マーケティング

マーケティング

不機嫌なデザイナーからのアドバイス!?痛みさえ伴う仕事から逃れるためのコツ

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、 The Grumpy Designer’s Advice for Avoiding Painful Tasks
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

191 views

読了時間 : 約3分55秒

あらゆる仕事には最良と最低の側面があり、Webデザインにも同じことが言えます。デザイナーである私にとっては、仕事の中でクリエイティブになれる機会があるときこそ最良であると考えます。デザインのモックアップの作成過程やコーディング後に実行する瞬間などにおいて、私は幸せを見つけることができます。

 

反対に、クリエイティブな喜びとは正反対の感情をもたらすタスクもあります。これらは確かにしなければならないタスクの一つではありますが、逃れられたらいいのにと私はいつも心底願います。ほとんどの場合、画面と睨めっこしながら独り言を連発するような反復的な「うんざりする」作業です。

 

つまらないことを何よりも嫌う私は、それから逃れるための方法を見つけ出すことに常に挑戦しました。それはつまらないタスクをスキップしてしまうということではなく、それらをより速く終わらせてしまうためのプロセスを開発することです。スピードが速ければ、つまらなさに伴う痛みも軽減できるのです。

 

また、私は誰かがこれらのタスクに頭を悩ませているのを見るのも嫌なので、今回の記事でいくつかアドバイスを共有したいと考えています。一つ一つ、私自身が苦労から学んだアドバイスです。うまくいけば、それらがあなたがテーブルに拳をぶつける怒りを抑えてくれると期待しています(コーヒーショップのスタッフにとっても有難い効果ではないでしょうか)。

 

 

物事を多面的に見ましょう

 

あなたはこれまで目の前のタスクに対し、直ちに「このタスクをどうやって仕上げるかは分かっている…」と思ったことがあると思います。そんなときには進め方の戦略を意識してみてください(タスクに対し不機嫌そうな人々は進め方を深く再考したりや説明書を読むための時間がないのです)。問題は本能的にタスクに取り掛かることこそが致命的な誤りであるという事実です。タスクの1000分の1のでもCut&Paste(カットアンドペースト)することなどで、最後まで仕上げるまでのより良い方法を見つけられるかもしれないのです。

 

結局のところ重要なのは、あなたは何かをするための方法が一つではなく複数あることを知るべきということです。例えば、WordPressを使用し、構築したWebサイトを再設計している場合を考えましょう。現サイトから新しいコンテンツをいくつか移行するだけでも良いのです。時代遅れのブログの投稿まで作業の対象とする必要はないのです。

 

 

実現方法はいくつかあります。不可能ではありません!

 

・サイト間でコンテンツを手動でコピー&ペーストする。

・現サイトのコンテンツを全てインポートし、必要のないものを削除する。

・移動したいコンテンツのみのカスタムエクスポートファイルを作成する。

 

 

これら3つの方法全ては有用です。しかし最も重要なのは、(潜在的に)どの方が最も苦痛が少ないものになるのかを見つけ出すことです。私達は一度歩みを緩めてこれを考慮することによってのみその答えにたどり着くことができます。

 

 

ただ、最後にリストアップされたものが最善策と思われます。

 

 

 

 

 

自動化の恩恵に預かる

 

あなたを完全に満足させるわけではありませんが、現代において驚くべきことの1つの事実は、私達の指先で叶えられる驚くべき計算能力です。最近はローエンドのコンピュータでさえ、非常に多くの仕事を速く成し遂げることに有用です。

 

避けられないタスクに直面したとき、達成に向けたプロセスを自動化する方法を探すことは合理的です。上記のWordPressを用いたサイト再設計の例のように、コンテンツを自動インポートすることは、地道なコピー&ペーストよりずっと効率的と思いませんか。また、人的ミスを誘発する要因を取り除く意味でも賢明で合理的な方法であることを意味します。

 

自動化の唯一の欠点を上げるとすると、立ち上げ時の時間(学習)がしばしばかかってしまうということです。それは通常、何らかのアプリや手法を考え出すことにも共通します。例えば、コマンドラインを学習する必要があります。ゼロベースで始めることもしばしばあるでしょう。

 

自動化には初期コスト(あなたの時間と気力)がかかります。しかし、自動化しているプロセスが何であっても達成したときの見返りは努力に対する価値が認められるものです。

 

もちろん、すべてを完全に自動化できるわけではありません。それでも、自動化することのできる領域は部分的にいくつかあるかもしれません。これは、疲れて背中を軽く叩いてみたり、モニターを窓の外に投げたくなったりすることとは全く違います。

 

 

 

 

 

物事を分解してみる

 

 

何もかも失敗し恐ろしい事態に行き詰まったとき、ただ座って拷問のようなときに身を打ち負かされたようなことがあるかもしれません。私も何度も通過した道です。通常は疲れ切った身体の渇きをビールで解決して終了です。

 

しかし、このフルマラソンのようなプロセスはおそらくあなたにとって完全にダメージを与えるものだったでしょう。あなたの体にも心にとっても決して健康的ではありません。一言で言えば、これは単に多くの痛みをもたらすものだからで、まさに今回の記事で避けるべきとしているものです。

 

こんなときにお勧めしたいのが、タスクをあるまとまりに分割してみることです。1時間作業してから、別のことをしてみましょう。そしてもう一時間後、そのタスクを再開してみましょう。

 

タスク完了までの時間はもちろん長くなるでしょう。しかし、あなたがひと呼吸して他のことに集中する時間を設けることは、苦痛な時間に戻ったときにも少しでも爽快感を与えてくれることでしょう。

 

 

 

 

痛みを消し、効果を増大する

 

人が言うように、人生は短いです。煩わしい仕事にあなたの時間を費やすには本当に短すぎます。あなたが意識的に臨みさえすれば、それを回避する方法があります。

 

取りうるアプローチについてあれこれ考えてください。達成しようとしていることのうち、一部でも自動化する方法がある場合は、その方法を試してみてください – プロセス何かで初期コスト(時間・気力)が必要となったとしてもです。また、最悪のシナリオにおいてもあなたの内なる忍耐力で一気に全部終わらせることはやめましょう。

 

それから、あなたはかつてつらい仕事をしていたとしても今は笑うことができます。あなたの笑みを知るのは建物の中で唯一の人かもしれませんが、それで構いません。あなた自身を楽させましょう!

おすすめ新着記事

おすすめタグ