プログラミング

プログラミング

CSSでの開発を効率的にスピードアップするワザ7選【ワークフローの改善に役立つ】

1,710 views

読了時間 : 約2分22秒

ワークフローの改善を図るのは、プロの開発者として必須です。その改善策のひとつに挙げられるのが、CSSの記述をより少なくすることです。これだけで業務時間が短縮できるだけでなく、ページのロード時間短縮や、将来の変更が行いやすくなる効果までついてきます。

 

今回は、CSS開発のスピードアップにつながる7つのポイントを紹介します。

 

 

  1. 1.CSSプリプロセッサーを使う

Sassのようなプリプロセッサーを使えば、現在のCSSでは利用できない機能まで使うことができます。変数やネスト化、継承など、コードの量を減らして効率よく開発できます。

 

 

 

  1. 2.ショートハンドを使う

ショートハンドを使ってコーディングすれば、同じCSSをより素早く生成できます。余白の指定などでよく使われています。

 

 

このように分けて書いてもいいですが、ショートハンドなら1行にまとめられます。

 

 

 

 

 

  1. 3.複雑なプロジェクトにはフレームワークを使う

中規模・大規模なプロジェクトではフレームワークが活躍します。たとえばBootstrapはSassと統合され、レスポンシブ対応のグリッドシステムを備えています。CSSの生成に必要な繰り返しのタスクを、大幅に減少させられるのです。

 

 

 

  1. 4.リセットCSSを使う

リセットCSSは、ブラウザ間の仕様の違いを吸収してくれます。ブラウザごとの対応をその都度CSSに記述するよりは、リセットCSSでまとめて適用しましょう。

 

 

 

  1. 5.シンタックスハイライトのついたエディタを使う

Sublime TextやAtomのようなテキストエディタには、コーディングを楽にする機能がいくつも搭載されています。特にシンタックスハイライトはもはや必須です。コードを色分けし、どこに何があるのかを見やすく表示してくれます。

 

 

 

  1. 6.Emmetプラグインを使う

Emmetは、Sublime Text、Atom、Coda向けのプラグインです。簡略化された構文やダイナミックスニペットで、コーディングをスピードアップさせてくれます。次のコードを見てください。

 

 

これはウェブページのヘッダ部分を生成するスニペットです。これだけで、次のコードを一括して生成できます。

 

 

 

 

  1. 7.ボイラープレートを使う

Bootstrapなどを使うほどでもない、小規模のプロジェクトには、ボイラープレートが適しています。中でもSkeletonは軽量で、全体が400行ほどのコードでできています。リセットCSSやボタン、フォームなどの各種スタイルが含まれており、開発を楽にしてくれます。

 

 

 

まとめ

CSS開発は複雑な仕事ですが、それを支援するツールが多数リリースされています。こうしたツールを取り入れ、定期的にワークフローを見直すことで、作業スピードや効率が大きく向上するでしょう。

 

 

▼CSS開発の効率化には、これらの記事もおすすめですよ。

よくある面倒なタスクのお助けに!使えるCSSスニペット25選【part1】

よくある面倒なタスクのお助けに!使えるCSSスニペット25選【part2】

CSSの裏技20選を一挙紹介!【必見!コツをつかんで効率的にWebサイトをデザインする】

CSSコーディングのシンプルなコツ5選【より良いコーディングのために】

 

 

 

 

※本記事は7 Tips to Speed Up CSS Developmentを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ