デザイン

デザイン

【未来のデザインはどう変化していく…?】これからのUIについての考察

446 views

未来的なデザインとは、かつては3Dスクリーンとセンチエント・コンピュータを意味しましたが、現実がますます「近く」なってきている今日、新しいユーザー・インターフェースの登場も想定するべきでしょう。

 

UXデザインの将来、そして技術の将来について考えるとき、映画「マイノリティレポート」のイメージが頭に浮かぶかもしれません。フローティング3Dタッチスクリーン、音声UI、網膜スキャナーは、現代の生活の中で実現されている、映画で使用されたテクノロジーのほんの一部です。

 

しかし未来的なデザインについて、未来のUIはどうなるのでしょうか?どのUIがより人気になるのでしょうか?数年後に使用する可能性のある未来的なデザインを詳しく見ていきます。

 

 

自然なUI(NUI)

マウス、キーボード、またはリモコンを必要としない世界を想像してみてください。手の振るだけで曲を変えることができる世界、または頷くだけで物を購入することができる世界…。さて、それが自然なUI(NUI)の時代です。

 

NUIは、あなたのニーズや好みに適応するインターフェースです。人間が使うのに最も快適な環境を作り出そうとします。 例えば、任天堂Wiiでは、あなたは体を動かしてプレイすすることができ、画面はそれに合わせて変化します。

NUIには他の種類のUIが含まれています。たとえば、SiriはNUIと音声認識インターフェイスの組み合わせです。異なる種類のNUIには多くのクロスオーバーがあります。

 

自然なUIの大きなメリットは、使いやすく、自然な動きに反応することです。それにはわくわく感があり、未来をの到来を感じます。

 

NUIはまた、私たちが日常生活で使用する能力とスキルを利用して動作するため、認知負荷を軽減します。

実際、未来的なデザインについて言えば、デザインはその見た目についてではなく、インターフェースとのやりとりの仕方に焦点を絞っています。

 

 

音声インタフェース

音声でのコントロールはすでに、私たちが電子機器とやりとりするための好ましい方法の1つになっています。AlexaやGoogle Homeなどの音声対応デバイスの人気の高まりを見てください。AmazonはEchoデバイスを2000万台販売し、スマートスピーカー市場を先駆けています。

 

ここ数年の間に、音声インタフェースと音声ユーザインタフェースの背後にある技術は、長い道のりを歩んできました。人工知能と機械学習のおかげで可能になったこの進歩は、音声インターフェースをこれまでの使い方から、技術をよりインタラクティブに使用できるように変えました。たとえば、Googleでは、人間が話した20単語のうち19単語をすぐに取得します。

 

音声UIも汎用性があります。 Siriにみだらなジョークを尋ねるよりも音声インターフェースには多くの可能性があります。音声インターフェースは、ユーザーがショッピングリストを声を出して言い、指を使わずにテキストメッセージを送ることを可能にします。

 

音声UIは便利です。実際、長い検索クエリをGoogleに入力するよりも、デバイスと話す方が速いのです。これだけでユーザーエクスペリエンスを向上させることができ、VUIのユーティリティーは、技術が向上するにつれて人気が高くなる可能性が高いことを意味します。

 

しかし、これには一連の欠点があります。つまり、プライベートのやり取りをパブリックでも行うことになる恐れもあるのです。混雑した電車内での友人同士の会話はストレスを引き起こさないかもしれませんが、VUIでカレンダーに個人の予定をスケジュールするように指示するやり取りである場合、別の反応を起こす可能性があります。

ただ、VUIがより標準化され普及し、より多くのユーザーがこのような方法でデバイスとやりとりするのに慣れていくにつれて、このような懸念は消えていく可能性があります。

 

携帯電話でタイプミスを修正するのがどれほどいらいらすることか考えてみると、音声インターフェイスは疲れた指のために必要な物を提供するかもしれません。特に、VUIは私たち人間よりはるかに高速です。

 

 

仮想と拡張現実

ARとVRは、過去5年間にわたって人気が高まっています。

VRヘッドセットが改善されるにつれて、ユーザーエクスペリエンスも向上しています。VRとARは、従来のUIでは不可能な方法で臨場感あふれる触感を提供します。

 

行ったことのない大都市で休暇を過ごすことを想像してみてください。VRとARテクノロジーを使用すると、Googleマップで表示されたルートをあなたの目の前の道路に投影することができるかもしれません。

 

この種のインタラクションはまったく新しいもので、更なる未来にはユーザーエクスペリエンスを制限する「画面」からの脱却が可能となるかもしれません。VRとARではなく、まったく新しい3D世界を作り出すことができる可能性もあります。

 

Christophe Mallet氏は、ヘルスケアや不動産などの産業では10年以内に、独自のハードウェアエコシステムを持つだろうと主張しています。実際に、Mallet氏は、今日のスクリーンと同じようにVRヘッドセットなどのハードウェアは、10年以内に普及するであろうと予測しています。

 

 

インタフェースなし

未来的なデザイン、あるいはむしろ未来のUIを考えてみると、明日のインターフェーストレンドはむしろ、「インターフェースなし」という傾向が想定されます。技術は「ゼロ」に戻っていくだろう、と…。これは、インタフェースは人間がすでにできることに焦点を当てているからです。

Golden Krishnaは、人々はより少ないスクリーンを望んでいると想定しています。彼は、デザイナーは私たちの生活をできるだけ簡単にしようとするべきであり、スクリーン必ずしも必要でないという点を強調しています。

これによりデザイナーは様々なスクリーンを設計する代わりに、人間が習慣としている動作や音声、動きなどにデザインの焦点を当てることができます。

 

 

 

 

明日のインターフェースに何が来ても、すべてのインターフェースはユーザーのニーズと目標に焦点を当て、できるだけシームレスで簡単にすることべきです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

※本記事はFuturistic design: what will define UIs of the future?を翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ