デザイン

デザイン

webサイトに通販機能を追加するためのWordPressプラグインTOP10【前篇】

427 views

読了時間 : 約3分3秒

WordPressは強力なeコマースプラットフォームに成長しました。 ShopifyやBigCommerceのようなオーダーメイドの電子商取引ソリューションはいくらでもありますが、WordPressは依然として大半のショップオーナーにとって選択肢でありつづけています。

本記事では、前後篇に分けて、WordPressを使用して強力なeコマースストアを立ち上げることができるように、最新のWordPress eコマースプラグインとリソースをご紹介します。

注:価格はすべて、この投稿の元記事の公開日時点のものです。

 

 

1.WooCommerce

WoocommerceはWordPress用の最も一般的なeコマースプラグインです。ほぼすべてのテーマに簡単に追加でき、まさにプラグアンドプレイです。 追加機能を必要とするより大規模なオンラインストアのために拡張することができます。

サポートされる支払い口:Amazon、PayPal、Stripe、2Checkout、Mijirehなど。

価格:無料。

 

 

2.Shopp Plugin

Shopp Pluginは、豊富で洗練された機能リストを備えたWordPress用のプレミアムショッピングソリューションプラグインです。インストールと管理が容易で、ほぼすべてのWPテーマに対応しています。重要な機能のいくつかをあげると、物理的およびデジタル製品のサポート、注文履歴、電子メール通知、高速商品検索、送料率計算、割引およびプロモーションコード……。
サポートされる支払い口:2Checkout.com、PayPal、Google Checkoutオプションのアドオンとして利用可能:Authorize.net、PayJunction、FirstData / LinkPoint、HSBC ePayments、eWay Payments
価格:サポートなしで個人的な使用は無料。シングルサイトライセンスの場合は75ドル、開発者ライセンスの場合は299ドル。

 

 

3.WP eCommerce Plugin

WP eCommerce Pluginは、WordPress用のオリジナルeコマースプラグインです。 コードを使用して構築された、無料有料を問わず数え切れないほどのテーマを誇ります。機能の無限に続くかに思えるようなリストこそ、実際このプラグインの重要な原動力です。
サポートされる支払い口:Authorize.net、DPS、Chronopay、Paypalなど
価格:無料版は、支払い口と機能に関して制限あり。ゴールドカートバージョンは100ドル。

 

 

4.WordPress eStore Plugin

ここのところずっと、この有料のワードプレスショッピングカートプラグインは、デジタル製品やサービスを販売するブロガーに合わせて進化してきました。
価格:定額料は49ドル。
サポートされる支払い口:PayPal、2Checkout、Googleウォレット、Authorize.net、BitCoin、Braintree、オフライン(小切手、現金または銀行振込による支払い)。さらに必要に応じて追加できる有料モジュールあり。

 

 

5.Cart66

もともとPHPurchaseだったCart66は、WordPressのeコマースソリューションとスタンドアローンプラグイン(Cart66 Pro)のクラウドベースに進化しました。サービス、メンバーシップ、物理製品などを簡単に販売することができます。 Cart66には強力なダッシュボードベースの受注管理システムがあり、受注を追跡するシンプルなシステム、割引を提供して出荷オプションを提供できるオプションがあります。 Cart66は本当に自立的で、アドオンは必要ありません。
価格:シングルサイトで98ドル、無制限サイトで300ドル。クラウドはサイトごとに95ドル。
サポートされる支払い口:2Checkout、Authorize.net、eWay、PayPal、Stripe、オフライン支払い。 Cart66のクラウド版には、70以上の支払い口あり。

 

 

▼後篇はこちら!

 

 

※本記事は、Top 10 WordPress Plugins for Adding eCommerce to Your Siteを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ