デザイン

デザイン

【初心者のためのワイヤーフレーミング論】ワイヤフレームの作成にはどのツールを使うべき?

161 views

ワイヤーフレーミングはUXデザインの重要なスキルであり、クライアント、ステークホルダー、および開発者にレイアウトを表示したり、アイデアを視覚化するためによく使用されます。

 

今日のワイヤリング・プログラムは、これらの成果物を迅速かつ容易に開発することができます。 Sketch、Figma、Codepen、Invision、Mindmeisterなどがあり、広く使用されています。

 

ワイヤフレームを作成する際に利用可能な設計ツールの数に圧倒されるのは簡単です。私はAdobe、Power Point、古き良きペンと紙については言及していません。時には紙のスケッチは、デジタルワイヤフレームを表示するだけでなく、機能します。初心者としては、多くのUXの専門家がソフトウェアに巻き込まれています。

 

どれ使うのがベストでしょうか?デザイン段階、プロジェクトの要件、さらにはクライアントまたは雇用者などが、どのツールを使用するべきかに影響します。

 

 

ワイヤーフレームは、要素、テキスト、メディアのプレースホルダーを含む低忠実度のものから、最終製品のように見え、機能する可能性のある忠実度の高いバージョンまでさまざまです。

 

両方とも効果的かつ有用であり、忠実度は、プロジェクトのフェーズとフィードバックの目標に依存します。たとえば、忠実度の低いバージョンでは、ステークホルダーがビジュアルデザインではなくフォームと機能に集中し、デザインミーティングを脱線するのを防ぐことができます。

 

Axureを使用した中規模のワイヤフレーム

 

 

ワイヤフレームが解決するのに役立つ一般的な問題には、

 

1.クライアントまたはステークホルダーの期待。デザインプロセスの早い段階で、ステークホルダーに忠実度の高いワイヤフレームを表示してください。ビジネスにとって重要なことについて貴重なフィードバックを得るだけでなく、デザインお金を払う顧客が、サイトまたは製品が実働した後にデザインチームが実装する新しい機能によって盲目的になることを防ぎます。

 

2.開発者の作業負荷。注釈付きワイヤフレームをデベロッパーと共有して、設計したものが正確にどう構築されるかを確認します

 

3.停滞しているデザインチーム。デザイナーはお互いに学び、成長し、チーム間でワイヤーフレームを共有することで、新しい視点とアイデアをテーブルにもたらすのに役立ちます。

 

 

 

ほとんどの経験豊富なデザイナーは、素早く簡単なワイヤフレーム作成に役立つので、慣れたツールに惹かれがちです。

 

初心者であれば、もう少し選択肢がある可能性があります。私は使用しているツールではなく仕事そのものに集中できるように、ただ1つのワイヤフレームツールに固執しています。個人的には、私が学んだ最初のツールの1つだったので、Axure RP 8が好きです。それ以来、私はAxureをワイヤフレームのためだけに使ってきました。それは、本物のように見える、高度にデザインされたインタラクティブなプロトタイプから、忠実度の低いスケッチまでを作成することができます。

 

モバイルインタラクションデザインを示す忠実どの高いワイヤーフレーム

 

 

 

最適なワイヤフレームツールを見つけてください。

 

 

※本記事はWireframing Tools for Beginnersを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ