マーケティング

マーケティング

【クリスマスやイースターなど…】セールだけじゃない!季節を感じるブランディングを行う方法

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、How to Add Seasonal Branding to Your User Experience
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

258 views

季節的なブランディングについて考えるとき、最初に思いつくのは「ブラックフライデーキャンペーン」かもしれません。しかし、季節によってのブランディングというのはそれ以上のものです。

季節的なブランディングをUXに組み込む基本的な方法には、以下のものがあります。

 

 

1.ブランドを差別化する

あなたの会社がどの業界に属していても、少なくともいくつかの競合相手が存在するでしょう。消費者の注意を引く方法の1つは、ブランディングを季節的な出来事に結びつけることです。クリスマスや春など、季節に合わせた製品の到来を祝うために、特別割引を提供するのが良いでしょう。また、そのイベントに関連する色の製品を発売するのも良いでしょう。

 

あなたの最初のステップは、ターゲットである特定の顧客ベースに最も関連する休日または季節を把握することです。そのことを覚えておけば、それらの機会に在庫を合わせて、アイテムやその特徴を関連させることができます。

 

Lulus.comは季節の衣類を売り出すために春を利用しています。これは在庫の移動を助けるだけでなく、顧客が探しているものを提供できる方法でもあります。ナビゲーションがどのように春に結びついているかに注目してください。白いドレスやウエディングドレスを提供しています。どちらも春に需要が高まるものです。

 

 

2.顧客のお祝いに合わせる

季節的なブランディングを取り入れるときは、顧客が行うのと同じイベントをウェブサイトでも行いましょう。効果的にすべての祝日に向けてキャンペーンを行うことは難しいことかもしれませんが、7月4日、感謝祭、旧正月など、主要な休日においてイベントを計画することは困難ではないでしょう。あなたの顧客と一緒に祝うことで、あなたのブランドは信頼でき、楽しいものに見えます。

 

あなたの顧客はどのような伝統を持っているでしょうか?また、自分のブランドのためにどのようにそれらを結びつけることができますか?そうすることにより、顧客によりブランドに参加してもらうことができます。

 

 

3.消費者とつながる

平均的な消費者とつながる方法を見つけましょう。たとえば、特定の休日の意味が「感謝謝すること」である場合は、その機会を使って、あなたが最も感謝していることを表現してください。平均的な消費者とつながり、日常生活とあなたのブランドを関連付けるには、さまざまな方法があります。

 

それぞれの休日や季節の背後にある真の意味を考えてみてください。どのようにその意味をブランドに結びつけることができますか?どのような感情に触れられ、どのようにあなた自身のサイトや顧客の経験にこれを追加することができますか?

 

Mecoは感謝祭を利用して、顧客と自社の社員に感謝の意を伝えます。その感情はシンプルですが誠実です。その過程で何かを売ろうとせずに、ただ感謝を伝えます。

 

 

4.祭日特有のお祭り気分と結びつける

11月から1月の休暇は伝統や思い出、わくわくするお祭り気分であふれています。例えば、クリスマスか「ハヌカ」という言葉は様々なシンボルを思い起こさせるでしょう。

 

あなたのウェブサイトのデザインやソーシャルメディアで、これらの要素を取り入れましょう。ユーザーの思い出と暖かい感情を刺激します。

 

 

5.季節的なキーワード

季節的なブランディングを取り入れると、祭日に関連する特定のキーワードを探すユーザーを誘導することができます。これらのキーワードを季節的なブランディングで囲むことで、ユーザーのニーズが満たされます。

 

キッチンタオルを販売しているとしましょう。そしてイースターにはピンクのうさぎ、イースターエッグなどを施したタオルがちょうど良いでしょう。キッチンタオルの要素とともにこれらの言葉を説明に使用することで、人々はよりそれらを探しやすくなります。

 

KOHL’Sには、シーズン特有の食器用タオルがあります。Googleで「Easter Kitchen towels」を検索すると、これは検索エンジンの検索結果の上部付近にポップアップするページです。ウサギと黄色いひよこの入った食器タオルが表示されます。さらに、Kohl’sは、St. Patrick’s DayやChristmasなどの休日のフィルタリングオプションを提供することで、消費者のニーズをさらに予測しています。色でフィルタリングすることもできます。

 

 

 

季節的なブランディングがUXに

季節的なブランディングは、あなたのブランドのUX戦略全体に関わります。それらだけに専念するべきではありませんが、時には毎年の休日や季節を強調することで、検索エンジンからこれまで以上のトラフィックを得られることがあります。

 

 

※本記事はHow to Add Seasonal Branding to Your User Experienceを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ