プログラミング

プログラミング

必見!2018年に注目すべきWeb開発における7つのトレンド【前編】

2,127 views

読了時間 : 約3分27秒

Web開発において、「唯一の定数は変化である」という言葉が存在します。Web開発は毎秒変わり、2018年もその動きの変化の大きさは変わりません。

ユーザーの期待はますます高まっており、魅力的で楽しく直感的なデジタル体験をこれまで以上に構築することが重要です。 コンテンツはあらゆる場所、リアルタイム、モバイル機器でアクセス可能である必要があります。

これを実現するために、新しいプログラミング言語とフレームワークが登場しており、拡張機能の互換性が高まり、リアルタイムのWebアプリケーションが普及しています。

何が起こっているかに追いつくために、今起きているWeb開発の動向トップ7を2つの記事にわたってご紹介しましょう。まずはトップ3です。

 

 

2018年に注目すべき7つのWeb開発動向

  1. 1.Vue JSの人気が高まっている

Vueは2014年に作成され、2018年に人気を博しています。これは最も軽量なフレームワークの1つで、高速です。

VueJSは大企業に支えられていないため、ユニークな立場にあります。 ReactはFacebookとAngular by Googleによってサポートされていますが、VueJSは一個人のEvan Youによって作成されました。

エヴァンは、彼のプレリリース前とリリース後の活動をブログ記事で説明し、開始週の毎日の活動をリストアップしています。

最初から、文書は中国語で利用でき、その結果VueJSは中国で高い人気を得ました。

Vueは現在、Expedia、Alibaba、Nintendo、GitLabなどの大企業で使用されています。 チームページには20人がリストされています。

そして、最近、VueJSはFacebookのReactよりもさらに人気があり、2017年の10つの最もフォークされたGitHubプロジェクトの1つに選ばれました。 Githubには77,000以上の星もあります。

VueJsで作成されたプロジェクトのリストは、https://madewithvuejs.com/

 

 

  1. 2.Javascriptの改善によるFunctional Programming(FP)の利点

Functional Programming(FP)は何年も続いていますが、その影響は2018年に再び増加します。 Functional Programming(FP)は、基本原則に基づいてソフトウェアを構築するプロセスを記述します。 Functional Programming(FP)の原則には、純関数を組み立ててソフトウェアを構築することが含まれます。 共有状態、変更可能なデータおよび副作用はFPでは回避されます。

 

機能コードはより予測可能であり、オブジェクト指向コードよりも「容易」といえるものがあります。 間違いなくテストするのは簡単です。 Javascriptでしばらく作業していたのであれば、開発者がプログラムを小さな機能に分解するよう促すFunctional Programming(FP)の原則や概念に遭遇した可能性が非常に高いです。

 

 

Functional Programmingは、2018年に、ES6やES7などの最近のJavascriptの改良から特に利益を得ています。

Functional Programmingには、以下のJavascriptの改良が役立ちます:

矢印関数:矢印関数は関数を書くときに定型文を減らします。

矢印関数を使って上の例をさらに単純化することができます。

 

 

オブジェクト/配列スプレッド:オブジェクトスプレッドは、既存の値を含む新しいオブジェクトを作成する方がはるかに簡単であるため、オブジェクトの変更を避けることを非常に簡単にします。 例を示します:

 

 

 

  1. 3.拡張機能はより互換性がある

ブラウザ拡張機能はChrome、Firefox、およびCo.の主要なアドオンです。 2018年に新しくなり、今後もブラウザ拡張の互換性が向上します。

 

どういう意味でしょうか?

 

ブラウザ拡張は、JavaScript、HTML、およびCSSで書かれたコードの一部です。彼らはWebブラウザの機能を変更し、新しい機能を追加したり、Webサイトの外観やコンテンツを変更したりすることができます。

Firefox用の拡張機能は、拡張機能を開発するためのクロスブラウザシステムであるWebExtensions APIを使用して構築されています。 APIの大部分は、Google ChromeとOperaでサポートされている拡張APIと互換性があります。これらのブラウザ用に書かれた拡張機能は、ほとんどの場合FirefoxまたはMicrosoft Edgeでわずかに変更されて実行されます。 APIは、マルチプロセスのFirefoxと完全に互換性があります。

Firefox拡張機能は過去に3つの異なるシステムを使用していましたが、WebExtension APIはFirefox拡張機能を開発する唯一の方法であり、他のブラウザシステムでも利用できます。

Firefox 57(Quantum)の導入以来、古い拡張機能はもはや機能しないため、いくつかの論争がありました。新しいAPIを含む新しいバージョンがリリースされると、古い拡張機能はなくなりました。

拡張機能のブラウザ互換性をテストするには、この簡単な拡張機能互換性テスターを使用できます。

 

 

残り3つは続いての記事でご紹介します。ぜひご一読ください。

 

 

 

※本記事は7 Web Development Trends You Can Expect in 2018を翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ