デザイン

デザイン

【デザイナー必見】UI/UXを簡単にデザインする方法 ユーザーフレンドリーなインターフェイスに必要な条件とは?

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Easy Ways to Make UI-UX Faster
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

241 views

読了時間 : 約3分34秒

インターフェイスとは、ユーザーからマシンへのインタラクティブなプロセスについて話すときに念頭に置かれるものです。ユーザーインターフェイス(UI)もしくはユーザーエクスペリエンス(UX)が重視するのは、ユーザーが基本的なタスクを簡単に実行できるように使いやすさを作り上げることであったり、簡単なユーザーレベルのプラットフォームを作成することであったりします。それはたとえばテキスト、数字、パターンをフォームへの入力するための画面へのタップや、あるいはなんらかの指示を与えるために特定のものをクリックすることです。そしてこれらの指示は電話をかける、写真をクリックする、パターンを形成するなど、さまざまな種類のものがあります。

 

ユーザーインターフェイスのデザインのための基本的な概念とは、使用可能であるために最も簡単かつ便利でなくてはならないということです。基本的でわかりやすいキーで構成されたインターフェイスはとても高く評価されています。

 

こうしたインターフェイスは、大部分においてユーザーのアクションの実行を可能にします。ユーザーはこうして制限なく、より自由に探索できます。簡単で最適化されたインターフェイスからは最高の効果を引き出すことができ、インターフェイスがより効果的に目的を達成させることで、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

 

いくつかの基準を考慮に入れることで、ユーザーインターフェイスをいっそう効果的にデザインすることができます。とはいえいちばん重要なのはユーザーの要求と状況が優先されることであり、そのとき機能は必要条件を満たすように最適化されるのです。そして魅力的でシンプルなインターフェイスの作成を目標とするだけでなく、そうした目標の達成が効果的になされることにも焦点を当てる必要があります。モバイルアプリのUIデザインは現代人にとって非常に役に立つものであると考えられ、テクノロジーへのアクセスを容易で手軽なものにします。

ユーザーフレンドリーなインターフェイスというのは、様々な手段によって作り上げられています。便利なインターフェイスを制作する前に考慮すると良い要点のリストを、以下に紹介します。

 

1.アイディアを表す、まずスケッチする

定まった方法論に従ってピクセルとグリッドの世界に入り込む前に、現在取り組んでいるプロジェクトについて要点をまとめておいた方が良いでしょう。スケッチの形で考えの下書きをすることは、後々インターフェイスを構築するプロセスにおいて大きな助けになります。

 

結局のところ、スケッチの段階でコンセプトをテストしてからデジタルのフォーマットに移るのがおすすめです。考えうるすべての小さなコンポーネントをスケッチとして書き出し、あとでそれらを分析することで、スケッチの中からベストな選択ができます。

 

2.モバイル画面からはじめる

反応の良いデザインの開発のためには、基本となるモバイルファーストなアプローチでの開発プロセスを初期化することこそが総合的に最善の方法です。このため、ここではワイヤフレーム、モックアップ、製品のプロトタイプのいずれを開発しているかということは関心事ではありません。

 

可能な限り小さいバージョンからはじめて、目標とするプロダクトを形成するために力を足し合わせていくというプロセスが、効果的な結果を導きだします。

 

マイナーメジャーを問わず使えそうなコンポーネントをすべて加え、それから制限なく必要な箇所だけを抜き出すというような自由度の高いデザインの動機というのは、スマートなアプローチであると考えられます。そしてそれは、ユーザーがインターフェイスプロダクトのデザインプロセスを後戻りするのを助けるでしょう。モバイルアプリのUIデザインはいちばんはじめに考慮に入れられるものなのです。

 

3.互換性のあるワイヤフレーミングおよびプロトタイピングツールの使用

モックアップは効果的なワイヤーフレームの構築と、適切なプロトタイプの形成との間の中間的な役割を果たします。デザイナーは概してデザインよりもヴィジュアルを重視したソフトウェアを好んで使用します。こうしたソフトはデザイナーにより多くのデザインオプションを与えてくれますが、プロトタイプソフトウェアへの転送において複雑な問題を生じさせる可能性があります。

 

Photoshopの統合やドキュメントのスケッチができ、ドラッグ&ドロップくらいシンプルで素晴らしい結果を作り出すツールを取り入れることをおすすめします。こうしたソフトによって、印象的なビジュアルドキュメントを忠実度の高いプロトタイプに変換できます。

 

4.選んだUIデザインソフトウェアに忠実であること

いつも、sketch makerとPhotoshopのどちらが優れているかという議論が持ち上がります。どちらかだけに言及するのは不公平でしょう。大体において、好みというのはデザイナーによって異なるものです。Sketch toolはより多くのデザイン機能を提供するのに対して、Photoshopは高度な視覚化機能を持っています。

5.ビジュアルプロジェクトの成功例から学ぶ

学習のプロセスには、ときどきシンプルな観察が必要です。ビジュアルが有名なサイトを観察し、そうしたサイトが優れて見える理由を考えてみることは、開発者がすばらしいプロダクトを作成する助けになります。

 

6.不要な要素を削除してインターフェイスをしっかり最適化

UXの観点から見てコンテンツが重要でないのなら、省いてしまうのがいちばんです。余計な要素は、コンテクストの主要な要素を薄めるだけでなく注意を分散してしまいます。

 

要素をミニマムにすることが最善の方法として推奨されます。これらの最小の要素こそが最も重要なコンテンツになるでしょう。

 

効果的なデザインはユーザーに素晴らしい経験を提供し、テクノロジーを最大限に活用することを可能にします。より互換性のあるインターフェイスを作ることは、テクノロジーと人間との接近をもたらすのです。

 

著者略歴

Sunny ChawlaはAIS Technolabsのマーケティングマネージャです。同社はWebデザイン開発会社で、モバイルアプリケーションのUIデザインを使用してグローバルビジネスの成長に貢献しています。彼はAndroid&Iphoneアプリ開発サービス、デジタルマーケティングなどについての考えを共有したいと考えています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ