ワークスタイル

ワークスタイル

Webデザインビジネスで成功している人の空き時間の上手な過ごし方 休息を最大限に活用するために

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Making the Most of Slow Times at Your Web Design Business
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

238 views

読了時間 : 約3分21秒

Webデザイナーは、時に極端な条件に対処することがあります。 ある日はめちゃくちゃに忙しく、ストレスフルなマラソン状態に直面することがあります。

 

何かがおかしくなり、クライアントが助けを必要として – あなたはその対処法を知っています。 あらゆる方法を駆使してさまざまな障害を乗り越えることができるかどうかを試されているのだろうかと思うような日もあります。

 

あるいは、数日や数週間は静かになるときもあるかもしれません。

 

はじめは、休息できることに感謝するでしょう(誰でも休憩は取ることができます)。 しかし、心が再びそわそわし始めるまでそれほど時間はかからず 、とっても忙しいときと同じくらいの胸騒ぎが起こり始めます。

 

忙しい時と違いがあるとしたら、忙しくない時間はとても有益な機会を与えてくれるということです。 何か生産的なことすることができて(またはしないと決めることができて)、精神をリチャージし、次に起こるかもしれない避けられないマラソン状態への準備をする時間なのです。

 

つかの間の休息を最大限に活用してビジネスに生かすためにできることがいくつかありますので紹介します。

 

 

 

 

スキルを磨く

生活が忙しいときは、差し迫った問題ばかりに対処して、自己改善への取り組みは二の次になりがちですが、もし少しでも自由な時間があるなら、スキルを向上させることに取り組むチャンスがあるのです。

 

学びたいことによっては、好きな時間帯でほんの数時間をとるだけでいい場合もあります。

 

たとえば、最新のCSSレイアウトのテクニックを学ぶためにオンラインコースを受講する場合、コースを1日15分などの一口サイズのまとまりごとに分けましょう。 コースを完了するのに数週間かかるかもしれませんが、煩わされずに新しいことを習うことができます。

 

面白いのは、どんな能力に磨きをかけるのかはそれほど重要ではないということです。 理想としては、毎日の仕事に役立つものであれば尚良いのですが、学習すること自体が脳を一時的にそのことに没頭させ、達成感を得られるのです。

 

 

 

 

サイドプロジェクトを開始する

何か新しいことを学んだとき、サイドプロジェクトはそれらの新しいスキルを発揮するのに最適な場所になることでしょう。

 

今、これは必ずしも新しいプロジェクトに全力で関わらなければならないという意味ではありません。 どのくらい深くそのことに関わりたいかを調整することができます。

 

プロジェクト自体は、大きさと実現するのに必要な努力の量で得られる結果も変わってきます。それは世界をひっくり返すような本格的なWebアプリケーション開発かもしれません。 あるいは、他にはないようなちょっとしたJavaScript UIかもしれません。

 

重要なのは、情熱を注いで何かを作り出したり、日々の仕事ではすることのないことで役立っているということなのです。 これは創造性をかき立て、新たな情熱を持つきっかけになります。

 

 

 

 

普段のビジネスの評価をしてみる

デザインビジネスをする日々の作業では、全体像を見る余裕がほとんどないので、この時こそ今どうなのか、どうなりたいのかを知るのにぴったりなタイミングなのです。

 

この時間の有益な使い方の1つは現在のクライアントを再考することでしょう。 誰が支払っていて、誰が支払っていないのかを調べましょう。 また、クライアントのサイトのレビューをして、再設計のできる部分がないか検討してみましょう。

 

クライアントも普段から同じことを考えているものの、それを実行する時間がないということがよくあります。 積極的に行動することで、クライアントを納得させ、同時にあなたの収入も増やすことになるかもしれません。

 

ワークフローをざっと分析することも良いでしょう。 物事を成し遂げるのを妨げるようなよくある障害と面倒なことに正面から取り組むのです。 新しいツールを試したり、違うやり方を試す機会にもなります。

 

取り組んでいるプロジェクトのタイプから提供するサービスまで、あらゆる分野をについて考えることができます。 自分自身もビジネス面でも両方の得に繋がることがあります。

 

 

 

オフィスから出る

事業主が最も陥りがちな罠は、あらゆる瞬間を生産的なものにしようとすることです。 確かに、そうすることは仕事中には役立つことがありますが、燃え尽き症候群になる危険性もあり得ます。

 

ある程度のダウンタイムを取りましょう。 楽しくリラックスして何かをしましょう – 罪悪感を感じることなくそうしてください。 どこか旅行に出かけましょう。 遠くである必要はありません。 町を出なくてもいいくらいです。

 

でもオフィスから少し離れて過ごすことは驚くほど効果があるのです。自分の仕事が好きな場合、生活のかなりの部分を仕事が占めることになります。 可能な限りバランスをとることは、大きなメリットがあります。

 

 

 

 

時間は貴重なので賢く使いましょう

時間はいつも足りないと思ってしまいがちです。 だからこそ空き時間はとても貴重な贈り物となります。普段しないようなことをする機会を与えてくれるからです。

 

次にスケジュールに空きがあったら、それを利用しましょう。何かを学んで、スキルを磨きビジネスを向上させたり、あるいは休息を取りましょう。 何をするにしても、その余暇をうまく利用してビジネスに役立てるようにしてください。

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ