デザイン

デザイン

【UXデザインの根底はサービスデザイン】サービスデザインから考える5つのUX原則

338 views

サービスデザイナーであり、かつUXデザイナーであるということは非常に難しく、私自身よくサービスデザインをしているのか、UXに取り組んでいるのか分からなくなります。

そこでまず、UXデザインとサービスデザインの境界線をまとめた以下の図をご覧ください。

service①

サービスデザインが全ての根底にあり、アナログであろうとデジタルであろうと企業とユーザーの接触点となります。ここには新しいサービスの計画やユーザージャーニー、サービスの青写真が含まれます。続くCX、UX、UIはより特定されたフィールドになります。

 

 

以下でご説明する我々の原則により、サービスデザイン企業としてのUXマニュフェストを作り上げることができるようになります。

 

 

1.ユーザーを巻き込む

UXデザインの前に、どのような体験を作り出したいかを明確にする必要があります。我々は、そのためにはユーザーと話をする必要があると考えます。

デザインプロセスで直感は重要です。しかしながら、経験のあるデザイナーであれば自身の直感が外れることがあるということをご存じでしょう。共感は直感に勝ります。そこでユーザーと会話をし、共感を重要視することをお勧めします。

 

 

2.最終形態を頭に入れて作業を始める

デザインを始める前にゴールを決めましょう。何を達成したいのか、何が一番重要なKPIなのか、各ページのKPIは何か。これらが、我々がプロジェクトを開始する前に必ずクライアントに尋ねることです。これにより、一人の重役による決定を避けることができるでしょう。

 

 

3.優先順位を付ける

デザイナーとして一番苦しいのは、数々の素晴らしいアイディアをすべて一度に盛り込むことができない、ということではないでしょうか。しかしながら、優先順位をつけなければなりません。重要なことは、クライアントが最も正しい機能を選ぶことです。そのために、デザイナーとしての手助けをしましょう。

 

 

4.統一性

UIを作成する上で最も重要なことは、統一感です。

全インターフェースを通して統一感を持つことは、ユーザーがあなたのアプリやサイトで悩まずにすむということです。スムースな体験を提供することが常にデザイナーとしてのゴールです。

 

 

5.意図を持ってデザインする

統一性を持ったデザインはユーザーにとって簡単であると同時に覚えてもらえない可能性があります。そのため時にユニークさを出しましょう。あなたのブランドが何を表しているのか、あなたが語りたいストーリーなどです。ただし、正しい瞬間を選ぶことが重要です。

 

 

最終的には、デザインでも人間と人間の繋がりが必須ファクターであることを忘れないでください。ブランドのために働き、ユーザーとつながる。これが重要です。

 

 

 

※本記事は、7 UX Principles by a Service Designerを翻訳・再構成したものです。

関連記事

おすすめ記事