デザイン

デザイン

Web開発者として生き残るには5つのスキルが必要!【今すぐチェック】

250 views

ウェブ開発の盛り上がりはしばらく冷めることはなさそうです。

2014年から2024年の10年間で、ウェブ開発者の数は27%も増加すると見られており、これは他のどの職業よりも早いペースとなっています。

その中で抜きん出るためには、スキルを磨き続ける必要があるでしょう。

 

 

そのために必ず身に付けておきたいスキルを5つご紹介します。

 

 

 

  1. 1.学び、改善を続ける

ウェブのような進歩の早い業界でトップに立ち続けるためには、学び続けることが必須です。技術はトレンドと同じようにあっという間に変化し、現在一般的な数々の手法は数年もすれば時代遅れとなります。優れた開発者になりたければ、変化の先端にいるようにしましょう。新しい技術を学ぶだけでなく、顧客が求めるものの変化も敏感に感じ取らなければなりません。

 

 

 

  1. 2.業界の先端に立ち続ける

様々なニュースやブログを読み、業界の変化について行きましょう。博覧会やイベントに参加し、新しい技術や製品に触れるのも有効です。できれば年に一度は大きな技術博覧会に参加して刺激を受けましょう。

 

 

 

  1. 3.時間と優先度の管理を行う

ウェブ開発は、時に大変ストレスを感じる状況に陥ります。プロジェクトは肥大化を続け、常に締め切りに追われる状況もあります。その中で正気を保ち、かつ効率的であるためには、時間を管理するスキルが必須です。たとえばToDoリストを作って優先度の高い仕事を先に行うようにしたり、朝起きたらその日の見通しを立てるといいでしょう。逃せない締め切りにはリマインダーを設定してください。それでも締め切りに間に合わないかもしれないと感じたら、すぐに上司やクライアントとコンタクトを取りましょう。早ければ早いほど、何とかできる可能性は高くなります。

 

 

 

  1. 4.UXを理解する

優れた開発者は、技術的な知識を持つのはもちろん、クライアントの求めるものについてもよく分かっているものです。優れた製品を作るには、クライアントや顧客がどう感じるかを理解する必要があります。新たなプロジェクトに取りかかる前に、少し時間を設けて顧客が製品を使う姿を想像してください。これだけで様々なアイデアが浮かび、実際の製品作りの役に立つはずです。

 

 

 

  1. 5.コミュニケーションを欠かさない

ウェブ開発においてもコミュニケーションは重要です。デザイナー、開発者、クライアント、顧客のニーズを掴むことで素晴らしい製品が生まれます。そのためには、コミュニケーションをないがしろにしてはいけません。

 

 

 

あなたがどんなにキャリアを積んだ開発者であろうと、改善の余地は常に残されています。今回紹介したポイントを参考に、自身のスキルを高め続けてください。

 

 

 

 

※本稿は 「5 essential skills every web developer should have」を翻訳・再編集したものです。

関連記事

おすすめ記事