マーケティング

マーケティング

【必見】SEO対策に類義語や関連キーワードを使うべき理由

Yoast

The mission of Yoast is SEO for Everyone. We want to give everyone the opportunity to rank in the search engines. Our SEO plugin, blog posts, and online courses should enable both large companies as well as small websites to attract the traffic they desire.

本記事は、Why you should use synonyms and related keywords
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

158 views

読了時間 : 約4分25秒

正しいキーワードを使用することは、SEOにおいて不可欠です。なぜならオーディエンスが検索する言葉を使うことで、記事やページが順位を上げることができるからです。だからこそ記事を最適化するために完璧なキーワードを見つけることに力を入れてくださいとお伝えしています。

 

完璧なキーワードを見つけた後、なぜそれを何度も何度も使うべきではないのか?なぜ同義語や関連キーワードを使うのか?矛盾しているように見えるかもしれませんが、正しい方法で同義語や関連キーワードを使えば、間違いなく順位は上がります。この記事では、その理由を説明します。

 

バリエーションが鍵

文章の中で同義語や関連キーワードを使う最大の理由は、それらを使うことで文章が格段に読みやすくなるからです。もしあなたが「キャンディ」についての文章を書いていて、毎分おきに「キャンディ」という言葉を使うと、文章は自然な流れにならず、読めなくなってしまいます。

 

読者はほとんどの場合、読むのをやめてページや投稿から離れてしまいます。そしてオーディエンスを失うことになります。だからこそ文章にバリエーションを持たせるべきなのです。例えば「お菓子」や「珍味」のような言葉は、「お菓子」の同義語になります。また、関連するキーワードとしては「チョコレート」や「砂糖」などがありますが、これらは「キャンディ」の同義語ではありません。でも「キャンディ」に関連しているので、文章に関連性があります。この記事の後半でそれについてもお話しします。

 

魅力的な文章にするためには、変化に富んだ文章にする必要があります。これには様々な方法があります。例えば、長い文章と短い文章を交互に書いてみるのもいいでしょう。長い文章は処理するのが難しいことが多いですが、短い文章を使うことで文章が読みやすくなります。また文章の繰り返しを避けるために、単語の並びを交互にしてみるのもいいでしょう。

 

しかし最も重要なことは、使用する正確な単語を変化させることです。特に、’candy store New York’のような複数の単語で構成されるロングテールのキーフレーズでランキングを上げようとしている場合は特にそうです。文章の多くにその正確なキーフレーズを使用すると、文章は読むのにはひどいものになります。一方、同義語や関連キーワードを使用することで選んだキーワードに焦点を当てながら、文章をより魅力的なものにすることができます。

 

 

キーワードの密度

もちろんフォーカスキーワードを定期的に使い、キーワード密度を意識することは大切ですが、やりすぎは禁物です。昔のSEOはできるだけキーワードをテキストに詰め込む傾向がありました。そうすればGoogleはテキストが何についてのものかを理解し、それに応じてランク付けすることができました。しかしGoogleはそれ以降、長い道のりを歩みテキストを読んで理解することができるようになり、この理解をより良くするために絶え間ない探求を続けているのです。

 

例を挙げてみましょう。Googleで’candy store New York’と入力すると、結果には’candy store’だけでなく’candy shop’についてのページが表示されます。Googleは’store’と’shop’が同義語であることを理解しており、そのように扱っています。

※’candy store New York’という検索結果ページのスニペット

 

これはまだ、記事全体でフォーカスキーワードを数回使用する必要があるという事実を奪うものではありません。結局のところフォーカスキーワードは聴衆が検索していた単語やフレーズです。これらは聴衆が使用している単語であり、テキストの中で見つけることを期待しています。その正確な一致が重要なことに変わりはありません。

 

しかしキーワードをあまりにも多く使用しないようにするために(キーワードスタッフィングと呼ばれています)同義語や関連キーワードを使用することが可能です。そうすることで魅力的で読みやすいテキストを維持しながら、これらのキーワードで順位を上げることができます。

 

同義語や関連キーワードを使う頻度

同義語の使用とフォーカスキーワードの使用は、正確な科学ではありません。最も重要な基準は読者が文章をどのように体験するかです。だから再読してみてください。それは魅力的で読みやすいか?それとも、特定の用語が絶え間なく使われていることにイライラしていないか?自分の文章を批判し他の人にフィードバックを求めましょう。

 

より多くの指導が必要な場合は、Yoast SEOプラグインを使用すると異なる言語の単語の形を認識することで、キーワード、同義語、関連キーワードの使用のバランスをとることができます。プレミアムSEO分析を使用する場合は、フォーカスキーワードの同義語を追加することが可能です。

 

プラグインはテキストだけでなく、メタ説明、紹介、小見出し、または画像のaltテキストでこれらの同義語を使用しているかどうかをチェックします。さらにキーワード分布チェック(Yoast SEO 7.8で追加されました)は、テキスト全体でキーワードとその同義語を交互に使用した場合に報酬を与えます。

※Yoast SEO Premiumでは、フォーカスキーワードの同義語を複数追加することができます。

 

Yoast SEO Premiumでは、関連キーワードを追加することもできます。これらを追加することで、プラグインはテキストでそれらを使用しているかどうかをチェックすることが可能です。しかし、フォーカスキーワードは最も重要なキーワードであることに変わりはなく、プラグインが関連キーワードの分析をあまり厳しくしないのはそのためです。

※Yoast SEO Premiumでは、フォーカスキーワードに関連するキーフレーズも可能です。

 

同義語の活用

先ほども言いましたが、GoogleはSEOの初期の頃とは比べ物にならないほど進歩しました。テキストを理解し、関連する概念や同義語を考慮に入れることができるようになりました。それは関連するエンティティを認識することができます。これはユーザーに最高の結果を提供できるようにするためです。最良の結果であることの一部は、テキストが読みやすいことを確認し、Googleは読みやすいテキストを提供したいと考えています。

 

だから提供するものを確認してください。キーワードやキーフレーズの同義語を考え、利点にそれらを使用してください。キーワードの代替案をいくつか考え、キーワードに強く関連するトピックを考えてみましょう。

 

SEOプレミアム分析にこれらの単語を入力して、テキストにそれらを使用することを確認してください。フォーカスキーワードを他のすべての文で使用する必要がないときに、自然に流れるような文章を書くことがはるかに簡単になることに気づくでしょう。また同義語や関連キーワードを使用することで、Googleは文章の文脈を理解し、順位を上げるチャンスを増やすことができます。

 

結論

フォーカスキーワードは依然として不可欠です。これらは、オーディエンスが検索している言葉です。「キャンディ」を検索している人は、おそらくテキストに「珍味」が含まれている検索結果をクリックしないでしょう。その代わり「キャンディ」と検索した場合、検索結果にその単語が正確に表示されることを期待するでしょう。ですから、オーディエンスのキーワードと正確に一致させることは、依然として不可欠なのです。

 

だからこそ、同義語や関連する概念を使って、読みやすい文章を書くことができます。同じキーワードを何度も何度も繰り返すことは、特にロングテールキーワードに最適化している場合には、文章の可読性を損なうことになります。さらに同義語や関連キーワードを使用することで、見逃していたランキングの機会が生まれる可能性があります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ