マーケティング

マーケティング

避けるべきSEOコピーライティングの5つの間違い ユーザーの視点や検索意図を考えてテキストの質を向上させる

Yoast

The mission of Yoast is SEO for Everyone. We want to give everyone the opportunity to rank in the search engines. Our SEO plugin, blog posts, and online courses should enable both large companies as well as small websites to attract the traffic they desire.

本記事は、5 SEO copywriting mistakes you should avoid
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

613 views

読了時間 : 約4分10秒

コピーライティングは、すべてのSEO戦略の重要な要素です。高品質のコンテンツは、サイトをランク付けし、他のすべてのサイトと区別するのに役立ちます。あなたは正しい方法でSEOのコピーライティングをしたいと思うでしょう。

 

まずは、なるべく致命的なミスをしないことです。あなたがSEOコピーを書いているときにしてはいけないことを知りたいですか?避けるべき5つの間違いを見てみましょう!

 

あなたはSEOコピーライティングのより多くの部分で苦労していますか?心配しないでください!すべてのファセットを習得するように指導できるので、ランクの素晴らしいコピーを作成する方法がわかります。私たちのSEOコピーライティングの訓練、無料トライアルレッスンもあります!

 

1.キーワード調査から始めていないという間違い

SEOのコピーライティングは常にキーワード調査から始まります。この時間のかかるタスクをスキップするのは楽かもしれませんが、あなたのランク付けのチャンスを深刻に損なう可能性があります!

 

たくさんの素晴らしいコンテンツを書くことができますが、人々が実際に使用する現実的な検索用語にランク付けするように最適化されていなければ、それは少しも役に立ちません。

 

ですから、あなたが見つけたい用語について考えるために常に時間をかけてください。キーワードの研究を真剣に受け止めることで間違いなく報われるでしょう。

 

2. 検索意図を忘れているという間違い

執筆を始める前に、キーワードの調査を行っているときに、検索意図をよく見ることも重要です。キーワードの背後にある意図を明確に把握する必要があります。

情報や特定のWebサイトを探している人もいれば、何かを購入したい人もいるかもしれません。

 

SEOコピーライティングで検索意図が重要なのはなぜでしょう?たとえば、(トランザクションではなく)情報を目的とするだけのキーワードの販売指向の説得力のあるコピーを作成するとランク付けされません。

 

あなたのサイトは検索者のニーズに答えないでしょうし、ランク付けしても訪問者は他の種類のコンテンツを探しているため、すぐに離脱する可能性があります。

 

解決策:キーワードの調査を行っているときにSERPを分析し、ターゲットとするキーフレーズの背後にある意図を把握します。たとえば、テキストの目的、声のトーン、長さ、行動を促すフレーズなどを考慮して、コンテンツを適宜作成します。

 

3.シノニムを使用していないという間違い

最近の検索エンジンは信じられないほどスマートです。いくつかの単語が同じまたは類似の意味を持つことができることを理解しているので、それを使用してください!

 

正確なフォーカスキーフレーズの不自然な表現をテキストに詰め込まないでください。代わりに、必ずキーフレーズの同義語を使用してください。これは繰り返しを避けるのに役立つだけでなく、テキストが退屈で読みにくくなるだけでなく、関連するキーワードのランク付けの機会も増えます。

 

要するに、同義語や関連するキーワードやキーフレーズを間違えないことです。

 

Yoast SEOが同義語と関連キーワードの最適化をはるかに簡単にすることをご存知ですか?Yoastプレミアムプラグインは、単語が同じ文で異なる順序で表示された場合でも、あなたの焦点のキーフレーズを検索します。

 

さらに、同義語および関連するフォーカスキーフレーズに対してテキストを最適化できます。これにより、プラグインは(ほぼ)Googleと同じくらいスマートになります。ここでの本当の間違いは、Yoast SEOプレミアムを取得していないことだと思います。

 

4.ユーザーの視点を考えていないという間違い

SEOコピーライティングでしばしばうまくいかないこととは、ユーザーを考慮に入れずにサイト所有者の観点からのみ書かれたコンテンツです。全てを忘れてユーザーだけのことを考えるのはもちろん難しいでしょう。

 

それでも、まずは試してみることが重要です!あなたはすぐにユーザーがあなたの商品に関する専門用語や、どれほどその商品やあなたのブログが素晴らしいかにはそれほど興味がないことに気付くでしょう。

 

彼らはあなたが解決する彼らの問題、またはあなたのブログ投稿を読んで得られるものを知りたいのです。

 

違いを理解するための2つの短い例を次に示します。

1・Yoast SEO 12.Xをリリースしました!バグ修正がたくさんあるので、更新する必要があると信じています。

2・Yoast SEOの最新バージョンである12.Xはこちらです!更新する時間なので、プラグインを最もスムーズに体験できます。

 

ユーザーとして、あなたにとって最も魅力的なのはどちらですか?おそらく2番目のものですよね?あなたがあなた自身のSEOコピーを書いているとき、それについて考えてください!

 

結論:SEOコピーで訪問者の視点を間違えないでください。また、コンテンツに「私」または「私たち」と書きすぎることも良くありません。自分ではなくユーザーについて作成してください!

 

5. 読みづらいテキストを書いているという間違い

人々がしばしば犯す最後のSEOコピーライティングの間違いは、理解しにくい投稿を書くことです。誰でも簡単にテキストのメッセージを理解できるようにすれば、幅広い視聴者にコンテンツを公開することになります。

 

だからこそ、明確で読みやすいテキストを書くことがSEOのコピーライティング戦略のかなりの部分を占めるのです。人々はあなたが伝えたいことを理解できるはずです。理解しやすいコピーを作成すれば、人々はあなたのサイトを離れたくないでしょう。むしろ彼らはあなたの次の投稿を読みたくなるかもしれません。

 

私たちは書くのが難しいことを知っています。しかし、素敵でクリアなテキストを書くために誰もが注意を払うことができるものがあります。

 

・長い文を使いすぎないでください。

・多くの難しい単語を使用しないでください。

・あなたが複数のことについて記事を書く場合、読者が混乱しないか確認してください。

・テキストの構造が明確かどうかを確認してください。

 

Yoast SEOプラグインがであなたを助け可読性分析含む、フレッシュで読みやすいスコアを。また、Hemingwayなど、読みやすいテキストを書くのに役立つ他のツールもあります。なので、素敵で読みやすいテキストを書かないという言い訳はもうありません!

 

SEOコピーライティングの間違いに関する結論

SEOのコピーライティングの間違いは、人々がテキストの質にあまり集中せず、準備に時間を費やすときに起こります。しかし、ランキングはすぐに代価を払ってくれるでしょう。

 

各テキストには、サイトの訪問者を考慮して、考え抜かれたオリジナルのアイデア、ストーリーがあります。そして、あなたのコピーは素敵で読みやすいはずです。

 

大変な作業ですが、Yoast SEOは軌道に乗るのに役立ちます!そして、あなたのコピーライティングが良く見え始めたら、他の一般的なSEOの間違いさえチェックできます!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ