デザイン

デザイン

「視覚的階層」を理解してデザインするためのヒント9選【前編】

478 views

読了時間 : 約2分55秒

十分な視覚的階層は、成功するデジタル製品の基礎です。効果的な方法でUI要素を整理することで、内容を理解しやすく見やすくすることができます。

 

視覚的要素の提示は、ユーザエクスペリエンスに大きな影響を与える。コンポーネントがスマートに整理されている場合、ユーザーは無駄に努力せずに製品をナビゲートして対話し、プロセスを楽しむことができます。

 

強力な視覚的階層を作るのは何でしょうか?もちろん、さまざまな種類の製品には異なる方法が必要ですが、UIコンテンツの構成に役立つ共通のソリューションがいくつかあります。

 

今日の記事では、Webおよびモバイル製品の魅力的な視覚的階層を作成する上で有用なヒントを前編と後編に分けてご紹介します。

まずは、前編です。

 

 

1.ビジネス目標を念頭に

多くの場合、デジタル製品の背後にはビジネス目標があります。それを達成するためには、クリエイティブチームは、どのUI要素が重要かを決定し、その役割に従って優先順位を付ける必要があります。たとえば、eコマースWebサイトのすべての要素は、さまざまなレベルのタスクを実行します。アイテムイメージは、顧客がそれを考慮するように促さなければならないので、通常、目を引くでしょう。見出しは画像の後ろにあり、それが何であるかを説明します。次の重要な段階は人々にアイテムを購入させるCTAボタンです。クリエイティブチームは、Webサイトやアプリに設定されたビジネス目標やマーケティング目標を考慮することで、効果的にビジュアルコンテンツの優先順位付けを行い、製品を目立たせることができます。

 

 

2.スキャンパターンを考慮する

Webページを読む前に、人々は興味を持てる内容かどうかを知るために、それをスキャンします。Nielsen Norman Groupのものをはじめとする様々な研究では、「F」と「Z」の形をしたいくつかの一般的なスキャンパターンが明らかになりました。

 

Fパターンは主に、ブログやニュースプラットフォームなどの、コンテンツが多いデジタルページやスクリーン上で行われます。まず、スクリーンの上の水平線をスキャンしてから下に移動します。ページはちょっとした横線を横切って読まれ、段落の最初の文章でキーワードを探します。

 

Z字型のパターンは、コピーにあまり集中していないページまたはスクロールダウンを必要としないページで行われます。パターンは次のとおりです。人々はまず、ページの先頭を左上からスキャンし、コア情報を検索し、対角線の反対側のコーナーに移動し、ページ下部の水平線で終わります。

 

これらのパターンを知っているデザイナーはコンテンツを整理し、最も重要なUI要素をすべてスキャンさせてユーザーの注意を引くことができます。

 

 

3.まずは機能性を

視覚的な階層構造は、美的側面だけに向いているように見えるかもしれませんが、そうではありません。まず、視覚的要素を構造化して整理することによって、デザイナーは製品を明確にし、ナビゲーションが正しく機能することを確認する必要があります。

 

美学的要素だけで構築された視覚的階層は効果的に機能しません。構成が間違っているユーザーインターフェイスは、悪いUXにつながります。したがって、視覚的階層を構築する際に、UI要素の機能とナビゲーション・プロセスで果たす役割を考慮する必要があります。

 

 

4.ホワイトスペースは視覚的要素

ホワイトスペースまたはネガティブスペースは、デザイン要素間の領域ではなく、実際には各ビジュアルコンポジションのコアコンポーネントです。すべてのユーザーインターフェース要素をユーザーの目に見えるようにするツールです。デザイナーは、効果的なレイアウトを作成できるように、UIコンポーネントをグループ化または分離できます。さらに、ホワイトスペースは、ユーザーからの深い注意を必要とする特定の要素を強調するのに役立ちます。

 

ホワイトスペースは視覚的階層を作成するための効果的な手段であり、デザイナーはバランスの取れた使い方で作業する必要があります。

 

 

 

 

前編は以上です。後編では、5つ目から9つ目のヒントをご紹介します。そちらもぜひ、ご一読ください!

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

※本記事は9 Effective Tips on Visual Hierarchyを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ