デザイン

デザイン

ECサイトのためのユニバーサルデザイン原則【改善すべき8つのポイント】

232 views

読了時間 : 約3分47秒

偉大なウェブデザインは芸術であり、ますますアクセスしやすくなっているデジタル世界では、デザイン上の意思決定がアクセシブルなユーザーエクスペリエンスに焦点を当てていることがますます重要になっています。

 

これは、ブランドの評判、認知度、権限を確立する重要なステップです。

 

ユニバーサルデザインの原則は、特に身体的または認知的困難を有する人々のアクセシビリティへの障害を克服する必要性の認識から生じました。

 

今日、すべてのユーザーのニーズに合わせてデザインすることはまれなことではありません。ここに、ユニバーサルデザインの8つの原則をご紹介します。

 

 

1.選択肢を提供する

カスタマイズ機能を使用すると、ユーザーは自分の好みに合った方法でコンテンツを体験できます。そのため、ユーザーにウェブサイト、アプリ、サービスがどのように機能するかを選択できるようにするオプションは、ユニバーサルデザイン戦略に向けた強力な第一歩です。

 

ブランドとのやりとりの特定の要素を制御する機能により、顧客はブランドにより安心感と親しみを感じることができます。

 

また、これによりコンテンツを共有したり、サービスに登録したり、製品を購入する機会が増えます。

 

 

2.主要機能の自動化

優れたUXとは、ユーザーのニーズを予測し、可能な限り最良のエクスペリエンスを提供するために積極的に適応するものです。これを実現するには、アプリとウェブサイト内に自動化された機能を組み込むことが役立ちます。消費者のインタラクションを合理化し、ブランドの経験を直感的にカスタマイズできます。

 

自動化により、個々のニーズに応じてコンテンツの細かい点を調整できます。オートメーションはまた、フォームのオートコンプリートや顧客に関する関連情報の保存など、セールスプロセスを簡素化するのにも役立ちます。

 

 

3.レスポンシブなデザインを受け入れる

ユーザは、広範囲のデバイスのいずれかからコンテンツにアクセスすることができる時代です。すべてのフォーマットとデバイスでコンテンツが正しく表示されることが不可欠です。ただし、潜在的な変動ごとにデザインをテストして適用するのは、時間がかかり、困難な場合があります。

 

レスポンシブデザインは、スタイルシート、流体グリッド、およびフレキシブルなイメージの組み合わせを使用して、検出された画面サイズに応じて調整を行い、プラットフォームごとにUIとUXを再調整する必要がありません。

 

 

4.色理論を実装する

色の視覚的な魅力だけでなく、それらのコントラストの程度を考慮して、テキストと背景の色を慎重に選択してください。色は、ウェブページのテキストの可読性に大きな影響を与えます。疑わしい場合は、このコントラスト比アナライザを使用して、選択肢が実行可能かどうかを判断できます。

 

これは、色盲のユーザーにとって特に重要です。また、他の人は薄暗いスクリーンを使用することを好む場合があり、特定の色と陰影とを区別することをより困難にする可能性がある。

 

不適切に選択されたカラースキームは、ナビゲーションを困難にする可能性もあります。デザインのこの側面を検討する際に正しい選択をすることが不可欠です。

 

 

5.キーボードアクセシビリティのサポート

すべてのユーザーがマウスを使用してウェブサイトをナビゲートできるわけではありません。握りの強さやマウスを正確に動かすのに苦労する人もいます。他の人は、作業中のマウスにアクセスできない場合があります。また、急いで朝食を手にしてコンテンツを閲覧したい場合もあります。

 

この機能を使用すると、ユーザーはキーボードのみを使用してウェブサイトをナビゲートし、ウェブサイトと対話できます。

 

キーボードアクセシビリティの最も重要な2つの要素は、すべてのリンクがタブキーでアクセス可能で、現在選択されているリンクの明確な視覚的インジケータを表示する必要があることです。

 

 

6.マルチメディアにアクセス可能でなければならない

ビデオ、オーディオ、および画像は、アクセシビリティのために最もよく見過ごされる要素の1つです。キャプションと適切な代替テキストの使用は、法的要件だけでなく、視覚障害や聴覚障害のあるユーザーに十分な体験を提供するためにも必要です。

 

一部のユーザーは難聴を抱えている可能性がありますが、ビデオコンテンツを解釈するのが難しい場合もあれば、可聴ボリュームを使用したくない場合や使用できない場合もあります。 Amaraのような無料のツールでは、YouTubeと同様に、キャプションを簡単に実装できます。

 

ビデオコンテンツの場合と同様に、画像やその他のビジュアルにはすべてのユーザーがアクセスできる必要があります。

 

 

7.すべてをテストする

ユーザビリティは、UXベストプラクティスの中心にあります。サイトのユーザーとその特定のニーズを把握することで、サイトのコンテンツへの関与の障壁を最小限に抑えたり排除したりするための設計上の意思決定に必要な知識が提供されます。

 

研究とテストは、これらのユーザーのニーズを把握し理解するための鍵です。

 

 

8.エラーを確認する

ユーザーは、特にアクセシビリティ上の問題に慣れている場合は、技術的なエラーが発生したときに自分自身を非難する傾向があります。企業はエラーを認め、できるだけ明示的に説明し、問題を直ちに解決する必要があります。

 

エラーが発生する前にタスクに復帰する能力をユーザに提供することは、ユーザエクスペリエンスの継続性を維持するのに役立ち、また保持力を高め、ウェブサイトまたはアプリケーションに対するユーザの信頼を強化する強力な手段です。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

※本記事は8 Universal Designs Necessities for E-commerceを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ