デザイン

デザイン

人間の知覚における「前注意的処理」について知っていましたか?【デザインのときに気をつけたい】

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、Preattentive Processing and How to Use it in Design
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

880 views

読了時間 : 約2分9秒

人間の知覚は、私たちが見るものにおいて重要な役割を果たします。デザイナー、開発者、製品の所有者など、使いやすい製品を作ることが私たちの仕事です。視覚認知の基礎知識があれば、私たちが提供する製品の品質を向上させることができます。

 

前注意的処理とは、私たち人間が視覚的情報を得たときに無意識に周囲のものと比較することです。

 

科学者と研究者は何年も人間の視覚系を研究してきました。

「視覚的分析は、単純な特徴が空間的に並行してコード化される初期の控えめな処理レベルと、別個の特徴を一貫した対象物に結合するために注意を必要とする後の段階との間で機能的に分けられているようである。」

(Anne Treisman、コンピュータビジョン、グラフィックス、画像処理)

 

 

なぜそれは重要?

前注意的処理は人間の視覚において重要な役割を果たします。本質的には、視覚環境を処理する意識上での経験です。この経験は自動化されており、空間メモリで完了するまでに200〜500ミリ秒かかる場合があります。デザイナーとしては、情報をより理解しやすくするために、前注意的処理の基本を活用することができます。私たちは、それらを使って情報を整理し、人間の心に作用し、人間の認識能力とともに効果的に働くデザインを作成するのに役立てることができます。情報は、意識的な思考なしに、またはほとんど労力を払わずにユーザの注目を集めることができる方法で配置することができるでしょう。

 

脳は、重要な刺激を検出するグループまたは個々のニューロンである特徴検出器を持っています。これは、視覚化の4つの前注意的処理特性と一緒になります:

  1. 1.色
  2. 2.形
  3. 3.空間的な配置
  4. 4.動き

 

 

○色

色は注意を呼び起こすために使用される最も一般的なプロパティの1つです。その理由は、強度と色相が事前に処理されているからです。色を利用して目を引くことで、時間を節約し、情報を調べる必要性を減らすことができます。

 

あなたの目は自然に緑の長方形に注意を向けられるでしょう

 

 

○形

形は、形態、サイズ、グループ分け、距離などのさまざまな属性に適用されます。プロパティを変更すると、重要な領域が目立つようになります。

 

 

○空間的配置

あるスペースにおける2つ以上の物体の位置をそれぞれの互いとの関係で知覚する能力です。グラウンド/ゲシュタルトの心理学は近接性、閉鎖性、連続性、連結性および類似性などのカテゴリーを提供します。

 

 

 

結論

前注意的処理は、人間の視覚システムの重要な側面です。私たちの目は、視覚的な環境をさっと見るだけで情報を得ることができます。今回ご紹介したようなポイントはシンプルでよく知られていますが、意識的な注意を捉えるために機能を組み合わせて意味のあるビジュアルをデザインするのは、製品クリエーターとしての私たちの仕事です。

 

 

 

 

※本記事はPreattentive Processing and How to Use it in Designを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ