デザイン

デザイン

音声UIはUXデザインに転換をもたらすのか―Google HomeやAlexaの影響を考える

350 views

読了時間 : 約2分51秒

あなたが過去1年ほどの間、雲隠れしていない限り、近年発生した音声UIの革命に気付かないのは難しいでしょう。確かに、私たちはSiriとCortanaをスマホの中にに数年間持っていました。しかし、音声アシスタントが本当に始動したのは、AlexaとGoogle Homeの導入のときでしょう。この新しい技術とのやり取りは、全世界のコミュニケーションの可能性を拡張します。

 

特に、必然的にUXデザインへのアプローチの転換が必要となってきます。ユーザーは現在、デバイスに話をしてインテリジェントな応答を得ることができるため、企業はインタラクションを改善することを熱望しています。

 

新しい方向?

多くの人々が音声UIをUXデザインの新しい方向であるとしています。しかし、本当にそうでしょうか?

 

テクノロジーの幕開けから、人間は毎回それをより速く、より効率的に使いやすくするために改善してきました。

 

音声はまったく同じ原則であり、多くのプロセスを高速化し、より効率的に使用するためのものです。これは、タイピング入力の必要性をなくし、電話やコンピュータデバイスへを手にする必要性を薄めます。

 

このため、音声UIのデザインは完全な革命ではないことがわかります。すでに存在しているものの進化であるだけなのです。

 

 

デザイナーへの示唆

「言葉」は問題です。これはもはや、魅力的なレイアウト、デザイン、製品の使い勝手に関するものではありません。語彙への配慮と人々が言葉を使用する方法への工夫は、UXデザイナーとしての成功の鍵となります。

 

さまざまな言葉が、これまで以上に顧客体験を変えるでしょう。結局のところ、声は現在まで顧客の認識を促してきた視覚的なガイド、ナビゲーションを省略します。音声UXデザイナーは現在のところ、顧客体験を推進するための言葉やフレーズに完全に頼っています。

 

よって音声デザイナーは、自分の仕事の新しいレベルを受け入れる必要があります:コピーライターとしての側面です。

 

 

ユーザーの意図

音声インタラクションが本当に動作するためには、ナビゲーションコマンドの標準化されたセットを実装する必要があります。もちろん、これらのコマンドは直感的に理解する必要があります。しかし、人々に何かを覚えさせると言うのは困難です。これを効果的に行うためには、音声デザイナーは、最初からユーザーの意図を理解する必要があります。

 

ユーザの意図するアクションは、視覚的な状況においては容易に決定することができるでしょう。たとえば、「削除」ボタンは、Facebookで見かける場合と比較してWord文書において明らかに非常に異なる意味を持ちます。

 

これらのプラットフォームでの「削除」の音声コマンドは、両方に有効ですが、非常に異なる結果をもたらす可能性があります。つまり、ユーザーの意図を解釈することが不可欠です。

 

私たちは他の人とコミュニケーションするとき、フィードバックや何かしらの反応を期待しており、これがデザインプロセスの一部となります。私たちは言語のニュアンスを理解しているものと交流できると快適に感じます。

 

 

適合性

UXデザイナーとして、新しいベストプラクティスを適応させて開発する時が来ました。この新しいメディアには、アニメーション、イメージ、および視覚的UIがデザインプロセスから完全に取り除かれているため、制限があります。ユーザーに「ここをクリック」と言っても意味がなくなりました。それは大きな問題です。

 

1つの解決策はGoogleが提案しています。彼らは、Google Homeの音声応答をアプリ内のクリックできるリンクに変えることを可能にするアプリを開発しました。しかし、それは実用的でしょうか?

 

おそらく長期的にはそうではありません。消費者は最終的に真のハンズフリーソリューションを期待します。

 

音声デザインを成功させるコツは、ユーザーのニーズに注意を払うだけです。これは2017年に急速に発展したトレンドであり、2018年に停滞の兆しは見られずません。音声はこの10年の最先端の技術革新の1つになるように準備を進めています。

 

 

 

※本記事はAn Introduction to Voice UI and Why It’s a Big Dealを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ