マーケティング

マーケティング

【コンバージョン率とデザインの関係】コンバージョン率を高める!5つのデザイン原則

578 views

読了時間 : 約2分5秒

急速に成長するデジタル世界にいるのであれば、A / Bテストとコンバージョン率について聞いたことがあるでしょう。注意、安心、ユーザビリティ、コントラスト、トリガーなど、あらゆる仮説の裏には数多くのUXルールがあります。100件以上のA / Bテストケースを再検討し、私はコンバージョンにも重要な5つのデザイン原則をリスト化しました。

 

 

1.焦点効果

焦点効果は、一つの要因が意思決定において主要な役割を果たす可能性があるため、顧客が非常に影響を受けやすいことを説明しています。したがって、彼らの焦点が何であるか、そしていつ購入する判断を下すのかを理解することは非常に重要です。

 

あるテストケースでは、製品機能Wが顧客の主な焦点であったという仮説がありました。そこで、購入フローの4つの異なるステップでWを強調表示しました。その結果、この機能は顧客を説得するのに大いに役立ち、焦点効果はほとんどがチェックアウトの前に効果がありました。

 

 

2.選択のパラドックス

選択のパラドックスは、選択肢が多いときほど、購入決定が少なくなることを示しています。選択肢が多すぎると顧客が圧倒されてしまいますので、なるべく少なくしましょう。1つのテストでは、あまり重要でない商品カテゴリを取り除き、カルーセルの代わりにフォーカスされたタブビューでヒーロープロダクトを宣伝することで、より多くの購入につながりました。

 

 

3.社会的証明

社会的証拠は今日どこでも使われています。たとえば、お気に入りの有名人がコーラを飲んでいるのをInstagramで見ると、自分もコーラを飲みたくなるでしょう。それが社会的証拠の力です。商品の詳細ページでは、自宅で商品を使用している顧客の動画を載せることで、最終購入のコンバージョンを増やすことができました。さらに、Facebookからの動画の読み込みは、直接Webサイトから読み込むよりもプラスの影響を与えます。

 

 

4.結果の期待

結果の期待は、期待理論に由来し、ユーザが行動を行った後に結果を推測する傾向にあることを表しています。トリガーをデザインし説得力のあるコピーを書くとき、結果の期待は無視できません。3ステップのアンケートの再デザインプロジェクトでは、我々は訪問者に次のステップが何であるかを伝えました。また、コンバージョンポイント(アンケート、総トラフィックを終了したトラフィック)は50%以上増加しました。

 

 

5.文化と感情

ユーザには感情と独自の文化的背景があります。中国市場のテストの1つでは、「購入ボタンをオレンジ色から赤色に変えれば、WTB(購入したい気持ちを表す)コンバージョンが増える」という仮説は、赤が幸せと結びついているという中国の文化に基づいています。また、赤は購入意欲をかきたてます。結果的に、すべての製品範囲の合計コンバージョン率は20%以上増加しました。

 

 


 

▼コンバージョン率に関して、こちらの記事もおすすめです!

 

 


 

 

※本記事はBehind The Conversion Rateを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ