デザイン

デザイン

テレビアニメのキャラクターが教えてくれたUXデザインに役立つ6つの学び UXに応用できることを分析

本記事は、6 UX Lessons the Cartoon Characters taught me!
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

542 views

読了時間 : 約4分33秒

 

テレビアニメはわたしたちの生活の溶け込んでいて、たくさんのことを教えてくれます。わたしの母もアニメのキャラクターとわたしを比べながら、いろいろなことを教えてくれました。

 

急速に拡大している今日のテクノロジーの世界で、たくさんのデジタルプラットフォームがある中、よいUX(ユーザーエクスペリエンス)であることは必要不可欠です。

 

今回はわたしのお気に入りのテレビアニメから、どんなUXに応用できることを学んだのかを、分析をしてみようと思います。

 

1. 人を好きになろう – スク-ビドゥー

ストーリー

 

スク-ビドゥーはテレビの長い歴史とともにわたしたちを魅了してきたアニメシリーズの一つです。悲しい別れをした2年後に、フレッドとダフネ、ヴェルマ、シャギー、犬のスク-ビドゥーたちは、また不思議な事件を解決するためにリゾートアイランドで再会しました。犬のスク-ビドゥーは人間のように、変装したり、立って歩いたりします。

 

私のUXレッスン

 

UXの流れは、ペルソナやユーザージャーニーマップ、タスクモデル、ストーリーボード、ワイヤーフレームを構築するという複雑なプロセスを必要とします。エンドユーザーの行動、目標、動機をはっきりと決めることが大切です。

 

自分のデザインボードをスクラップしてしまう前によくリサーチしたり、勉強をすることが大切です。スクービードゥーはコアユーザーをよく理解することが、一番大切だということを教えてくれました。

 

2.ありのままでいよう-どんなに変わっているといわれても – ベン10

ストーリー

 

ごく普通の少年ベン10はダイヤルをまわすとエイリアンに変身できる能力を身につけました。でも彼はめったに自分の強さや能力を人にはみせません。

 

10歳のベン・テニスンは特殊な腕時計型デバイスを見つけ、10種類のエイリアンヒーローに変身できるようになりました。

 

私のUXレッスン

 

ユーザーエクスペリエンス(UX)はユーザーやユーザーが必要としているもの、評価するもの、ユーザーの能力や限界を理解することと深く関係しています。たまには少し変わったUXがあっても問題ないです。

 

オーガニックユーザー(自然検索ユーザー)があなたが作ったUXをそのまま受け入れられるのならば、多少変わっていようがまったく問題はないです。

 

3.失敗に終わりはない-フィニアスとファーブ

ストーリー

 

夏休みが近づいてきて、フィニアスとファーブは毎日わくわくする冒険をして、夏休みを思いっきり楽しもうと考えています。一方、彼らのペットのカモノハシは悪の科学者ドゥーフェンシュマーツ博士への悪だくみを企てています。

 

私のUXレッスン

 

ディズニーのロングランテレビアニメの一つから、執着するということを毎回わたしは学びます。トリエステートエリアを乗っ取ろうとするドゥーフェンシュマーツ博士の毎日の悪だくみからさえも固執する大切さを学びます。

 

博士は毎日負かされます。でも翌朝にはカモノハシがまた負かそう待ち構えていることを知っていながら、また戻ってきます。どうですか? 悪役もいいことを教えてくれますよね!

 

UXは継続するプロセスです。探して、デザインして、学んで、またデザインを変更します。時にはデザインを変更することが失敗になってしまうかもしれません。数字が落ちてしまうかもしれません。

 

でもそれで終わりではないです。すべての弾丸が雄牛の目に当たることはありません。UXは進化するコンセプトです。毎日デジタルプラットフォームでは、ユーザーに新しい体験があります。

 

あなたのUXのフレーズがどんなによくなかったとしても、試すのをやめないでください。起き上がって、元気を出して、またデザインをして、成功をする。以上。

 

4.チームワークがいつも勝利します‐ボブとはたらくブーブーズ

ストーリー

 

町に起こる問題を解決するために、ボブとはたらくブーブーズのみんなは、掘ったり、運んだり、作ったりの作業をして。毎日働いています!

 

ボブと彼のビジネスパートナーのウィンディは、ダンプトラックのマックやセメントミキサーのディジーなどの友達と一緒に、毎日新しいことを楽しんでいます。

 

私のUXレッスン

 

UXを作るためには、みんなが期待するものをつくり、改良していくためには多くの人々の力が必要です。これは一人の力だけではできません。

 

UXの専門家は他のチームメンバーと協力して、デザインやものを作っています。 UXのデザインのコラボレーションは、特別新しい概念というわけではありません。

 

すばらしいUXを届けるために、いろいろなデザイン分野のペルソナの中に、UXアナリストやコンサルティング会社、大手ジョイントベンチャーがいて、コラボがあります。

 

ボブとはたらくブーブーズはそのことを教えてくれました – 決して仕事を完成するために専門家の助けを借りることを躊躇しないでください。

 

1.より多くの人で、より多くの問題を解決する

2.機能横断的なアイデアを使う

3.リソースを評価する

 

これらは、チームで一緒にデザインするときに役立ちます。一緒に来ることは始まりで、一緒にいることは進歩すること、そして一緒に働くことは成功することです!

 

5.怖がらないで – トムとジェリー

ストーリー

 

トムとジェリーはカルトアニメとして人気のドタバタコメディーアニメシリーズです。タイトルキャラクターのトム(猫)とジェリー(マウス)の争いの話です。もうこれにつきますね!

 

私のUXレッスン

強いグループや大きなグループに怯えても意味がありません。そして必ずしも彼らを敵にする必要はありません。革新的で、斬新なアイデアを持っているならば、自分の仕事を信じて、生き残るのははるかに簡単です。

 

よりすばらしいUXをデザインする過程では、ただ密に連絡を取り合うことが大切なだけです。いくつかのばかげているとか意味がないと思っているトリックが不思議と働くこともあります。

 

大きさは関係ありません。ネズミのジェリーはいつも主人公の猫のトムからから逃げようとします。会社の規模やチームに基づいて、判断的な態度をとることは、実際には問題ではありません

 

火が消えないようにしてください。あなたのプロの提携が求めているのが何であれ、いつも前に進み続けてください。問題が起きたときは、強く立ち向かってください。

 

あなたが信じていることを決してあきらめないでください。 あなたのUXD

 

6.サニーサイドアップ! – ジョニー・ブラボー

ストーリー

 

ジョニー・ブラボーはいつも自信満々です。そして、女性はみんな自分のことを好きになると信じています。 ジョニーはきめている自慢の髪型とピッタリとした黒いシャツを着て、鞭の音をたてながら、空手チョップをすることで有名です。

 

私のUXレッスン

 

ジョニー・ブラボーはかわいそうに多くの女性にいつもふられてしまいます。でもまったくめげません。 ブラボーは、目標を達成するために、必要なものを身につけ、一生懸命努力し続けることの大切さを教えてくれます。

 

何かを始めることはもちろん大切だけれど、希望、失敗、失望を自分で実際に経験することはもっと大切です。 魂の底から納得いくまで、UXDから目を離さないでください。

 

以上が、UXデザインをするうえで、学びのあったわたしの大好きなテレビアニメです。あなたも大好きなテレビアニメの中になにかを学べるようだったら、UXデザインにそれを生かしてくださいね。

 

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ