マーケティング

マーケティング

あなたのユーザー体験は完ぺきですか?―リデザインのプロセス

本記事は、The UX Redesign Process
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

221 views

読了時間 : 約6分27秒

一般的に、デジタルプラットフォームをリデザインするということは、開発者やデザインチーム、または企業全体が、対象とするユーザー体験のビジョンを見失ってしまったときに求められます。明確さに欠けるビジョンからの影響は、乏しいページ価値、乏しいROI、そして低顧客転換率だからです。

 

プラットフォームについて特に気にしていないユーザーの多くにとっては、リデザインは顔のしわ取りのようにしか見えないかもしれません。多くも少なくも。しかしユーザー体験のデザイナーにとって、リデザインの全プロセスは、長時間にわたる調査、綿密な計画、そしてその繰り返し、またガロン分ものコーヒーだけではない、それ以上の意味を持つのです!

 

この記事を読むのには8分ほどしかかかりませんし、UXのリデザインプロセスについて詳しく学んでいただけると思います!

 

UXリデザインの挑戦

 

ユーザー体験をリデザインするにあたって、デザイナーとしてこれだけは明確にしておきたい点が、自分でデザインをしてはいけないということです;企業のブランド、バリュープロポジション(価値)、ユーザーセグメント、ターゲット、全てが独立的に細かく処理される必要があります。問題が広まりすぎて全ての事柄がリデザインされるべき、とか努力を注ぐ価値があるとか、単に予想されるだけでは上手くいきません。

 

UXリデザインの主な挑戦は、手元にある問題を解決する価値があるのか、認識し理解し検証することなのです!

 

1.ウェブページをよく見てそのユーザー体験があなたを満足させるか検証する

2.ブランド体験をよく見てバリュープロポジションとゴールがユーザー体験に沿っているか理解する

3.ユーザーからの評価をよく見てユーザー体験に更なるブランディングが必要か検討する

 

ユーザー体験をリデザインする際、ほどんどの場合で時間制限が設けられていることがここでの挑戦です。ですからリデザインする際、デザイナーと開発者両方が問題を理解できる最も素早い方法を見つけ出すことに専念し、リデザインでの解決方法を見出す必要があるのです。しかし、各ブランド/商品/サービスとそのユニークなユーザー体験を理解するための手順を追わずに、UXリデザインを行うのはルール違反です。

 

UXリデザインプロセス

 

1.ブランドについて知りましょう

 

一度、UXリデザインの挑戦を抱えるとわかったら、初めに行うことはブランドを完全に学習し理解することです。

 

ブランド調査はいつでも役立ちます!ユーザーたちにインタビューしたり、調査を行い、フォーカスグループでディスカッションをしたり、Google AnalyticsやTestMySiteのような計測ツールも使いましょう。

 

ブランドを知ると同時にまず大切なのは、競合他社と彼らの強みについても知っておくことです。さて、実際どうやってUXリデザインを行うブランドについて学ぶのでしょう:

 

1.ブランドの観衆を見定める

2.現在ブランドとやり取りをする利害関係者を把握する

3.やり取り上で起きたストーリーを知る:ハッピーなものもそうでないのも

4.初めの内部情報を集めアクションプランをデザインする

5.プランを実行し結果を評価する

 

2.調査―理解―体験

 

A.UX調査

 

UX調査は、ユーザーの必須項目やニーズ、要求、モチベーションそしてゴールを研究することを目的とします。このステップはとても重要であり、この段階でユーザー体験の欠点や失敗の原因を捜査していきます。

 

UX調査でユーザーから情報を集める際には、インタビューやコンテクスチュアル・インクワイアリー、人物やカード別、そして使用可能テストを含む、様々な質的と量的な方法を活用しなければなりません。このUX調査過程は、結果的にデザインチームに大きな手助けとなり、プロダクトやサービスのデザイン過程に情報を提供したり、今までの想定を検証したりでき、さらに重要なことに、改善点を把握していることで成功する商品を実現する際のコスト削減にもつながるのです。

 

B.UXを理解する

 

ユーザーによるこれからの新しい要求について一度調査が終わり、初期のUXを先進させる重点を追求したら、改訂されたUX、そのデザインプロセス、そしてブランドの新UX戦略を理解する作業へと進みます。

 

UXを理解することは、対象とするユーザーとやり取りを行い監視すること、彼らのニーズや行動パターンを知ること、あなたがリデザインする商品やサービス関連の痛点を知っておくことを含みます。

 

3.ブランドのゴールを揃えましょう

 

ブランドはビジネスの中心となります。ブランドのゴールと合った、顧客のニーズを実現させるUXをつくるということには、自身の企業とそのユーザー両方にとって意味のある、そして利益をもたらすやり取りを確立することが求められます。ブランドのゴールと共にあなたのユーザー体験を把握するには:

 

1.ビジネスの観点から見た特定的なデザインをつくりましょう

2.具体的でわかりやすいブランドビジョンを確立しましょう

3.短期間、中期間、長期間のゴールを設定し、達成可能で詳細的なマイルストーンに組み込みましょう

4.ゴール達成に向けて素早いペースで作業しましょう

5.最終的な成功例を具体化しチームを通して一貫性を実現させましょう

6.すでに存在するカスタマージャーニーを把握しその改訂を計画しましょう

7.ユーザーの視点から自分のブランドを経験しましょう

8.あなたのUXとビジネスの目的が適合しているかピンポイントに明らかにしましょう

9.ユーザーへの約束を実現できるビジネスの運用上の側面を確証しましょう

 

4.リデザイン

 

1.共感する:共感マップはどんな状況も救ってくれます。共感マップを使うことで、ユーザーの態度や行動を視覚化することが可能となるので、エンドユーザーについてより深い理解について各UXデザインチームで共通認識を得ることができます。更にマッピングのプロセスは、すでに存在するどんな抜け穴も明確にしてくれます。あなたのプラットフォームにユーザーが辿り着くまでの動機が何か、理解する手助けになるでしょう

 

2.定義付ける:UXをリデザインする際に、問題点についてのステートメントをもう一度定義付け直すことができれば、ユーザーの感情、特定の商品を使ったときの態度、そしてシステムやサービスをより上手く理解できるきっかけになるでしょう。定義付け直すということは、実践的、実験的、効果的であるべきで、ユーザー体験の重要な意味と価値を含んでいるべきなのです

 

3.アイディア化する:何かを観念化することは、リデザインの中心部となるものです。アイディア化するプロセス上では、与えられたトピックについて、幅広いアイディアを沢山沢山生産する必要があります。まずは初めから判断したり評価したりせずに、あなたの新品UXに最も合うデザインを真似してやってみましょう

 

4.プロトタイプ:使用可能テストを行うために、スケッチ、ワイヤーフレーム、アニメーションまたはモックアップを混合したものを作成しましょう。初期のサンプルデザインやモデルは、レプリカに完全に近い役割を果たし、使用からのフィードバックを推測できます

 

5.フィードバック:リデザインしたUXへの使用可能テストの結果を学習し、探求し、体験して共有しましょう。フィードバックは、あなたがリデザインを配置する前でさえ、リデザインの真実に目を向けるきっかけになることから、必要不可欠な存在です

 

6.繰り返す:自分のリデザインに自身が持てるまで、ステップ1から5までを繰り返しましょう

 

5. UX監査を実施しましょう

 

デザインがリリース段階に近づいたら、リデザインのより明確な使用体験と成功の全体像のため、UX監査を行うことを推奨します。UX監査は商品の弱点を見極め、プラットフォーム上でユーザーが頭を抱えてしまう原因の正体を明らかにします。

 

ここでの質問:UX監査の流れでどんなことが起きるのか、そしてどうして行うべきなのでしょう?

 

UX監査上で、監査員は様々な測定ツールや方法、メトリックを使い、商品の良い/悪い成績を具体化します。

 

1.顧客転換メトリックを使ってビジネスとユーザーの目的を評価する

2.カスタマーケア、売上データ

3.交通量/参加率

4.UX基準の応諾

5.使用ヒューリスティック

6.メンタルモデル

7.ワイヤーフレーム&プロトタイプ

8.UX最適技法

 

「使用可能テスト」対「UX監査」

 

使用可能テストとUX監査の違いは、各情報の流れの方角なのです:監査が、もうすでに確立された基準やゴールから問題を推定するのに対して、テストはユーザーの行動から問題を推定します。仮に、基本メトリックにアクセスがないことから監査員が使用可能テストを使って監査を行ったとしても、彼らは長期的に集めたデータと結果を合わせて、業界基準や商品ゴールと比べて評価することができます。(情報元

 

UX監査についてより詳しいブログはここでチェックしてください。

 

6. 実践と評価

 

技術チームは、プロセスの初期段階やデザインの状態がまだ準備段階であっても、実践を始めるかもしれませんが、最終段階でもリデザインを全て同時に実践する必要があります。UXデザインは、再開発されたUIと完ぺきな機能、そして完ぺきなユーザー体験と共に実践していきます。

 

評価するということは繰り返しの作業なのです。デザインチームは、ユーザーの流れとユーザー体験、そしてアイデンティティなど、改善の求められる部分を確立します。最終形の商品を評価する際には、リデザインされたユーザー体験に以下の質問を投げかけてみましょう。

 

1.リデザインされたUXは使用可能か?

2.エンドユーザーにとってやり取りは簡単か?

3.デザインには柔軟性があり変更も簡単か?

4.ユーザーの問題に対して望まれた解決を提供できるのか?

5.商品が提供する使用体験からまた使いたいと思ってもらえる信憑性はあるのか?

 

最終的なデザインの実現と評価で、あなたも新品で完全改良されたユーザー体験の夢が叶います!

 

まとめ

 

素晴らしいユーザー体験のリデザインは、インタラクティブで詳細的なデザインプロセスを辿ることによりのみ実現します。

 

最初の6秒間でユーザーがあなたのプラットフォームとやり取りする際に、デジタル世界でのあなたの位置が確立されます。ビジネスに集中するか、12ページ上で取引でのテキストを作ってください!

 

何を改訂するかはあなた単独の決定権ですが、メインページを改良すること、磨かれた新しいデザインでのサービスページを立ち上げること、強化されたブランドイメージ、そしてより明確な提案を紹介することは、確実にあなたのブランドと関わるユーザーとの相性を高めてくれるはずです。

 

この記事が、あなたのリデザインプロセスが上手くいくきっかけとなるのを願っています。楽しいUXを!一読ありがとうございます!

おすすめ新着記事

おすすめタグ