デザイン

デザイン

【必見!2019年トレンドデザイン】今後ウェブ開発はこう変わる

KeyCDN

We are a Swiss registered company headquartered in Winterthur, Switzerland. We’re a passionate team operating a high-performance content delivery network (CDN).

本記事は、Web Development Trends 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

327 views

読了時間 : 約6分35秒

賢明な開発者は、絶えず変化し続けるWeb開発の世界に適応する方法をいつも模索しているものです。トレンドが現れるにつれ、新たな機会が誕生します。

 

20 年前には、現在のWeb状況を想像できる人はいませんでした。ですから、今後数十年にわたってどのようなことが起こるのかを予測することは不可能です。とすると、最新のWeb開発トレンドを常に把握しておくことは、結局は、まだ存在しないこれからの仕事に着手することに役立ちます。

 

ここでは、2019 年に注目すべきWeb開発の動向をまとめました。

 

 

1.プログレッシブウェブアプリ

即応性があるだけではもはや不十分です。今日のWebサイトは進歩的でなければなりません。プログレッシブWebアプリは、ネイティブモバイルアプリに似たWebサイトです。

そのため、ブラウザ、画面サイズ、およびユーザーのデバイス仕様に合わせて設計されています。

ネイティブのデバイス機能を利用して実行するため、プログレッシブウェブアプリはオフラインでも作動します。従来のWebサイトからプログレッシブウェブアプリケーションに移行した企業では、コンバージョン数と顧客エンゲージメントが向上しています。

PWA.Rocksには、インスピレーションを得るためのプログレッシブアプリの例が多数あります。

 

 

2.フロントエンドフレームワーク

プロジェクトの構築にReact、Vue.js、Angularなどのフロントエンドフレームワークを使用していないのであれば、2019 年からスタートすると良いでしょう。

フロントエンドフレームワークには、ユーザーエクスペリエンスの最適化に集中できるよう、開発における面倒な部分をスムーズにくれるツールが付属しています。

 

 

3.静的かつシングルページのWebサイト

Jekyll、Gatsby、Hugoなどのフレームワークは、複雑でない静的Webページをすぐに作ることができます。静的ページは動的ページよりも早くできて安全性が高いです。

また、APIとMarkdownを使用すれば動的ページを静的ページに追加することもできます。

詳しい知識があれば、自分のウェブサイトをシングルページに縮小することができます。

 

 

4. GraphQLがREST APIに換わる

Facebookが開発したGraphQLは、REST APIに換わるものとして急速に普及しているクエリ言語です。フロントエンドをバックエンドから切り離し、サーバーの効率をあげることができます。

 

 

5.クロスプラットフォームアプリ

ほとんどの人は、Webを閲覧するために複数のデバイスを使用しています。実際、アメリカの消費者3 分の 1 以上が スマートフォン、コンピュータ、タブレットを所有しています。

そのため、異なるデバイス間で同時に使用できるアプリを作成することはますます重要になっています。この部門では、ElectronやIonicなどのフレームワークが特に便利です。

 

 

6. ウェブコンポーネント

Stencilのようなウェブコンポーネントコンパイラでは 、独自のカスタム要素を簡単に作成できます。Webコンポーネントは再利用性が高いため、将来のプロジェクトに役立ちます。

 

 

7.サーバレスアプリケーション

Nuclioのようなサーバーレスフレームワークを使用すると、クラウドテクノロジを利用してワークロードを削減し、スケーリングを改善し、未使用のリソースのコストを節約できます。

AWS、Microsoft Azure、Google Cloudなどの主要なクラウドプロバイダーは、すべてサーバーレスサービスをサポートしています。

 

 

8.機械学習

AIはもはやプログラマーのインプットで制限されることはありません。機械学習のすばらしいところは、プログラムがユーザーエクスペリエンスを向上させるために新しい情報を収集し、そして合成するのことを可能にすることです。

TensorFlowは、JavaScriptのみを使用し、独自の機械学習モデルを作成するための優れたツールです。もっとも、AWS Rekognitionなどのサービスを使用すれば、比較的容易にプロジェクトに画像認識機能を追加することもできます。

 

 

9.カスタマーサービスチャットボット

そういえば、人工知能は、ボットが顧客の質問に答え、問題を人​​間よりも効率的に解決できるという点まで進化しました。Gartnerは、 今年末までにAI業界の総収益が 70 %増加すると予測しています。

そのため、競争力を維持したいのであれば、すぐにでもトレンドに対応しなければなりません。

 

 

10.ブロックチェーンテクノロジー

Bitcoinのような暗号通貨はブロックチェーンに依存していますが、Web開発者はこの技術の可能性を最大限に引き出すだけです。分散元帳は、たくさん取引を瞬時に認証する機能を誇り、セキュリティーも向上します。 2019 年には、IBM、Microsoft、そしてAmazonがブロックチェーンの新しい活用を検討しています。

 

 

11.プッシュ通知によるニュースレターの置き換え

プッシュ通知はもはやモバイルアプリだけのものではありません。素早く伝統的なEメールニュースレターに換わるものとなっています。ユーザーも開発者も、雑然とした受信トレイよりツールバーにさりげなく通知されるほうが良いのです。

 

 

12.ローコードで問題が少なく

Google App MakerやMicrosoft PowerAppsのようなローコードディベロッパープラットフォームは、開発プロセスを合理化することで、初心者のWebデザイナーのエントリー水準を低くしました。一連のコードを記述しなくても、より複雑なプロジェクトが可能になることを期待しています。

 

 

13. CSS変数

カスタムプロパティとも呼ばれるCSS変数を使用すると、最小限のコーディングでレイアウトを調整できます。それらはグリッドベースのデザインで特に便利です。

Houdiniと呼ばれる新しいAPIのセットは、ポリフィル不要でインタラクティブかつ高性能なアニメーションを作成するため、CSSをさらに拡張することができます。

 

 

14.アンビエントデザイン

私たちはかつてないほどスクリーンを見つめている時間が長くなっています。そこで、開発者は自分たちのデザインを新鮮なものにしておくため、クリエイティブな方法を見出しています。

たとえば、masOS Mojaveは、デスクトップの背景が時刻で変わります。また、天気アプリのなかには、天気でUIが変わるものもあります。このようなアンビエントデザイン要素が人気上昇していることは変化しませんが。

 

 

15.教育コンテンツ

Skillshareや同様のオンライン学習コミュニティでは、誰でも好きな科目の授業を受けたり、教えたりすることができます。よって、学術的環境でなくても、新しいWeb開発者は、この分野に関する新しい見識を身につける機会が得られます。

いっぽう、ユーザーには学習意欲があります。ですから、Webサイトやアプリに教育的側面を追加することは、確実に注目を浴びることになるでしょう。

 

 

16.フリーフォームデザイン

フレームワークはウェブサイトをより迅速、かつ、簡単にナビゲートしてくれますが、すべてを同じようにみせてしまう傾向があります。インターネットにアクセスできるほぼすべての人がWebに精通している今、開発者はユーザーの注目をひきつけておくために、文字どおり型にとらわれない発想をしなければななりません。

過去数年間はすべて直線、鋭いエッジ、そして凸形状に関するものでしたが、2019 年はより抽象的なデザインへのパラダイムシフトをもたらす可能性があります。

つまり、clip-pathやshape-outsideのようなCSSプロパティに慣れていかなければならないでしょう。

 

 

17.増大するサイバーセキュリティへの不安

ハッカーに悪用しやすいチャンスが増えたため、サイバー犯罪は常に増加しています。ユーザーにFacebookアカウントやその他ソーシャルメディアの信用情報を使用してWebサイトにログインするよう求めることは、もはや推奨されません。

消費者は、自分の情報を誰と共有するかについてより慎重になっています。そのため、必要のないデータは要求してはいけません。

サーバーに大量のユーザー情報のデータベースが格納されている場合は、多要素識別を導入することを検討してみてください。

 

 

18.バイアスについてさらに話し合う

アルゴリズムは数式に基づいて決定をくだしますが、その数式には作成者の暗黙の偏りが含まれることがあります。

たとえば、グーグルの顔認識技術は、当初、さまざまな人種のユーザを識別するのに苦労していました。そこで、技術界では、多様性についてより話し合いが必要ではないかと問題になりました。

ユーザーの多様性を考慮し、より多くのユーザーにリーチできるよう、できるだけ広い視点を求めましょう。

 

 

19.DesignOps

小さな企業が、代理店の利用からマーケティングニーズにそった社内チームを採用するという手法に切り替えるにつれ、おそらくDesignOpsアプローチを採用し始めるでしょう。

DesignOpsとは、Webデザインを、ビジネスと、ほかあらゆる面を統合するという考えに基づいています。

必ずしも熱心なDesignOpsチームは必要ではありませんが、DesignOps文化を培ってみてください。

 

 

20.ストーリーテリングウェブサイト

成功しているブランドは、ストーリーテリングの力を知っています。ユーザーに一貫性のあるナラティブエクスペリエンスを作成することは、ブランドの信用を築くために不可欠です。

Awwwards.comは、ストーリーテリングをユーザーエクスペリエンスにうまく取り入れた、たくさんのウェブサイトを紹介しています。

 

21.音声検索

音声検索クエリはこの 10 年間で爆発的に増加しました。10 代、そして成人の約半数が、SiriやAlexaなどの音声アシスタントを毎日使用しています。したがって、開発者は最終的には自分のWebサイトに音声検索機能を導入する必要があります。

幸い、音声検索認識を追加するためのAPIはすでに利用可能です。

 

 

22. APIファーストデザイン

開発チームは、まずデザインに集中し、その後APIに悩みだすということがよくあります。しかし、Web対応デバイスの普及で、APIマネジメントはますます困難になるばかりです。

シンプルな解決策として、まず必要なAPIから始め、その後デザインに集中することでしょう。

 

 

23.拡張現実(AR)と仮想現実(VR)

ポケモンゴーの流行は消えたかもしれませんが、ARは以前より一般的になりました。JCPennyのような小売業者は、仮想ドレッシングルームなどのモバイルアプリに新しい機能を追加するため、ユーザーのスマートフォンカメラを最大限に活用しています。

また、VRの制作やアクセスが比較的安価になった今、自動車メーカーのロードテストアプリケーションなど、より多くのことが期待されています。

グーグルとマイクロソフト両社は、2019 年にVRとARに多額の投資を計画しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ