本記事は、14 SEO Predictions for 2019 and Beyond, as Told by Mozzers
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

418 views

読了時間 : 約4分59秒

今後起こりうる2019年のSEO予測について、少し考えてみましょう。

 

私たちのSEO専門家は多数のデータや綿密な分析を行い、予測をたてました。ピート博士、ブリトニー・ミュラー、ロブ・ブッチ、ラス・ジョーンズそしてミリアム・エリスの調査による14個の余すことのないリストをどうぞご覧ください。

 

 

答えが検索を左右する

 

“他の人はこちらも検索”ボックスは2018年に生まれ、強調スニペットはマルチファセット強調スニペットとマルチスニペットに拡大していきました。グーグルは疑問に答えるだけでなく、よりたくさんのデバイスを通して答えたいので、簡潔でよく構成されている答えがあるサイトに報酬を与えます。

 

そのため、サイトの訪問客が最も欲しい答えを残して、ブランドと信頼性を上げることをフォーカスしてみましょう。[Dr. Peter J. Meyers]

 

 

 

 

 

音声検索は最適化には無用

 

音声検索の最適化は強調スニペットの最適化より他なりません、また音声によるコンバーションは未だに未知だらけです。[Russ Jones]

 

 

 

 

 

モバイルはテーブルステークス

 

これは、予想というより事実です。もしあなたの2019年の計画がモバイルであるならば、あなたはすでに時代遅れです。ほとんどのグーグルの機能はモバイル優先を視野に入れたデザインがされています、またここ数ヶ月でモバイル優先の索引データが急速に進出しています。なるべく早く時代に追いつきましょう。[Dr. Peter J. Meyers]

 

 

 

 

SERP機能のオーガニック検索内への浸透

 

グーグルはユーザーを確保するために、より多くのオーガニック検索を解決策にする方法を見つけるかもしれません。これは、ライブスコア、天気、フライトなど遅くても確実なたくさんのウェブサイトが提供する対話式SERP機能が含まれます。[Russ Jones]

 

 

 

 

動画がニッチを支配する

 

おすすめ動画、カルーセル式動画、おすすめクリップがハウツー部門を引き継いでいます。グーグルが現在ホームタブ含む画面付き検索アプライアンスをテストしているので、動画がこの先インストラクションやDIYニッチを独占するかもしれません。[Dr. Peter J. Meyers]

 

 

 

 

SERPsはより対話型に

 

これまで”他の人はこちらも検索”から対話型SERPsの始まりを見てきました。これからは、どの疑問を広げたいかによって、2つか3つの新しいその質問に直接関連した質問が下に作られます。このリアルタイムでの関わり方がユーザーをSERPを長い時間留まらせ、ユーザーが何を探しているのかをグーグルがより理解できるということになります。[Britney Muller]

 

 

 

 

ローカルSEO:グーグルがビジネスを起こす

 

グーグルは、あなたのビジネスに関する詳細な質問をユーザーにします。例えば、”その会社はジェンダーニュートラルのトイレがありますか?” ”バリアフリーでありますか?どのような雰囲気ですか?” ”どのくらい清潔ですか?” ”どのタイプのライトも使っていますか?”などです。

 

もしグーグルがあなたの企業についての情報を正確に得られるのならば、ウェブシグナルに頼りきることはなくなり、ユーザーにより正確な結果を提供できます。[Britney Muller

 

 

 

 

ユーザーとの距離がローカルビジネスチャンス

 

モズの最近のローカルSEOレポートによると、グーグルがローカルSERPs内でユーザーとローカルビジネスの関連を質ではなく距離にフォーカスしていることが大勢の調査回答によりわかりました。

 

この事柄は2019年にはより多くみることになると予想します。ローカル化は地元のビジネスの多様性を発展させる点で、有効です。しかし一方で、緊急の場合を除けば、ほとんどの人は一番近いものより質の高い選択肢を好むでしょう。[Miriam Ellis]

 

 

 

 

ローカルSEO: グーグルの収益化の増加

 

アドワーズやリードジェネレーションモデルを通したグーグルによって、ローカルサイトやマップのスペースを使った収益化をみる機会が増えるでしょう。そしてこのスペースは益々競争が激しくなっていくでしょう。[Russ Jones]

 

 

 

 

音声への収益化テスト

 

グーグルやアマゾンは既によりよい音声の収益化を目指し音声対応するディスプレイの開発へ向かっています。家でディスプレイを得るための努力とそれをどのように統合し広告化するのかをみるのが興味深いです。

 

大まかな予測ですが、アマゾンはキンドルが現在しているようなスリープモードでのディスプレイ広告を提供するでしょう。[Britney Muller]

 

 

 

 

マーケターはSERPsによりフォーカス

 

ユーザーが検索結果から去ることなく答えを提供するために、グーグルはよりよいSERPsの分析に集中するでしょう。この先、グーグルジョブ、グーグルフライト、グーグルホテルやグーグルショッピングのようなバーティカル検索エンジンを益々見ることになるでしょう。

 

 

更に、強調スニペットや”他のひとはこちらも検索”ボックスなどの形で、これまで以上に詳細な内容がSERPに出現するでしょう。これらの新しい進歩により、マーケターはウェブサイト順位だけでなくSERPs内での一般的なブランド認識度を報告したがるでしょう。

 

 

つまり、自身の順位だけでなく、SERPs内のすべての機能を測ることはユーザーにとってこれまで以上に大切になってくるでしょう。[Rob Bucci]

 

 

 

 

トピックよりクエリをターゲットに

 

2019年はもう1年の個人の検索クエリが落ち込み始めることをみる年になるでしょう。なぜならユーザーはトピックスにおけるクエリのまとまりによりフォーカスするからです。”他の人はこちらも検索”クエリはSEO業界でのトピックスの重要性をより明確にしました。

 

 

PAAを使って、グーグルは特定の検索クエリだけでなく全体のトピックに対しての検索者の満足度という点での検索者エクスペリエンスについて考えていることを示しています。

 

 

これを考えると、SEOが益々検索クエリを全体的にトピック表示をして、これらのクラスタの可視性や競争力を測ることができるようになることを期待しています。[Rob Bucci]

 

 

 

 

リンクされた非構造化引用にフォーカス

 

最近行った研究によると、オーガニック検索とローカルパックランキングは75%の相互関係にあるとわかりました。リンクされた非構造化引用(部分的または完全なビジネス情報の言及+関連したウェブサイトのリンク)はローカル順位を支えるオーガニック検索順位を上げる方法です。

 

 

またグーグルに頼らない交通渋滞や見込みを操作する方法として提供しています。よって、グーグルに支払う必要がないものがだんだんと重要になっていきます。

 

 

ローカルビジネスリスティングプラットフォームにおける構造化引用は未だにテーブルステークスですが、競争力の高いローカルビジネスは構造化されていないデータにフォーカスする必要があります。[Miriam Ellis]

 

レビューは競争力の違いを作る

 

グーグルは最近ローカル検索の約3分の1はレビューを読むことを目的とされていると述べた。これは大きいです。ウェブ上でよい評判を得て維持するローカルビジネスはカスタマーサービスの基礎としてレビューを無視するブランドより重要なアドバンテージ持ちます。競争力のあるローカルビジネスはレビューコーパスの感情を得て、監視し、反応し、分析します。[Miriam Ellis]

おすすめ新着記事

おすすめタグ