デザイン

デザイン

UIとUXの違いは何?混同しがちな2つの違いを改めて確認しよう

608 views

読了時間 : 約4分33秒

開発者の中には、UIとUXの用語を混同し、同じ用途で使用する人も多いでしょう。しかしUX(ユーザーエクスペリエンス)は、UI(ユーザーインターフェイス)と同じものではありませんし、2つの用語が存在していることには意味があります。そのためソフトウェア開発や設計について話すときには、これら2つを区別することが重要です。この記事ではUI と UXそれぞれの複雑さについて解説します。2つの違いの理解を深めるのに役立ててください。

 

 

UI と UXはなぜ区別されるか

UIはUXの一部として考えることができますが、それを逆に置き換えることはできません。UIはグラフィックデザインと密接に関連していますが、UXデザインにはテストや研究を含み、サービス開発のより技術的な側面が必要です。

 

例えばアプリケーションを車両と考えてください。ボンネットの中に納まっている複雑な機械はすべてコードとしてとらえましょう。

その場合、UXデザインはボディデザインやインテリアデザインとみることができます。対してUIはペイントやレザーシートカバー、その他の装飾機能と例えられます。言い換えれば、UIデザインはユーザーが見ることと触れることができるものであり、UXはUIの土台となる基本的な構造を指します。

 

もっと実際的な話をしましょう。ウェブページ上のボタンについて考える時、UIデザイナーは、ボタンの外観、色、形状に注意を払います。対してUXデザイナーは、どこにボタンを置き訪問者をどこに導くべきか、導線を決定します。したがってUI設計者は、UX設計者の意図を汲んだ上でユーザーに視覚的に働きかける責任があります。

以下のイメージは、UIとUXの一般的な描写です。UXデザイナーがコースを設定し、UIデザイナーがその道をより通りやすくするのです。

 

 

UIとUXは本当に両方必要なのか?

UIとUXの設計を区別することで、企業はユーザーの希望をよりよく理解することができます。しかし実際多くの場合では、Web開発者はしばしばUXとUI設計者の両方の役割を果たしていることがよくあります。

 

それぞれに焦点を当てた2つ個人またはチームを持つことは、より広いオーディエンスに訴求する優れたアプリケーションをもたらす可能性があります。もちろん、下手をすればアプリケーションがばらばらになってしまう可能性もあります。うまく連携できず、とくにUXの設計が貧弱な場合には確実に失敗すると主張する人もいます。しかし、正しく噛み合えば、UX設計の原則を組み込むことで、企業のビジネス目標とユーザーのニーズをよりよく結びつけることができます。

 

 

ユーザーエクスペリエンス(UX)とは

その名前が示すように、UXデザインは使いやすさを重視しています。この用語は、認知科学者であるドン・ノーマン(Don Norman)によく認められています。ドンノーマンは、UXを「企業、そのサービス、およびその製品とのエンドユーザーのやりとりのすべての側面」と定義しています。その定義により、UX設計は市場調査の分野。このコンセプトはどの製品にも当てはまりますが、この用語は通常ウェブ開発者のサークルで使用されます。

 

あなたがイメージすることができるように、UXデザインの分野は多面的です。次のタスクは、すべてUXデザインのカテゴリに分類されます。

 

顧客および競合企業の分析

創造的な仕事への第一歩は、あなたの聴衆を知ることです。UXの設計者は、データを収集して分析し、ユーザーの求めるものを把握します。彼らはまた、潜在的なリードを変換するのに最も効果的なウェブデザイン機能を決定するために他の企業が行っていることを見ています。

 

ワイヤーフレームとプロトタイピング

UXデザイナーは、UIデザイナーのプロトタイプを提供しています。このプロセスには、常に多くのテストと反復が必要です。

 

開発計画

仕事には開発者やUIデザイナーとの調整が多く必要なため、UXデザイナーにはリーダーシップスキルが求められます。彼らはまた、目標と統合を追跡する責任があります。

 

また、ユーザーエクスペリエンスを議論する際には、アプリケーションの構造とは別に、パフォーマンスについて目を向けることも必要になります。勿論、数値上のパフォーマンスだけでなく、実際に知覚される感覚的なパフォーマンスを向上させることが重要です。

多くのユーザーは読み込み時間が遅いと感じれば、そのアプリケーションやウェブサイトを不便なものと判断するでしょう。改善されたUXのパフォーマンスを向上させるためのさまざまな方法がありますが、そこにはネットワークの利便性も含まれるのです。

 

 

ユーザーインターフェイス(UI)とは?

UIデザイナーの仕事は、UXデザイナーが提供するすべての市場調査とプロトタイプを利用して、魅力的なビジュアルレイアウトを作成し、それに対応して誘導することです。しかし、前述のように、開発者にとっては、特に小規模なプロジェクトでUIデザイナーとUXデザイナーの二重の役割を果たしていることは珍しくありません。次のタスクは、UIデザインの領域に該当します。

 

視覚ストーリーテリングによるユーザーの誘導

UIデザイナーは、人間の脳が視覚的手がかりにどのように反応するかを理解しなければなりません。たとえば、グラフィックはランダムなイメージではなくクリックするべきボタンであるとユーザに訴える必要があります。UIデザイナーの仕事は、可能な限り少ない単語を使用してアプリを使用する方法をユーザーに教えることです。開発プロセスの他のすべてと同様に、このステップではプロトタイピングとユーザーテストが繰り返されます。

 

グラフィックとアニメーションの開発

UI設計者は、さまざまなアニメーションやグラフィックデザインソフトウェアで快適に作業する必要があることは言うまでもありません。グラフィカルインターフェイスを構築することに加えて、UIデザイナーは、ロゴやその他の資料を作成するために採用することもできます。

 

レスポンシブなソフトウェア設計

多様なモバイルデバイスが利用可能になり、さまざまな画面サイズのソフトウェアを最適化すること自体が芸術と科学になりました。UIデザイナーは、すべてのデバイスでアプリを最善に見せるための継続的な戦いの最前線にいます。

 

 

UI と UXのブランディングにおける役割

Web開発の世界では、UIはしばしばブランド化と密接に結びついています。例えばApple製品は最小限のインターフェースで知られています。一般的な規則として、ユーザはごちゃごちゃした画面を嫌い、情報を少なくすることを好みます。しかし、手掛かりが少なすぎると、逆にユーザは不満を感じることもあります。このバランスをとることは、よくみられるUXとUIの設計者の共同作業です。

 

UIデザイナーはブランド化に専念すべきではありませんが、ブランド価値とメッセージを伝えることも仕事のひとつです。あなたは「パッケージングはマーケティングである」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは単に、製品の視覚的プレゼンテーションが、しばしば最初に消費者を引き付けるものであることを意味します。ユーザーは特定のレイアウトや色を特定の会社に関連付けているため、UIデザイナーは、UXデザイナーであれマーケティングエグゼクティブであれ、他の人がしばしば決定する一貫したアートスタイルを維持する必要があります。その点で、UIデザイナーは通常、他の人のアイデアを視覚化しているため、創造的な自由が限られています。

 

 

UIとUXのまとめ

今後は、UIとUXの違いをよく理解し、すべての現場のWeb開発者はUXやUI設計の原則に精通していなければなりません。

UIとUXをより良い形へと昇華させるには、それぞれ多くの専門的な知識と経験を必要とするでしょう。

一人が兼任することで間に合っているように感じている職場も多いかとは思いますが、今一度考え直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ