ワークスタイル

ワークスタイル

PR

Webデザイナーに必要なスキルとは?デザイナーとしてキャリアアップのために どのスキルに力を入れるか決定までのステップを紹介!

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、How to Determine Which Skills You Should Learn
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

3,686 views

読了時間 : 約3分20秒

様々なウェブデザインの出版物を見ると、次の流行を押し売りするような見出しがほとんどです。ツールやプログラミング言語、フレームワークなどが主に取り上げられます。よく、ラスベガスの道を歩いていると、見逃さないでとネオンサインでこっちこっちと誘惑している様と比べられることが多いです。“中までどうぞ、すぐに業界の最先端にすぐ着きますよ!”と説得しているのです。

 

一連の事柄は、デザイナー自身が何かを見逃しているのでは、さらに置いていかれているのではと感じさせます。それは自然な反応ですし、全ての人々がクライアントのために最上級のサービスを提供できるように、自分のやっていることに自身を持てると知っているし、信じたいと思っています。これらの見出しを見ることで、頭の中でしか存在しない想像上の人物を描いてしまうのです―全てについて深い知識を持った人物です。

 

しかし現実には、私たちの心中で見る超開発者は存在しないのです。最も熱心で天才的なウェブプロフェッショナルでも、全てを知ることはできません。そして、もし知っていたとしても、時間が全くない中でどうやってその広大な知識を実現させるのでしょう?そのイメージは、記憶から消すことをおすすめします。

 

そのためにも、学ぶ必要のあるスキルについて、流行語の誘惑も無視しましょう。その代わり
、鏡でよーく自分を見つめ直しましょう。正しい道を見つけられるという真実はそこにあるのです。

 

あなたの痛点を見つけましょう

 

あなたの限られた教育資源(時間や/とお金)をどこへ使うのか見極める最初のステップは、自己発見を通してです。ここでの良い知らせは、この作業へ特別なプロの助けや自分での分析は必要ないということです。

 

始めるにあたって、最近作業したプロジェクトをいくつか思い返してみましょう。どんな結果が得られましたか?何か特定の側面で自分が苦労したことはありましたか?追加したかった機能を追加できなかったことはありましたか?

 

過去の数々の経験を見たとき、何らかの傾向が見られるかもしれません。もしかすると、カスタムのJavaScriptを書くのに苦労したかもしれないし、CSSレイアウトを正しい方法で実現できなかったかもしれません。時間を通してこれらの事柄が繰り返して起きているなら、これが痛点です―同時に、学ぶことでよくできる点なのです。

 

これらのスキルを改善しようとステップを踏むことにより、自身の作業効率に投資をしていると思ってください。CSSレイアウト技術をマスターすることによって、より素早い作業を実現し、よりよい結果につながっていくので、価値のあるステップなのは間違いありません。

 

実は、仕事の流れで全員が痛点を持っています。肝心なのは、それらを認識することと、改善のためのアクションを起こすことです。

 

あなたにとって利益になるスキルについて考えましょう

 

流行の最新技術は良いところを沢山持っていますが、私たちがやろうとしていることにはベストな適性というわけではありません。例えば、Reactは強力なJavaScriptフレームワークです。しかしあなたの通常プロジェクトがそのような機能を必要としないなら、時間をかけて学ぶことには本当に価値があるのでしょうか?

 

例外は、あなたの適所を変更するときや、あなたのクライアントに提供するJavaScriptのインターフェースを追加することに興味がある場合です。このケースでは、市場の新たなエリアに介入するため、あなたのスキルをレベルアップすることが要求されます。コミットメントが必要になってきますが、ものごとを新しい方角に向けていくため、その努力にも価値があるはずです。

 

重点は、あなたが日常で使うスキルを評価することです。そこから、すでにあるスキルに加えて身に付けたい新しいスキルを考えていきましょう。ほとんどの場合で、あなたが既にやっていることへの自然な延長線となるスキルに目を向けていくべきです。道のりから外れたいときも時にはあるかもしれませんが、すでに確立された土台の上に建てつづけることが全体を見ても最も適切と言えます。

 

例としてReactをもう一度使い、あなたはすでに広範囲に亘ってjQueryで作業しているとしましょう。これは実証済みのフレームワークであり、あなたにこれからも利益をもたらすでしょう。

 

しかし、ReactがWordPressのようなカテゴリーに統合されるのが見られるようになり、今以上に可能性が広がりました。この新しいスキルで、成長する区分への介入が実現するのです。そしてすでにJavaScriptについて知っているので、初心者の学びの曲がり角もそこまで急ではないでしょう。

 

全ての事実を考えたとき、完ぺきで論理的な適性のように感じられるはずです。そして新しいことを学ぶことに意義を見出すことができれば、何か素晴らしいことへの始まりだと気づくことにつながるのです。

 

あなた自身とあなたのキャリアをよりよくするのが目的です

 

世間はたくさんの雑音で溢れています―ほとんどの場合、過重負担そのものの限度を超えています。しかし何かが誇大宣伝されていて超関連性を上げているからと言って、それは必ずしも学ばなければならないスキルではないのです。

 

難しいかもしれませんが、派手な見出しの後ろに目を向けて、実質に注目することが大切です。世間に存在するスキルの中でも、あなたの人生とキャリア両方でポジティブな変化をもたらすスキルはどれなのか、見極めましょう。あなたの仕事を簡易化してくれますか?より多くの利益を生み出してくれますか?あなたのクライアントをより満足させられますか?

 

あなたのスキルレベルを上げたいなら、これらが重要になってくるポイントなのです。この形式での自己改革への注目に代わって、長続きする成功への道に自分を自ら導きましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ