マーケティング

マーケティング

【SERP】そのウェブページ、大丈夫? キーワード調査によるSEOコンテンツの作成【SEO】

MOZ

The industry's top wizards, doctors, and other experts offer their best advice, research, how-tos, and insights—all in the name of helping you level-up your SEO and online marketing skills.

本記事は、How a Few Pages Can Make or Break Your Website
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

230 views

読了時間 : 約4分13秒

 

 

 

 

 

 

 

将来の見通しは、私が最近行った勧告に明らかに背いています。

 

私は、コンテンツのいくつかのページがサイトに重大な悪影響を与える可能性があると彼に言いました。私の主張を支持している明白な数値を目の前にした時にさえ、彼は躊躇していました。私は心の中でこうつぶやき始めました。「画家は数学者に三角法を教えるだろうか。」

 

芸術と違って、コンテンツマーケティングとSEOは主観的ではありません。あなたが書いた言葉の質は定量化され、ビジネスへリターンを生み出すことがあるのです。

 

 

 

 

 

コンテンツのほとんどは何もしない

 

この問題について話すにあたって、私たちはこの事実に真剣に対処する必要があります。

 

ほとんどのコンテンツは、Googleの7ページ目に深く埋まっており、ブランドとはまったく関係のない不明瞭なキーワードをランキングしています。科学的(客観的な数学的)プロセスの欠如は非難されるべきですが、それについては後で詳しく説明します。

典型的事例: Braftonはコンテンツ戦略に関してボリューム・プレーを行っていました。ボリュームとはキーワードのランキングのことです。それは神頼み戦略であり、そして上手くいきました。

 

古い記事の現在の掲載結果をみると、サイトのトップ100ページ(すべてのインデックスページの1.2%)がオーガニックトラフィック全体の68%を占めることが分かりました。

 

さらに、すべてのインデックスページの94.5%が3か月ごとに5回以下の検索を受けています。

 

 

どうしたのだろう

 

 

変更された部分は次のとおりです。気楽なコンテンツは過去のものです。コンテンツの作成と「キーワードの使用」は、検索結果の7ページで孤独死に至る計画です。コンテンツを作成するプロセスは厳密であり、データによって全面的に支持されている必要があります。まずキーワードの研究から始める必要があります。

 

 

 

 

1.キーワード調査:

 

定期的に検索されているキーワードからコンテンツのトピックを選択します。検索ボリュームは関心を意味し、作成しているコンテンツがターゲットオーディエンスにとって興味深いことを保証します。選択したキーワードは合理的である必要もあります。 MozまたはSEMrushのオーガニック難易度指標を使用すると、有意義なランクを付けられる現実的なチャンスがあるかどうかを判断するのに役立ちます。

 

 

 

2.SEOコンテンツの作成:

 

目標は、作成しているページを、ターゲットとするキーワードでのランキングを上げることです。ブログ投稿にキーワードを使用して商品ランディングページにリンクする時代は終わりです。 1つのページに1つのキーワード。そのため、選択したキーワードでのページのランクを上げたい場合、そのページのキーワードは、ウェブ上のコンテンツの中で最も優れたものでなければなりません。関連するトピックを幅広く網羅しているものでなければならないのです。

 

 

 

 

 

 

結果を見積もる方法

 

キーワードターゲットの初期リストを作成します。検索ボリューム、オーガニックの難易度、SERPのクラウディング、検索者の意図の最適な組み合わせで、リストからキーワードを絞り込みます。このテンプレートを目安として使用しても良いでしょう。コピーを作成するだけで設定できます。

 

リストを絞り込んだら、総検索ボリュームの推定値を集計します。これは、すべてのキーワードターゲットに対して毎月行われる検索の総数です。この総検索数は取得できません。経験則として、すべてのキーワードについてページ1の下部とページ2の上部に平均してランク付けすると、推定クリック率は最大2%になります。ページ1の中央下部は約4%になります。ページ1の上から中央まではは6%になります。

 

上記の例では、20ページで2%のクリック率でランク付けされると、月間42〜89人の商業目的の訪問者が増えます。

 

問題のウェブサイトは、Googleの7,850のインデックスページからのランダムな組み合わせのキーワードを使用して、月平均343人のオーガニック訪問者を誘導しています。最悪の場合、20ページ、つまり全ページの0.3%が全トラフィックの10.9%を占めます。最高で(クライアントが上記の手順に完璧に従った場合に)、0.3%の追加ページが全トラフィックの43.7%を占めることになるのです。

 

 

驚きましたか。

 

 

これはサイトのインデックスページの0.3%が、トラフィックを毎月(!)77.6%を増やしています。

 

 

 

 

 

 

少しのページが大きな違いを生む

 

今まで私たちが議論したことはすべて、仮説的なキーワードの潜在能力でした。幸いにもこの方法を、私たちのサイト上の37のコアランディングページ(すべてのインデックス付きページの0.5%)でテストしました。上記の方法を導入した結果、1ページに掲載されたターゲットキーワードのうち24のターゲットキーワードが検索され、1か月あたり見込み客数が716人増加しました。

 

これは全ページの0.5%を占め、全トラフィックの7.7%を占めています。キーワードごとの平均クリック単価が12.05ドルの場合、これらのキーワードの合計費用は月額8,628ドルになります。

 

1回限りの投資であった37ページ(全ページの5%)は、全トラフィックの7.7%占め、1年で103,533ドルの価値があると推定されます。

 

本の一部のページがウェブサイト全体の善し悪しを左右するかどうか、答えはもうお分かりですね。

 

 

 

※本記事は、How a Few Pages Can Make or Break Your Websiteを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ