デザイン

デザイン

UIとUXの違いの複雑さを知る―Web開発者必見!UIとUXの再定義

709 views

読了時間 : 約4分2秒

開発者の中には、UIやUXなどの用語を同じ意味で使用する習慣があります。 しかし、UXやユーザーエクスペリエンスは、UIやユーザーインターフェイスと同じではありません。 したがって、ソフトウェア開発とデザインについて話すときには、これら2つを区別することが重要です。

この記事は、UI vs UXの複雑さについて説明し、違いの理解を深めるのに役立ちます。

 

 

UI vs UX:なぜ2つの言い方があるの?

UXは、UIを置き換えるために発明された言葉ではありませんが、UIはUXの一部として考えることができます。 UIはグラフィックデザインと密接に関連していますが、UXデザインにはテストや研究を含む、より技術的な側面が必要です。

 

アプリケーションを車両と考えてみてください。フードの下にあるすべてが実行されるコードです。ボディデザインとインテリアデザインは、UXデザインと考えることができます。ペイント、レザーシートカバーはUIです。言い換えれば、UIデザインはユーザーが見ることと触れることができるものであり、UXはUIをサポートする基本的な構造です。以下のイメージは、UIとUXの一般的な描写です。

ソフトウェアデザインの文脈では、Webページ上のボタンについて考えてみましょう。 UIデザイナーは、ボタンがどのように見えるか、その色とその形状に関係するでしょう。一方、 UXデザイナーは、ボタンをどう置いて訪問者をどこに導くべきか、最良の場所を決めます。したがって、UIデザイナーは、UXデザイナーがユーザー望む道のりを視覚的に伝達する責任があります。 UXデザイナーがコースを設定し、UIデザイナーが道を開くのです。

 

 

 

ユーザーエクスペリエンス(UX)とは

その名前が示すように、UXデザインは使いやすさを重視しています。この用語は、認知科学者であるドン・ノーマン(Don Norman)によく認められています。ドンノーマンは、UXを「企業、そのサービス、およびその製品とのエンドユーザーのやりとりのすべての側面」と定義しています。その定義により、UXデザインは市場調査の分野にも関連しています。この概念はどの製品にも当てはまりますが、この用語は通常Web開発者に使用されます。

 

UXデザインの分野は多面的です。次のタスクは、すべてUXデザインのカテゴリに分類されます。

 

顧客および競合企業の分析

クリエイティブな仕事への第一歩は、あなたのオーディエンスを知ることです。 UXデザイナーは、データを収集して分析し、ユーザーの求めるものを把握します。彼らはまた、最も効果的なWebデザイン機能を発見するために他の企業が行っていることも見ています。

 

ワイヤーフレームとプロトタイピング

UXデザイナーは、UIデザイナーにプロトタイプを提供しています。このプロセスには、常に多くのテストと反復が必要です。

 

開発計画

Web関連の仕事は開発者やUIデザイナーとの調整が多く必要なため、UXデザイナーにはリーダーシップスキルが求められます。彼らはまた、目標とゴールをその都度確認する責任があります。

 

アプリケーションの構造とは別に、ユーザーエクスペリエンスを議論する際にはアプリケーションのパフォーマンスも重要です。実際のパフォーマンスだけでなく、知覚的なパフォーマンスを向上させるための戦略を実行することも必要です。さもなければ、多くのユーザーは、読み込み時間が遅いなどでページを離脱し、アプリケーションまたはWebサイトのナビゲーションを利用することさえないかもしれません。

 

 

 

ユーザーインターフェイス(UI)とは?

UIデザイナーの仕事は、UXデザイナーが提供する市場調査とプロトタイプを利用して、魅力的なビジュアルレイアウトを作成し、ユーザーを誘導することです。しかし、前述のように、特に小規模なプロジェクトでは、開発者がUIデザイナーとUXデザイナーの二重の役割を果たしていることは珍しくありません。

 

次のタスクは、UIデザインの領域に該当します。

 

視覚的ストーリーテリングによるユーザーの誘導

UIデザイナーは、人間の脳が視覚的手がかりにどのように反応するかを理解しなければなりません。たとえば、グラフィックはランダムなイメージではなく、クリックするべきボタンであると、ユーザにどのように示していますか? UIデザイナーの仕事は、可能な限り少ない単語でアプリを使用する方法をユーザーに教えることです。開発プロセスの他のすべてと同様に、このステップではプロトタイピングとユーザーテストが繰り返されます。

 

グラフィックとアニメーションの開発

UIデザイナーは、さまざまなアニメーションやグラフィックデザインソフトウェアを使いこなして作業する必要があることは言うまでもありません。グラフィカルインターフェイスを構築することに加えて、UIデザイナーは、ロゴやその他のマーケティング資料を作成するために採用されることもあります。

 

レスポンシブなソフトウェア設計

多様なモバイルデバイスが利用可能になり、さまざまな画面サイズのソフトウェアを最適化すること自体が非常に大切となっています。 UIデザイナーは、すべてのデバイスでアプリを最善に見せるための継続的な戦いの最前線にいます。

 

 

 

UIとUXの連携

Web開発でUXデザイナーは、ニュースレターにサインアップしたり、購入したり、製品を検索したりするためにユーザーが取る手順を決定します。「赤いMサイズのクリスマスセーターを探しています。オンラインストアで見つける一番簡単な方法は何ですか?」などの質問に答えるため、ペルソナとユーザーストーリーの開発に多くの時間を費やすことがあります。

 

その後、UXデザイナーは、UIデザイナーが構築するためのフローチャートを作成します。 UIデザイナーは、アプリやWebサイトを通じてユーザーを誘導するためのディテールを追加することで、ユーザーとのやりとりを容易にします。

 

UIデザイナーがユーザーを誘導することを目指し、UXデザインはユーティリティーに関するものに責任を負います。このプロセスでは、ユーザーに自分がどこにいるのか、何ができるのかを知らせるビジュアルパターンを確立します。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

※本記事はUI vs UX – Explaining the Differences Between Bothを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ