マーケティング

マーケティング

読者を惹きつけるツイートを作るために大切な17のポイント

Sprout Social

本記事は、17 Engaging ideas for what to post on Twitter
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

104 views

読了時間 : 約7分49秒

「Twitterで、何をつぶやいたらいいか分からない…」ということはありませんか?SNSにはそれぞれ異なる戦略とコンテンツが必要になりますが、どんな投稿が刺さるかは分かりませんよね。

 

 

Twitterは他のSNSとはちょっと違います。ツイートがバズることもありますが、LinkedInまたは、InstagramやPinterestのようなもっと視覚に訴えるSNSなどに投稿する方が向いていることもあります。

 

 

今回は、多くの人が使用しているTwitterに、どんなことを投稿すればエンゲージメントを高めることができるのかについて、ご紹介していきます。

 

 

 

なぜTwitterをすべきか?

 

 

どのSNSにもそれぞれ、独自のユーザー層、ルール、スタイルがあります。あなたのビジネスがどのSNSに向いているかを知ることは重要です。

 

 

まずは、Twitterの主なユーザー層について把握しましょう。ユーザーの多くは10代~20代の若い世代で、街中や郊外に住んでいます。

 

 

こういったユーザーがあなたのビジネスのターゲットとなる場合、Twitterでリーチを得ることができるでしょう。

 

 

どれくらいの頻度でツイートするのが良いのか?

 

 

多くのマーケターの悩みは「それぞれのSNSにどれくらいの頻度で投稿すればよいのか?」ということではないでしょうか。ツイートに最適な時間帯(業界別)については、以前、記事でお話ししていますが、頻度については別問題です。

 

 

すでにお話しした通り、Twitterは他のSNSとは少し違います。

 

 

Twitterのアルゴリズムにより、投稿はあっという間に流れて行きます。これは他のSNSとは異なる点です。

 

 

FacebookやInstagramでは、1日に1回の投稿が良いとされていますが、Twitterでは1日に少なくとも10ツイートすべきだと言われています。20~30ツイート(またはそれ以上)しても良いくらいです。

 

 

 

どのようにツイートを作成し、いつ投稿すれば良いのか?

 

 

予約投稿を活用するのも良い方法です。毎日、投稿を考えないといけないわけではないのです。

 

 

特に、毎日10~20ツイートする場合、1日のすべてをTwitterに費やす必要はありません。

Sprout Socialといったツールを活用し、予約投稿を管理すれば、効率よく時間を使えます。

 

 

Sprout Socialのダッシュボードでは、Publishingのタブに進むだけで、ツイートを作成し、投稿時刻を設定することができます。カレンダーにキャンペーンを登録しておけば、日単位、週単位、月単位で、ツイートを計画することもできます。

 

 

 

何をツイートすべきか?

 

 

続いて、どのように、そしてどれくらいの頻度でツイートをすれば良いかについてご紹介します。ただし、どのアイディアも、あらゆるビジネス、あらゆる業界で上手くいくとは限りません。想像力をかきたてるきっかけとして、活用してください。

 

 

1.質問を投げかける

質問を投げかけることは、フォロワーのエンゲージメントを得る上で有効な方法です。Degreeのツイートのように、ブランドに関連することや、会話が生まれるようなものが良いでしょう。

 

 

2.業界に関するニュース

どのSNSでもシェアすべきコンテンツのタイプとしては、重要または興味深い業界ニュースが挙げられます。これは、ユーザーが知っておくべき情報だからです。

 

 

下記のBrandwatchの事例のように、単なる業界人に関する記事や、法令の変更、極小さなアルゴリズムの変化に関することだとしても、このような情報はシェアしたくなるものです。

 

 

3.ブランドに関する告知

何かわくわくするニュースはありますか?もうすぐ発表になることや、ユーザーが待ち望んでいる新機能などはありませんか?シェアしたくなる、素敵なお客様の声や推薦文はどうでしょう?こういったものは、間違いなくフォロワーとシェアしたいコンテンツです。

 

 

できれば、そのようなツイートはプロフィールを見に来た人が見れるように、固定ツイートにしておくと良いです。適宜更新するようにしましょう。

 

 

YouTubeに動画をアップした際は、シェアすると同時に、フォロワーが分かるよう、Twitterでは固定ツイートにしています。

 

 

4.GIF画像やミーム

Twitterには短い文章しか書けません。140文字以内という制約があります。このことにより、GIF画像を使って物語を作ったり、すでに知られているネタのアレンジが拡散されていくような動きが発生しています。

 

 

あなたも、ツイートやリプライにGIF画像が埋め込まれていたり、ミームが広がっていく様子を見たことがあるのではないでしょうか?

 

 

ChipotleがTwitter上でミームの拡散を巧みに利用した事例です。

 

 

ブランドの考えに馴染むようであれば、このようなユーモアを含むコンテンツをTwitterに組み込むことも戦略の1つとなります。

 

 

5.割引コードやセール情報

Twitterのフォロワー限定で、割引コードやセール情報シェアすることは、エンゲージメントと売り上げを高める方法の1つです。

 

Wendyが行った、新商品ハニーバターチキンビスケットが無料でついてくるという、プロモーションの事例です。

 

 

Twitterのプロフィールに、開催予定のセールや割引情報を記載すると言う方法もあります。

 

 

6.ブログ記事

 

どのSNSでもよく見られるタイプのコンテンツは、ブログ記事です。言い換えると、ブログを書くと、より多くの人に読んでもらうために宣伝すると言うことです。恥ずかしがる必要はありません。実際、どれくらい読まれるかはテストで分かっています。

 

 

7.視覚に訴えるコンテンツ

Twitterに載せた写真、ブランド画像、解説等の視覚に訴えるコンテンツは、スクロールしていると目に止まりやすいです。

 

 

上のVismeの事例では、ブログに掲載していた解説画像を載せることで、興味を引きつけ、クリックを増やしました。

 

 

8.告知

もうすぐ発売の商品があったり、搭載予定の新機能がある場合、Twitterはそれらをチラ見せし、ユーザーの期待を高めるのに最適です。

 

 

Coffeemateは新商品の発売の2ヶ月前に告知を行い、フォロワーの期待を盛りあげました。このことは、ブランドや新商品に関しての会話を増やす方法とも言えます。

 

 

9.イベント

あなたのブランドが参加予定の会議や交流イベントがある場合、ぜひTwitterでフォロワーに伝えましょう。そして、参加中、リアルタイムにツイートすると、業界のリーダー層や専門家、出席者との交流や会話を生みます。

 

 

たとえば、Sitecoreは、ネットワーク開発者の日のイベントへの参加登録についてフォロワーにシェアしました。そして、イベントに関する発言をするフォロワーや参加者にハッシュタグを使ってもらいました。

 

 

10.記念日

関係のある記念日をお祝いすることはユーザーの興味を引く1つの方法です。

 

 

Sally Hansenは、女性を応援する内容のデザインのネイルとともに、国際女性デーに敬意を示すメッセージをツイートしました。このメッセージはユーザーに深くささり、フォロワーや顧客の購買意欲を高めることにつながりました。

 

 

11.求人情報

あなたの会社が人材を募集しているならば、Twitterのフォロワーに周知すべきです。すでにブランドへの深い理解を備えている人材に出会えるかもしれません。ニッチな業界で働いているのであれば、フォロワーの中に同じ業界の人や価値のある人材がいる可能性もあります。

 

 

Notionはこのことを知っていたため、新しい求人が出た際、Twitterのフォロワーにシェアしました。

 

 

12.モチベーションを高める名言

モチベーションを高める名言をシェアすることは、ユーザーと思いを共有するのに最適な方法です。加えて、人々は自分に語りかけるような名言が大好きなので、リツイートする可能性が高くなります。

 

 

Day Designerは豪華なデザインの名言画像をTwitterで共有していますが、画像を使用しなくても可能です。

 

 

13.トレンドトピック

Twitterでは、特定の地域で話題になっているトレンドトピックを宣伝しており、リーチを増やすためにはそれを活用することも賢明な方法です。

 

 

トレンドトピックを活用する場合の黄金律は、トレンドトピックが何についてのものなのかを正確に把握し、それについてツイートする場合は、そのトピックが自分のブランドに関連するものであることを確認することです。一見何の変哲もないトレンドトピックをツイートしても、実は深刻な問題を示唆していて、ブランドへの反発を招くといった事態は避けなければなりません。

 

 

2020年は選挙の年であると同時に国勢調査の年でもあるため、#Census2020はしばらく前から推進されているトレンドトピックです。多くの代表者、上院議員、公務員以外の人たちは数週間前から国勢調査についてツイートしており、友人やフォロワーに家にいる時間を生産的に使うよう促しています。

 

 

あなたのブランドに関連するトレンドトピックを見つける方法には、Sproutのトレンドレポートもあります。

 

 

あなたのブランドが言及される傾向のあるトレンドを見つけるために、Sproutダッシュボードの「レポート」タブに向かいましょう。これらのトピックは安全かつ、あなたのブランドと密接に連携しているはずなので、良い話題と言えるでしょう。

 

 

14.商品やサービス

当然ですって?言わずもがな、Twitterのプロフィールでは、商品やサービスを宣伝したいですよね。

 

 

そして、間違いなくTwitterのコンテンツにも組み込む必要がありますが、宣伝メインにしてはならないことを覚えておいてください。Twitterの投稿は、ユーザーを引きつけ、情報提供するためにあります。

 

 

Burt’s Beesは、Goodness Glows Tinted Moisturizerを宣伝するこの投稿をクリエイティブに仕上げ、シェアしています。ユーザーがコンテンツに興味を持ってくれるよう、あなたの製品やサービスを楽しく共有する方法を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

15.有益なヒント

あなたのオンラインでの役割は、業界や商品に関して情報提供をしたり、教育をしたりすることです。そのため、Twitterで有益なヒントをシェアすることは適しています。

 

 

Remoteは、主にリモートで仕事をするためのヒントをシェアしていますが、製品の使い方やサービスへのサインアップのステップなどのヒントもシェアしています。

 

 

16.お客様の声

人々があなたの製品を愛していること、またはあなたのビジネスで働いていることを証明しましょう。お客様の声やレビューがある場合は、Twitterでシェアしましょう。

Covergirlは、彼らのマスカラがネットに掲載されたことについてシェアしました。これはユーザーに社会的な証明を提供する有益な方法です。

 

 

17.世論調査

Twitterには投票機能が組み込まれているので、ユーザーの声を聞くことがこれまで以上に簡単になりました。さらに、これは面白い質問をして答えを見るのにも最適な方法です。

 

 

Casperは、ベッドのどちら側が人気があるのかを確認するために、世論調査を行いました。かろうじて右側が人気のようです。

 

 

 

今すぐツイートしよう

この記事から何かアイディアを得られたでしょうか?Sproutで新しいツイートの下書きと予約投稿を始めましょう。コンテンツカレンダーを作成し、エンゲージメント指数を管理しましょう。SNS戦略のテンプレートをダウンロードし、あなたのコンテンツをより良いものにするためにお役立てください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ