デザイン

デザイン

【UXライター必見】UXライターの重要な役割!

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、The Rise of the UX Writer
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

402 views

読了時間 : 約4分17秒

もしあなたが2019年のUXデザインのトレンドに着目するならば、UXライティングの進歩について聞いたことがあるはずです。ライティングはデザインのユニコーンスキルとして大変是認されてきました。しかし、今やそうでもなくなってきているようなのです。

 

 

UXライティングはスペシャリストのする仕事として進化しています。をして、UXライターはデザインチームにとって不可欠な存在として認められはじめています。

 

 

フェイスブック、グーグル、マイクロソフト、、そしてアマゾンのような企業は、デザインチームに既にUXライターを雇うようになりました。より多くの企業がこの傾向に従うにあたって、UXライターの役割がどういうものかを理解することが大切です。彼らの活躍がデザイン過程にどのような価値をもたらすのでしょうか。

 

 

この記事では、一般的な仕事から予想利益に対する責任までUXライターの役割を具体的に見ていきます。また、UXライターを雇用する価値についても考えていきます。では、さっそく最も注目されている仕事についてみていきましょう。

 

 

UXライターは何をするのか

UXライターはウェブ上でユーザーが遭遇する文章を作り、ユーザーを誘導する責任を持っています。ウェブサイト、スマホアプリ、ソフトウェアでユーザーをガイドし、彼らが望む作業を完了する手助けをします。フィットビットであなたが10,000歩歩いたときにお祝いのメッセージが表示されますよね?これはUXライターによって書かれたものです。モバイル銀行のアプリで間違えた番号を入力したときにエラーメッセージが表示されますよね?それもまた、UXライターによってなされたものです。

 

 

 

UXライターはマーケターではない

UXライターとマーケティングに関わる内容を書くライターを区別することが重要です。マーケティングのコピーライターが新たなユーザーを引き付けて参加させることに関心をもつ一方で、UXコピーライターはユーザーができるだけ簡単にそれを使うことができるよう誘導することを目的としています。マーケティングコピーライターは商品が仕上がったあとに文章を作成しますが、UXライターは初めの段階からデザイン過程に携わります。

 

 

まとめると、マーケティングコピーライターは「ただいま10%引き!」といったようなメッセージを書きます。一方で、UXライターはスムーズに促進するようなメッセージを書くのです。また、マーケターは異なるチャンネルから商品を紹介するための内容を手掛けますが、UXライターはその商品自体上でその特色を説明する役割を持ちます。

 

 

 

UXライターの仕事と責任

彼らの最近の仕事を、グーグルはこのように書き表しています。

 

 

「ユーザー経験ライターとして、あなたはグーグルデザインの主唱者であり、ユーザーがタスクをこなすことを手助けする意味のあるテキストを作ることにより商品の形成に携わるのです。あなたは、内容の構想を設定することを助けたり、商品に密着したナレーションをつかさどったりする役割を持っています。主要なライターとして、全てのユーザーの経験を単純化したり美しくしたりする内容を示すポートフォリオを持ちます。」

 

 

小売り界の大手ノードストームは以下のように表現しています。

 

 

「ノードストームのベテランのUXライターとして、大規模な戦略を手助けする簡潔かつよく構成されたメッセージを書きます。この役割では、デザイナー、研究者、ライター、そして他の主要なステークホルダーと協力してユーザー中心の解決策なども手掛けます。革新的な特徴を作ることを通してどのように企業の声を進化させることを手助けします。」

 

 

このように、UXライターの役割はライティングだけではありません。マイクロコピーを作るために、全体的な商品のデザインと開発する過程への理解力が重要となります。

 

 

UXライターとして、ターゲットとなる顧客への共感性を立ち上げるためにユーザーリサーチを行うかもしれません。誰のために書くのでしょうか?どのようなトーンで書けばユーザーにより影響を与えることができるでしょうか?

 

 

包括的なUX戦略を案出するための見識を使うことになるでしょう。

 

 

新しいコピーを書くことに付け加えて、一般的な分析を行うことを必要とされるかもしれません。これは日々のセッションのような商品分析をも含みます。現在の商品コピーライトはユーザーをしっかり誘導しているでしょうか?微調整をする必要がありますか?

 

 

プロダクトのレイアウトやコピーワークを確認するためにUXデザイナー、調査員、情報建築家と共に働くでしょう。

 

 

特有のブランドを立ち上げたり、ユーザーのポイントに焦点を当てたりすることが大切です。

 

 

 

どのようにUXライターになるのか

アメリカでのコピーライターの平均年収は700万ほどで、インディードには3000以上ものUXライターのポジションが用意されています。UXプロセス内でのコピーライターの立場が上昇しているのに伴って、ライティングスキルを楽しむ時間も少なくなってきています。

 

 

ではどのようにUXライターになるのでしょうか。

UXライターになる方法は一つではありません。UXライティングにおける役割はユーザー経験デザインをへの理解とコピーライティングスキルを組み合わせることができる能力が必要とされます。もうすでにUXで働いているのか豊富なライティング背景を持っているのかどちらにせよ、素晴らしいコピーライトの経験を兼ね備えた強いポートフォリオが必要とされます。

 

 

それらの経験と共に、雇用者は素晴らしいコミュニケーション能力とチームワークを兼ね備えているものを探しています。その他のスキルとしては、リサーチ力、分析力、問題解決能力、鋭い洞察力、基本的なビジネスやブランドへの理解が求められます。

 

 

 

なぜUXライターを雇うのか?

それはコピーライトがユーザー経験に深く影響するから!

一番初めのユーザー経験をデザインするときには、もうコピーライトは扱われません。UXライターの進化はどのようにより多くのブランドがユーザー経験を探すのかに焦点を当て、献身的な専門家に頼っています。

 

 

最終的に、コピーはユーザー経験を作ることも壊すこともできます。もし、紛らわしく、文法も間違っているコピーならば、ユーザーはあっという間に去ってしまします。

 

 

なぜUXライターを雇うのか?彼らは最初の段階から重要なデザインの過程を作ることを確認します。そして、筆の達者で語学に優れており、ブランドに一貫性のある主張を与えなくてはいけません。まとめると、悪いコピーライトは商品価値を下げることになります。

 

 

UXライターの雇い方についてより詳しく学びたい方はこちらを参考にしてみてください。もしUXライターになることに興味があるのならば、UXライターの仕事はこちらで確認できます。もっとUXの役割について学びたいですか?そんな方は、こちらをチェックしてみてください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ