デザイン

デザイン

「スキューモーフィズム」とは何か―デザイナーは必見!現在のトレンドとともに考える

1,050 views

読了時間 : 約4分13秒

この記事では、スキューモーフィズム・デザインがどのようなものなのか、それが急速に進化する今日のデザイン・コミュニティにはまだ関連しているのかどうかを見ていきます。

 

 

スキューモーフィズム・デザインとは?

スキューモーフィズム・デザインが何であるかを理解する前に、スキューモーフィズムが何であるか解説しましょう。

スキューモーフィズムとは、何かオリジナルのものを表現することを意図した模倣品のことです。

よく知られている例は、メープルシロップボトルでしょう。メープルシロップボトルは、しばしば小さなハンドルが側面についています。この機能は、小さな手の人のためのものではありません。

伝統的に、メープルシロップはセラミックの一種である古い土器の瓶に入っていました。今日の取っ手のついたガラス瓶はこの古いタイプの器を模倣しようとしています。

 

これが、スキューモーフィズムです。そして、スキューモーフィズムはテクノロジーの世界においても広く使われてきました。

 

テクノロジとユーザーエクスペリエンスデザインが勢いを増し始めたとき、この技術に精通していないユーザーを支援するために、スキューモーフィズム・デザインが使用されました。 2000年代の初めにWindowsでピンボールやペイントをしたときを思い出してください。

 

スキューモーフィズム・デザインを使ったのはWindowsだけではありませんでした。Appleは、スキューモーフィズムを限界まで自由自在に利用していました。

 

たとえば、iPhoneが発売されたとき、それは電話機を初心者に使いやすく、直観的にした、スキューモーフィズム的なグラフィックユーザーインターフェースでした。

iPhoneのカレンダーは、あなたの机の上に置いた実際のカレンダーのように見えます。

 

 

なぜスキューモーフィズム・デザインを使うのか

スキューモーフィズム・デザインは、他のものの派生物または模倣物であるため、新しい技術やデザイナーがデザインに使用することは理にかなっています。

 

ユーザーは、既に慣れ親しんだオブジェクトを模倣したようなアプリケーション、製品、サービスを使用することでより快適に感じることができます。

 

たとえば、ユーザーは、デスクトップ上のゴミ箱にファイルをドラッグすると、そのファイルを削除することができると簡単に解釈できます。実際の生活では、ごみ箱に何かを入れると、基本的にそれを「削除」するからです。

 

スキューモーフィズム・デザインは、技術をニッチと見なされたものから大衆が消化しやすいものに変えました。それは物理的な世界からデジタル上の仮想への移行を容易にし、より一般的になりました。

 

スキューモーフィズム・デザインを利用するのは、グラフィックだけではありません。

 

スキューモーフィズム・デザインはグラフィカルユーザーインターフェイスに多大な影響を与えましたが、サウンドも重要な役割を果たします。携帯電話で写真を撮ってみてください。そのシャッター音は、その例です。

 

スキューモーフィズム・デザインの最も顕著な利点の1つは、デザイナーとエンドユーザーの間で共有される視覚的な語彙を活用することです。

 

このタイプのデザインは、すでに理解されている、物事の仕組みを説明する方法であるユーザーアフォーダンスを提供します。

 

さらに、スキューモーフィズム・デザインは直感的です。電卓のグラフィック表現は、技術にかなり疎い人にでさえ容易に理解されます。これらのデザインは現実を模倣しています。この瞬間的な理解は、私たちの物理的世界の経験によって可能になります。

 

 

スキューモーフィズム・デザインはまだ使われている?

スキューモーフィズム・デザインは5年以上にわたりデザイン界を支配していました。

 

しかし、時間が経過し技術が私たちの生活の中でより顕著な役割を果たしはじめ、人々のの理解が進化しました。そして、現実を模倣するような方法でデザインをする必要は薄れてきました。

もはやあなたの携帯電話のカレンダーアプリは、実際のカレンダーを模倣する必要はありません。

 

これにより、もっと面白くて新しいデザインのトレンドが浮上してきています。マテリアルデザインやフラットデザインなどです。これらのUIデザインは平面であり、スキューモーフィズム・デザインのように3Dではありません。それらは大胆で鮮やかな色を使い、グラデーション、テクスチャ、シャドウ、ハイライトなども大いに利用します。また、デザイン界で名声を得ているミニマリズムも新しいトレンドでしょう。

 

技術を理解する能力が進歩するにつれて、デザイン言語も向上しました。しかし、スキューモーフィズム・デザインはまだ消えなかったのです。

 

 

スキューモーフィズム・デザインの復活

2019年には29億人がスマートフォンを所有すると予測されています。それはかなり多くの人数です。私たちの多くは、技術にかなりなじんできています。スキューモーフィズム・デザインに頼る必要はありません。

しかし、これは新興技術には当てはまりません。バーチャルリアリティやウェアラブルを考えてみてください。スマートウォッチはそれ自体がスキューモーフィズム・デザインの化身です。それは本当に腕時計ではなく、時計を模倣してあなたの手首に身に着けられるコンピュータなのです。

 

また、バーチャルリアリティは、スキューモーフィズム・デザインに新たな視点をもたらします。私たちは仮想的なものとやりとりします。ヘッドセットを着用したときにそこには存在しないオブジェクトに触れることができます。そして「それ」は、「そこにあるもの」を模倣しているのです。

 

これらの技術が成熟したときに、この相互作用がどのように発展するのかがまだ分かっていませんが…。

 

 

 

結論

私たちが未来の領域に挑戦するとき、スキューモーフィズム・デザインは有用な足がかりでした。それは私たちがかつてのUIコンポーネントやデザインパターンに慣れる際に役に立つガイドとして機能しました。

今日、私たちは進化しました。UXデザインやユーザーインターフェイスも理解しています。スキューモーフィズム・デザインは、さらに新しい技術分野において、その仕組みを理解するのに役立っています。

共通して言えるのは、スキューモーフィズム・デザインはUXデザインに深く関連し、デザイナーたちが必ず知っておくべきものであるということです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

※本記事はSkeuomorphic design: a beginner’s guideを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ