デザイン

デザイン

【非営利団体のWebサイトはどうデザインする?】心に訴えかけるデザインのポイント

286 views

現状、多くの非営利・チャリティウェブサイトにおいてユーザーの満足度は高くありません。特別な何かを提供せずに、どうして人々の貴重な時間とお金をチャリティに費やすよう促すことができるでしょうか。本記事では、そのようなウェブサイトの構築に役立つヒントをご紹介します。

 

 

ユーザ・リサーチ

非営利ウェブサイトであっても、ユーザを理解する必要があります。どのような人が寄付者/ボランティアとなり、何が彼らにそうさせるのでしょうか。市場のニーズ、潜在的ユーザ、実現可能なウェブサイト上の特徴を、アンケート、利害関係者やユーザーへのインタビュー、競合相手の情報収集などから調査しましょう。

①

 

 

ガイダンス

ウェブサイトは、非営利団体やチャリティの動機や目的をユーザに知ってもらう窓口となります。しかしながら、多すぎる情報はユーザを混乱させます。以下のように、視覚的な情報を用いることで、ユーザに関連するアクションを起こさせることができます。

2

 

 

ソーシャル・メディア・ボタン

3

ソーシャル・メディアは非営利団体にとって最も効果的な媒体です。非営利ウェブサイトでは、ソーシャル・メディアに繋がる道をあらゆる場所に設置するべきでしょう。それにより、ユーザが家族や友人にシェアすることができます。例えばアイス・バケツ・チャレンジ(氷水をかぶるチャレンジ)キャンペーンはソーシャル・メディアを通して広まりました。

 

 

ストーリー

4

関連する物語の掲載は、世界中の多くのウェブサイトで行われています。しかしながら、ユーザーが求めている物語は、感情的に繋がることのできるものだという点を覚えておいてください。全ての非営利団体はユニークな物語を掲載することができるはずです。感情的に強固な繋がりを作ることができれば、それは誠実かつ長期的な関係の構築に繋がります。

 

 

アクセシビリティ

最近では多くのユーザがモバイルデバイスによってインターネットを利用しています。非営利ウェブサイトも、モバイルデバイスに対応するべきでしょう。ウェブサイトの利用しやすさは信頼に繋がり、また寄付にも繋がります。

5

 

 

最後に

素晴らしいUXと印象的なコンテンツはユーザの行動に影響を与えます。そのことを覚えておきましょう。

 

 

 

※本記事は、Secret Sauce to Build the UX Design for Nonprofit Websitesを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事