デザイン

デザイン

インスピレーション源に最適!モバイルアプリ、4つの魅力的なオンボーディングフロー

190 views

ユーザーは2つの種類に分けることができます。ユーザーインターフェイスは説明的である必要がないと考えるユーザーと、それを複雑にするべきではないけれど、新しいユーザーにとっては何かしらのヒントがないといけないであろうと考えているユーザーです。

 

どうでしょう?私は後者のタイプです。そして、正しいモバイルアプリのオンボーディングがあなたのアプリをアンインストールや他の厄介なものから救うことができると信じています。

 

この記事では、実際に気に入っているモバイルアプリユーザーのオンボーディングフローをご紹介します。

 

 

1.Tinder

非常に特徴的なUX機能である「スワイプ」は、このデートアプリの中核をなすものです。表示された人物が好きであれば「Like」を意味する右にスワイプして、気に入らなければ「dislike」と左にスワイプするだけです。1組のユーザーが互いに右、「Like」にスワイプすると、カップリングが成功します。これにより、チャットを開始できます。

 

Tinderのオンボーディングフローは、標準的な4画面チュートリアルから始まります。このチュートリアルでは、左右にスワイプするだけで簡単にマッチングできることが示されます。同時に、いかにシンプルに「出会える」のかが示されます。 Tinderのオンボーディングについての最も重要な点は、Facebookや電話番号でログインすることでいつでもスキップできることです。

 

 

2.6 Minute Cellulite Buster

健康とフィットネスのアプリは最近増加しています。もちろん、それらのすべてが完璧なオンボーディングフローを持っているわけではありませんが、こちらのアプリ、”6 Minute Cellulite Buster”はかなり良いです。

 

私がこのアプリのオンボーディングについて魅力的であると思っている点は、そのシンプルさとスタイリッシュさにあります。アプリの内部についてはわかりませんが、オンボーディングのシンプルさではかなり印象的です。フラットなデザインは、オンボードの流れの全体にわたって使用され、運動すること、健康的なものを食べることがどれほど重要かについての簡単なメモが付いています。このデザインは、6つのスクリーンすべてが同じスタイルを持っており、一貫していて魅力的です。しかし欠点は、オンボーディングをスキップできないことです。サインアップ画面が表示されるまで、6つの画面をすべてスワイプする必要があります。それでも、かなりクールなオンボード体験と言えるでしょう。

 

 

3.Buffer

Bufferは、主にデジタルマーケティングとSMMの人々のためのツールです。彼らはそれを使ってソーシャルメディアの投稿をスケジュールし、公開することができます。

 

Bufferと他のツールの大きな違いは、まず彼らが使用する言語です。非常に軽快でくだけた、カジュアルな表現をうまく取り入れています。

 

Bufferのモバイルオンボーディングは簡単で分かりやすくなっています。また、登録やログインだけでオンボーディングをスキップすることもできます。

 

標準の「サインアップ」や「ログイン」の代わりに、「私はBufferの新入りです」や「私はすでにアカウントを持っています」というフレーズを使っています。そして、多くの一般的なアプリが、ボタン上に多くのテキストやCTAを置かないようにします。しかし、これはBufferでは当てはまりません。うまくデザインされています。

 

 

4.LinkedIn

最後に、LinkedInユーザーのオンボーディングは面白くてプロフェッショナルな感じがします。LinkedInは、スクリーンショットのようなイメージをイラストと組み合わせ、スタイルはかなり一貫しています。いつでも、「今すぐ参加する」を押すか、アカウントを持っている場合は「サインイン」することでサインアップすることができます。「今すぐ参加する」ボタンは、LinkedIn初心者が簡単にサインアップできるようにするために、さらに優れています。

 

私がLinkedInモバイルのオンボーディングについて気に入っているもう一つのことは、テキストが非常に少ないということです。そのトリックは、他のアプリと違って、ここのスクリーンショットイメージは素敵なイラストとしてだけでなく、説明の補足としても使用されているということです。

 

 

 

 

※本記事は4 Mobile App Onboarding Flows I am in Love Withを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ