マーケティング

マーケティング

怪しい被リンクは監視して断つ!【チュートリアル】

MOZ

At Moz, we believe there is a better way to do marketing. A more valuable, less invasive way where customers are earned rather than bought. We’re obsessively passionate about it, and our mission is to help people achieve it. We focus on search engine optimization (SEO). It's one of the least understood and least transparent aspects of great marketing, and we see that as an opportunity: We're excited to simplify SEO for everyone through our software, education, and community.

本記事は、How to Discover and Monitor Bad Backlinks
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

271 views

悪質な被リンクを突き止めることは、ツールセットの発達、リンクインデックスの大型化、および知識の向上に伴い、過去数年間でずっと簡単になりましたが、いまでも私たちの業界の多くの場面でその実践は不完全です。理想的なシナリオは、あなたのリンクプロファイルでについてプロフェッショナルな知識を持ち、気がかりをなくすために各リンクを1つずつチェックすることですが、これは多くのウェブマスターにとってあまりにも費用がかかりすぎます。(そして率直に言って、やりすぎです。)

 

Moz Link Explorer、Keyword Explorer List、そしてLink Listの機能を組み合わせるための、Link ExplorerとExcelを使った簡単な方法論(Google Sheetsで同じぐらい簡単にこれを行うこともできますが)を紹介しましょう。

 

 

 

基礎

リンクが「不良」であり、潜在的に削除されるべきであるかどうかの判断には、いくつかの基準が関わってきます。最終的には、リンクのリスク(Googleがどのぐらいリンクを操作しやすいように表示する可能性があるのか、そして価値判断がリンクにどれくらい依存するか)を測定できるようにしたいと考えています。このスコアを決定するためにSEOによって使用される3つの一般的な要因をこれから見ていきましょう。

 

 

信頼指標:

私たちの業界には、問題のある被リンクを探すための既に手に入るツールが存在します。特に有名ものに、Moz Spam ScoreとMajestic Trust Flowです。これらの2つのスコアは、実際には全く異なる働きをします。 Mozのスパムスコアは、特定のサイト機能に基づいてドメインが禁止されるかペナルティを課される可能性を予測します。 Majestic Trust Flowは、ドメインまたはページを指すリンクの品質に基づいて、それらの信頼性を決定します。かなり異なる計算が行われる一方で、目標はウェブマスターがどのサイトが信頼できるものか、そうでないものを識別するのを助けることです。しかし、これらは最初に手をつける場所としては良いのですが、リンクの良し悪しを明確に把握するのには十分ではありません。

 

アンカーテキスト操作:

SEOが最初に学ぶことの1つは、価値のあるアンカーテキストを使用することでランキングを上げることができるということです。その次に学ぶのは価値のあるアンカーテキストを使用すると、ペナルティが課されることがあります。その理由は相当明らかです。ウェブマスターが良心からアンカーテキストを提供する例は稀です。過剰な最適化はひどく目立ちます。では、アンカーテキスト操作をどのように測定すればよいのでしょうか。私たち自身の目でアンカーテキストを見ると、これは直感的に思えますが、大量のリンクをより正確に判断できるように自動化されたより良い方法があります。

 

 

 

低い権限:

最後に、権限の低いリンク が、特に、ドメインに基づいてより高い権限が期待される場合 に問題になります。良いリンクは、サイト内で内部的によくリンクされたページから来るべきです。ドメイン権限とページ権限の差が非常に大きい場合、それが懸念される場合があります。それは決定的なシグナルではありませんが、調べる価値のあるものです。これは、特にページ分割されたコメントスパムやフォーラムのプロファイルスパムのような特定の種類のスパムで顕著になります。

 

そこで、悪い被リンクプロファイルのこれらのさまざまな特徴を考慮して、被リンク解析をまとめて行う方法について説明しましょう。このチュートリアルを続行したい場合は、別のタブでLink Explorerを開いてください。

 

 

ステップ1:被リンクデータを取得する

 

最初の、そして最も簡単なステップは、Link Explorerの巨大な被リンクインデックスから被リンクデータを取得することです。私たちのインデックスには約30兆のリンクがあり、懸念すべき悪い被リンクのほとんどを見つけることができます。まず、Link Explorer> インバウンドリンクセクションにアクセスし、分析するドメインまたはページに入力します。

私たちはnofollow属性のリンクには関心がないので、follow属性のリンクだけをエクスポートするように、「follow」フィルタを設定したいと思うでしょう。また、削除されたリンクには関心がありませんので、リンクステータスを「アクティブ」に設定することができます。

これらのフィルタを設定したら、[エクスポート]ボタンを押します。いくつかの選択肢があります。被リンクの数が1000以下である場合は、すぐにダウンロードを選択してください。ただし、リンクプロファイルが大きい場合は、最大の設定を選択して、ダウンロードの準備をしてください。その間にプロジェクトの他のステップを続けることができますが、問題のあるリンクを逃したくないので、それらをすべてエクスポートする必要があります。

 

多くのSEOがこの段階で止まります。 PA、DA、およびスパムスコアを標準エクスポートに含めることで、問題のあるリンクを見つけるのにうってつけの仕事をすることができます。Link Explorerはあなたのためにすぐに使えるものです。しかし、ここでの目的を達成するために、一歩前進してアンカーテキストに資格をあたえたいと思います。これは大規模なリンクプロファイルで特に役立ちます。

 

ステップ2:アンカーテキストを取得する

アンカーテキストを新しいLink Explorerから取得することは非常に簡単です。Link Explorer>アンカーテキストにアクセスし、エクスポートボタンを押してください。ここではフィルタを追加する必要はありません。

 

ステップ3:アンカーテキスト値を測定する

 

ここでは、操作するように見えるアンカーテキストを見つけるために、Moz Keyword ExplorerのKeyword Listを利用できる簡単なテクニックを紹介します。まず、アンカーテキストとしてのURLのように、絶対に関係ないと思われる無関係なアンカーテキストを削除します。このステップは絶対に必要というわけではありませんが、Moz Keyword Explorerにはいくつかのクレジットが保存されるので、やってみる価値はあります。

無関係なアンカーテキストを削除したら、アンカーテキストをコピーしてKeyword Explorerの新しいKeyword Listに貼り付けます。

Keyword Explorerにアンカーテキストを配置することで、アンカーテキストを検索ボリュームで並べ替えることができます。アンカーテキストの検索ボリュームが高くなることはあまり一般的ではありませんが、ウェブマスターが検索結果を操作しようとしているときにアンカーテキストのランクを付けたいキーワードを使用することがよくあります。したがって、アンカーテキストの検索ボリュームは、操作されたアンカーテキストの代用として使用できます。実際、私がMozに参加する前にRemove’emを使って作業していたとき、アンカーテキストの操作がリンクペナルティの最も支配的な要因であることに気がつきました。

 

 

ステップ4:マージ、フィルタ、並べ替え、モデル化

 

データ(被リンクのエクスポートとキーワードリストのエクスポート)をマージして、最終的に被リンクに関するリストを取得します。被リンクのエクスポートから始めましょう。 Excelで開き、重複するドメインアンカーテキストペアを削除します。

 

長いURLのリストからドメインを抽出する簡単なやり方を紹介することから始めます。 Excelの最初の列から最後の列にURLのリストをコピーし、次に[データ]> [テキストを列に]> [区切り記号]> [その他] >/を選択しました。これにより、スラッシュが発生したときにURLが異なる列に分割され、4番目の新しい列がドメイン名になります。

この手順を完了したあと、重複するドメインアンカーテキストペアを削除します。ドメインごとに1つのリンクに限定するつもりはないことに注意してください。これは多くのSEOが行ってしまうことです。異なるアンカーテキストを使用してサイト上に複数の問題を抱えたリンクが存在する可能性があるため、これは間違いです。

データ> 重複を選択した後、アンカーテキストの列とドメインの列を選択します。重複が削除されたので、善し悪しを判断したいリンクが残されています。しかし、もう一つステップが必要です。Keyword Explorerから取得した検索ボリュームデータをマージする必要があります。Keyword Explorerでアンカーテキストから作成したキーワードリストのエクスポートボタンをクリックします。

エクスポートを開き、すでに作成してフィルタリングした被リンクシートの横に、Excelの2番目のシートにデータをコピー&ペーストします。この例では、「生データ」と「アンカーテキストデータ」という2つのシートに名前を付けました。

その後、被リンクのスプレッドシートでVLOOKUPを実行して、各リンクのアンカーテキストの検索ボリュームを含む列を作成します。私が使用したVLOOKUPの式のスクリーンショットを撮りましたが、作成したシートの名前と列によっては少し違った形になるでしょう。

=IF(ISNA(VLOOKUP(C2,’Anchor Text Data’!$A$1:$I$402,3,FALSE)),0,VLOOKUP(C2,’Anchor Text Data’!$1:$I$402,3,FALSE))

 

この式は少し複雑に見えますが、それは単に2つのVLOOKUPを同時に使ってN / Aの結果を0に置き換えているからです。N / Aが表示されている場所に手動で0を入れてもよいでしょう。

 

さあ、楽しい部分に入っていきます。モデリングの時間です。まず、作成したボリュームの列を並べ替えることをお勧めします。上に行くほど問題のあるアンカーテキスト情報が多く表示されるようになります。 「リング」や「宝飾品」などのアンカーテキストを伴うリンクは、これらの単語が検索ボリュームの高いキーワードでもあるため、リストの上部に自動的に表示されます。

次に、リンクの品質、アンカーテキストの危険性、スパムスコアを考慮する新しい列を作成します。

=D11+(F11-E11)+(LOG(G11+1)*10)+(LOG(O11+1)*10)

この式をざっと分解してみると以下のようになります。

 

・ D11:これは単なるスパムスコアです。

・(F11-E11):これはドメイン権限からページ権限を差し引いたものです。 (これにはやや議論の余地があります。 100-E11を選ぶ人もいるかもしれません。)

・(Log(G11 + 1)* 10):これは、このアンカーテキストリンクが発生した回数を私たちの方程式のための一貫した数に変換するための手の込んだ方法です。 ここで対数をとらずに大きい数値を用いると、他のシグナルの影響を覆い隠してしまう可能性があります。

・(Log(O11 + 1)* 10):これは検索ボリュームを私たちの方程式のための一貫した数値に変換する素晴らしい方法です。 対数をとらず、大きい検索ボリュームを用いると、他のシグナルが覆い隠されてしまう可能性があります。

この式を実行して新しい列を作成すると、「危険度」で並び替えを行い、最も問題のあるリンクを見つけることができます。

ご覧のように、コメントスパムや有料リンクの例はリストの一番上に表示されました。この式が、危険なアンカーテキストを含む低品質なスパムリンクに高い値を与えるためです。しかし、待ってください。まだ続きがあります!

 

手順5:Link Listを作成する

 

Link Exploreの機能は分析だけにとどまりません。私たちの目標は、単に分析するのではなく、SEOを手助けすることです。次のステップは、新しいLink Listを作ることです。

 

Link List機能を使用すると、特定のリンクが有効かどうかを調べられます。よりスパム風なリンクの一部を削除する活動へ乗り出した場合には、Link Listを作成してリンクのステータスを監視することができます。名前を付け、ドメインを追加し、厄介なリンクをコピーして貼り付けるだけで、新しいリストを作成できます。

悪いリンクを削除するために、Link Listを監視するだけで悪いリンクを削除できるのです。Link Listは、リンクが削除されたかどうかなど、すべての基準を追跡してくれます。

 

仕上げ

 

スパムスコアとPAだけを見て被リンクの大まかな監査も、アンカーテキストの資格を考慮に入れた念入りなテストも、Link Explorer、Keyword Explorer とLink Listが可能にしてくれます。大幅に改善された被リンクのインデックスでは、必要なデータが指先にあるので、安心です。また、Excelで徹底的な分析を行う必要がある場合にも、簡単にエクスポートできます。

 

皆さんの悪い被リンク狩りの幸運を祈ります!

 

 

※本記事は、 How to Discover and Monitor Bad Backlinksを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ