デザイン

デザイン

PR

【2018年版】webサイト制作ツール8選(前篇)

3,804 views

読了時間 : 約2分58秒

最高のWebサイト&ページビルダーを探すのにはなかなか時間がかかります。必要とするソフトウェアソリューションが「ほとんどそろっているが、完全ではない」ものがたくさんあるのではないでしょうか。あるいは、価格も障害になる可能性があります。

本記事では、マーケットで最高ランクのサイトとページビルダーのなかでも、ベストであると考えられるもののリストを前後篇に分けて紹介します。

 

 

1. Mobirise Website Builder

Mobirise Website Builderには、素晴らしい点が二点あります。

まず、個人用と商用の両方で無料です。個人用でも、ビジネス用でもまたはクライアントのビジネス用でも、制限はありません。好きな方法で自分のWebサイトのスタイルを設定し、好みの場所にホストすることができます。

さらに、ライトボックス、フルスクリーンイントロ、ビデオ背景、および視差スクロールを備えたレスポンシブな画像ギャラリーを含む、800を超えるトレンディなWebサイトブロックとテンプレートがあることです。

それだけではありません。作成はドラッグ&ドロップで行い、コーディングは不要で、7,000個のアイコン、無料の画像100,000個、Googleフォント800個のライブラリにアクセスできます。 Mobiriseのテンプレートは最新のGoogle AMPまたはBootstrapフレームワークに基づいているため、驚異的なパフォーマンスとモバイル対応が期待できます。
WindowsやMacOS用のMobiriseの無料版を今すぐダウンロードしてください。プレミアムバージョンも利用可能です。

 

2. Visual Composer Builder

Visual Composer BuilderはWPBakeryによってデザインされていますが、WPBakery Builderと同じではありません。これらは完全に異なり、互いに独立しています。

Visual Composer Builderは、フリーバージョンまたはプレミアムバージョンを選択できます。まず無料版を選択することをお勧めします。Webサイトにアクセスしてダウンロードするだけです。きっとその性能に満足するでしょう。その後、プレミアムバージョンに切り替えるかどうか、いつプレミアムバージョンに切り替えるかを決めることができます。

マウスクリック駆動のドラッグアンドドロップビルダーで、コーディングを必要とせず、WordPressテーマと互換性があり、WordPressウィジェットやショートコードを含む複数のデザインオプションやエレメントを使用できます。

 

3. Portfoliobox

多くのスタンダードなテーマに付きものの様々な制約にうんざりしているなら、Portfolioboxがおすすめです。PortfolioboxではどのWebサイトページでも、あらゆるスタイルを作成できます。 他のサイトとは毛色の違うサイトを構築するのがずっと簡単になり、有象無象から目立たせることができます。コーディングは不要で、数時間でプロジェクトを完了できます。

Portfolioboxでは、無料プランまたはプロプランのいずれかを選択できます。珍しく、学生向けのオプションもあります。 Porfolioboxの学生用アカウントには、すべてのProの機能とテンプレートが用意されています。パーソナライズされたドメインは年間わずか19ドルです。

無料プランは30枚の画像、10枚の商品、10ページのホスティングが利用できます。 Proテンプレートには30日間アクセスできます。 Proプランは、1,000ページの画像、無制限のページと製品、パーソナライズドドメイン、Easy Googleとの統合、カスタムCSS / JSのホスティングが利用できます。

 

4. uKit

uKitは、中小企業を念頭に置いて作成された超柔軟できわめてレスポンシブなWebサイトビルダーです。200以上のテンプレートがパッケージに付属しています。デザインエレメントをコンテンツとともに各ページにドラッグ&ドロップするだけで利用できます。

ページが完成したら、ワンクリックでプロジェクトを完成させることができます。

 

▼後篇はこちら!

 

 

※本記事は、Top Website and Page Building Tools of 2018を翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ