デザイン

デザイン

UXデザイナーの生産性を高める!7つのハック【効率的に仕事をこなすコツを紹介】

929 views

読了時間 : 約1分47秒

サクサク仕事をこなしたいと、誰もが思うでしょう。しかしUXデザイナーの多くは、1日中コーヒーを体に流し込み、終わりのない仕事のリストと格闘しています。そうした仕事に追われるUXデザイナーのために、効率的に仕事をこなすためのハックを7つ用意しました。少しの工夫で、大きな変化が得られますよ。

 

 

  1. 1.UXのTo-Doリストを作る

なかなか仕事が進まない時には、To-Doリストを作ってやるべきことを整理しましょう。人間はリストを作ることで、達成感を得ようと仕事に取り組みたくなるのです。

 

 

  1. 2.現実的なゴールを設定する

ゴール設定は詳細に行い、そこにたどり着く方法が把握できるように段階ごとに分割しましょう。大きな目標を掲げるのもいいのですが、正しく取り組まないと圧倒されてしまい、先に進めません。

 

 

  1. 3.ユーザーペルソナを作る

問題に取り組むとき、まるで暗闇を歩いているかのような感覚になります。手がかりがなく、どうすればいいのかが全くわからないことがあります。ペルソナを作ることで、ユーザーのニーズやゴールについて手がかりが得られ、先に進めるようになるでしょう。

 

 

  1. 4.アイデアのプロトタイプを作る

動作するワイヤフレームを作るのは、かなり大掛かりな仕事に思えます。しかし現在は素材を組み合わせて簡単にワイヤフレームが作れるツールが登場しています。こうしたツールを使わない手はありません。

 

 

  1. 5.外に出る

UXデザイナーは締切に追われ、机にかじりついている時間が長いです。真面目に仕事をするのは素晴らしいことですが、オフィスの中に閉じこもる必要はありません。研究によれば、自然の中を散歩することで短期記憶力が20%向上し、問題解決能力は50%も高まります。休憩の際には、外に出て歩いてみましょう。

 

 

  1. 6.時間管理を学ぶ

貴重な時間を無駄にしていませんか?時間管理能力は生産性に影響します。明確なゴールを設定し、全体の仕事を段階ごとに整理し、進捗を注意深く確認しましょう。この繰り返しで時間管理能力が身につきます。

 

 

  1. 7.ユーザーテストの利点を学ぶ

実際のユーザーが製品をどう使うのかを知れば、優れた製品づくりに役立ちます。ユーザーテストで製品の問題点を早い段階で発見し、改善に移りましょう。テスト用ツールを使えば、初期段階から完成度の高いデザインを作れます。

 

 

 

まとめ

仕事のスタイルは人によってさまざまです。時間をかけてじっくり取り組みたい人もいれば、短時間で効率的にこなしたいという人もいます。あなたがどちらのタイプであっても、今回紹介したハックが仕事の流れをスムーズにしてくれるでしょう。

 

 

 

※本記事は7 productivity hacks for UX designersを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ