デザイン

デザイン

【危険!】デザイナーがプロトタイプを作成するときに陥る、6つの落とし穴

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、6 Common Pitfalls When Prototyping
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

501 views

読了時間 : 約4分29秒

プロトタイプやテストをせずに、最新の製品デザインプロセスを想像するのは難しいです。

多くの製品チームは今日アイデアを販売したりテストしたりするためにプロトタイプを使用しています。そして、製品チームはプロトタイプ作成の効率を低下させる落とし穴にはまることも多いです。

 

この記事では、最も一般的な落とし穴の6つをご紹介します。

 

 

1.目的が無いプロトタイピング

「まず作る」。このようなアプローチをとることによって、製品チームは何の価値ももたらさないものに取り組むのに多くの時間を費やすことになります。特定の目的を持たないプロトタイプを作成すると、多くの場合ただ時間が浪費されます。

 

それぞれのプロトタイプは、理由をもって作成する必要があります。その理由は、特定のアイデアを説明したり、仮説を立証したりするというものかもしれません。製品チームがその理由を知っている場合、目的に合ったプロトタイプの構築に役立ちます。

 

プロトタイプを作成する前に、デザイナーは「このプロトタイプを作成することでどのような問題を解決しようとしていますか?」と問い直すべきです。この質問に対する明確な答えを見つけることで、プロトタイピングがより重視され、潜在的な浪費を防ぐのに役立ちます。

 

 

2.「上手くいく」プロトタイプを作ることに焦点を当ててしまう

プロダクトチームは、プロトタイプの目標が効果的なものを作り出すことだと考えている場合がよくあります。チームはプロトタイプが失敗すると落胆します。このようなネガティブな心の状態は、デザインの進展全体を阻害する可能性があります。

 

生産性を上げるために、デザイナーはプロトタイプ作成プロセスの必然として失敗について考えるべきです。プロトタイプは仮定をテストするためのものであり、すべての仮定が有効であるとは限りません。そのため、「上手くいく」プロトタイプを作成することは、プロトタイピング作業の最も重要なポイントであってはなりません。プロトタイプ作成の最も重要な成果は、新しい知識でなければなりません。したがって、「失敗」に焦点を当てるのではなく、「学習」に集中しましょう。成功したプロトタイプと失敗したプロトタイプの両方で学習することができます。

 

 

3.当初の良いアイデアに浸り続ける

多くの製品チームは、最終的なソリューションを構築するのに有望であると思われる最初のアイデアを使用しようとします。それで多くの時間を節約できると信じています。

 

その結果、そのプロトタイプの作成と研磨に無駄な時間を費やします。しかし、ユーザビリティテストの初期の結果で、デザイナーが初期のアイデアが十分ではないことが分かり、フラストレーションが生まれます。

 

経験豊富なチームは、さまざまな種類のアイデアを最初に探索してテストすることが不可欠であることを理解しています。より多くの時間を念頭に置くことによって、チームは問題と潜在的な解決策についてより多くのことを学びます。

 

 

4.プロトタイプに惚れ込む

プロトタイプの作成者は、よく過度にそこに没頭し、そこに固執してしまいます。この問題は「投資バイアス」として知られています。あなたが何かに費やす時間が長くなればなるほど、それは貴方にとって貴重なものになります。プロトタイプがデザイナーにとって貴重すぎて、その欠陥を見過ごしてしまう可能性がある、危険な状況が起こりえます。アイデアに問題であることが明らかになった場合でも、デザイナーはチームメンバーからのフィードバックを無視します。

 

プロトタイプの研磨に時間をかけ過ぎると、フィードバックを得るという、試作の主な目標から離れてしまいます。プロトタイプが、テスト対象のものにちょうど必要なレベルであるかどうかを常に確認してください。

 

プロトタイプは芸術作品ではなく、答えを見つけるのに役立つツールです。

 

あなたがオーバーにデザインする傾向がある場合は、実行可能な最小限のプロトタイプに焦点を当ててください。プロトタイプを使い捨てだと考えてください。それぞれのプロトタイプは特定の目的を果たし、達成されたときには何かに置き換えられる準備ができています。

 

 

5.スケッチを無視する

「強力なプロトタイプ作成ツールを持っているのに、なぜ私はペンと紙を使用するのですか?」デザイナーはスケッチの段階をスキップし、コンピュータに直接移動してデジタルプロトタイプを作成します。彼らは、デジタルプロトタイピングが時間を節約すると信じています。しかし、実際には、スケッチはデザイナーがもっと速く動くことを可能にします。

 

問題を解決する方法についていくつかのアイデアがあり、どれがうまくいくかどうかわからないときは、まずスケッチをしてみてください。すべてのバリエーションをスケッチし、並べて壁に貼り、チームで技術/ビジネスの観点から可能/不可能なことについて話し合いましょう。

 

 

6.プロトタイプにおける誤った忠実度の選択

「忠実度、フィデリティ」という用語は詳細さのレベルを表します。プロトタイプは、低忠実度の紙プロトタイプから、実際の製品のように見え、動作する超リアルな高い忠実度のデジタルプロトタイプまで、あらゆるものが可能です。最終的なデザインのように見えるものにすばやくジャンプすることが魅力的かもしれません。しかし、その誘惑に負けてはいけません。

 

プロトタイプの忠実度は、あなたの思考の忠実度と一致する必要があります。

 

つまり、デザイナーはデザインプロセスのどこにいるかに基づいて忠実度を選択する必要があります。デザイナーがこのルールを破ると、しばしば悪い結果につながります。たとえば、初期のプロトタイプを高精度で実行すると、「投資バイアス」(プロトタイプと恋に落ちる)が生じる可能性があります。

 

ペンとペーパーのスケッチと同様に、チームがデザインプロセスの開始時(チームが実験を行い、さまざまなアイデアを試してみる必要がある場合)にいるのであれば、忠実度は低くあるべきです。

 

 

デジタルプロトタイプのような高い忠実度は、実際のユーザーと一緒にアイデアをテストする必要がある場合に適しています。ユーザビリティテストにそういったプロトタイプを使用すると、より具体的なフィードバックが得られます。高い忠実度のプロトタイプは、ステークホルダーへの実演にも役立ちます。プロトタイプを使って、提案されていることをよりよく理解することができます。

 

 

したがって、最終目標とどのくらい時間をかけられるかを考え、プロトタイプに最適な忠実度を判断しましょう。それにより、初期の期待度を管理することができます。

 

 

 

結論

プロトタイピングは、すべての製品デザインプロジェクトにおいて重要です。プロトタイプ作成が正しく行われると、チームは実際の製品を構築することなく、学習のための近道を得られます。

 

 

 

※本記事は6 Common Pitfalls When Prototypingを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ