デザイン

デザイン

UXアイデアを思いつくためのアイデア思考法8選【アイデア出しで苦労したすべての人に】

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、8 UX ideation techniques to try out
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

354 views

読了時間 : 約5分40秒

考えてみてください。あなたの思考プロセスが有用なデザインアイデアを生み出すことに、どれだけ効果的でしょうか?

 

多くの優良なチームが「平均的」な製品をデザインしています。彼らは素晴らしいアイデアを見逃しているからです。「アイディエーション」とは、アイデアに命を吹き込み、問題に対する最良の解決方法を決定するプロセスです。

 

しかし、アイディエーションの重要性にもかかわらず、優秀なUXアイディエーションをデザインプロセスに実装することは必ずしも容易ではありません。時間の不足、経営支援、ユーザーの知識、グループのダイナミックスに関する問題は、チームが不平を持つ最も一般的な課題の一部です

 

そういったことはここで終わりにしましょう。この記事では、すぐに実行できる8つのUXのアイディエーションテクニックをご紹介します。これらは、アイデアのプロセスをすぐに強化するのに役立ちます。

 

 

UXのアイディエーションテクニック#1:挑発

挑発には、根本的で非現実的なアイデアを考え、一般的ではない方法で思考し、潜在的なデザインソリューションを探究することに関連します。このUXのアイディエーションテクニックでは、参加者は新しい状況に対して極端の視点で考えることが奨励されます。

 

Interaction Design Foundationが主張するように、創造性は、抽象的で見えない目的地への旅の過程で、そこからの刺激で生まれるものです。多くの場合、目的地に到着するために複数の経路を探索します。挑発は、これらの思考パターンに非従来性を注入し、新しいアイデアが出現する可能性を高めます。

 

挑発は水平思考であり、問題解決への間接的なアプローチです。ThoughtEggによる次の例を見てください。

 

問題:わずか数百マイル後に車はガソリン切れになります。

 

「挑発」思考法で考えられること

  • 後ろにガソリンスタンドを引く車を発明する
  • 空気で走る車を発明する
  • 車の目的地すべてを近くに作る

 

 

UXアイディエーションテクニック#2:前提条件を再考する

前提条件に挑戦することは、すべてのクリエイティブチームが製品開発を通じて果たすべき重要な作業です。

 

このUXのアイディエーションは、参加者がアイデアプロセスから一歩踏み出し、作成しようとしている製品についての質問を開始するよう強制します。通常、このタスクは、より革新的なアイデアを生成するために使用されます。

 

前提条件を再考することは、Fast Fedoraによると以下の技術を要します。

  • ・前提条件の単語の再定義
  • ・修飾語句(文と仮定を “never”や “always”のような過大な一般化に変換する単語)を調べる
  • ・再定義された仮定を確実にするために、その反対を考えてみる
  • ・相互検証する

 

 

UXアイディエーションテクニック#3:プロトタイプ

プロトタイプ作成はUXアイディエーションテクニックでもあることをご存知ですか?

プロトタイプを作成するときは、デザインプロセスの最終段階に進む前で基本的にスケッチ/アイデアを作成しています。

 

あなたのアイディエーションテクニックにプロトタイプを含めることの素晴らしい点は、物事を視覚的に保つことを習慣づけることです。あなたのチームがあなたのアイデアを想像することができたら、建設的な批判をするのがずっと簡単になります。

 

また、プロトタイプは基本的なものでも詳細なものでも構いません。あなたのUXアイディエーションフェーズの始まりであれば、素早く低忠実度のワイヤーフレームをペンと紙でスケッチすることができます。

 

より詳細なディテール、機能のデザインや働きを定義する場合は、Justinmindのようなツールを使用して高精度のプロトタイプをデザインすることができます。

 

 

UXアイディエーションテクニック#4:ストーリーボード

ストーリーボードは、問題に関連するビジュアルストーリーを開発する非線形ブレインストーミング技法です。それは参加者が問題を深く探究し、物語を生き生きとさせることで潜在的な解決策を生み出すのに役立ちます。

 

あなたのチームのUXアイディエーションテクニックとしてストーリーボードを導入するには、ペン、紙、および付箋が必要です。参加者がブレーンストーミングすると、各アイデアはカードまたは付箋に書き込まれ、壁や他の所定の場所にランダムに投稿されます。ブレーンストーミングが完了したら、参加者はセッションの特定の目標に基づいてアイテムの順序を開始することができます。

 

アイテムを移動して情報を分類、順序付け、同時に見る機能を必要とするプロジェクトには、ストーリーボードが役立ちます。

 

 

UXアイディエーションテクニック#5:ブレインストーミング

ブレーンストーミングは、普段の問題解決と水平思考の組み合わせです。この技術は、参加者が一風変わったアイデアを思いつくことを可能にします。これらの考えやアイデアのいくつかは、問題に対するかなり独創的かつ創造的な解決策ですが、多くののアイデアを発するのに役立ちます。

 

アイデアのブレーンストーミングを行うには、まず解決したい問題をレイアウトし、可能な解決策の目的を特定します。次に、すべての人を共有する前に、個別にソリューションを生成してみてください。MindToolsでは、参加者は他人の意見に対して、批判も褒めることもしてはならないと言います。これはアイデアの生成を妨げないためです。

 

 

UXアイディエーションテクニック#6:ブレインライティング

ブレーンライティングはブレーンストーミングの代替アプローチです。簡単に言えば、参加者にアイデアを尋ねる代わりに、アイデアを書き留めてもらうように求めます。次に、各参加者のアイデアは、別の参加者に渡され、参加者はそれを読み、新しいアイデアを追加します。

 

このUXのテクニックの背後にあるアイデアは、ブレーンストーミングに伴う不安と圧力を軽減することです。より緊張感が少なく、アイデアはより自由に流れることができます。

 

Smashing Magazineによると、次のようなときにブレーンライティングを行うと良いでしょう。

  • ・グループに、威圧されがちな物静かな人がいる
  • ・時間が限られており、アイデアが素早くほしい
  • ・経験豊富なモデレーターがいない

 

しかし、オープンな議論と明確化が必要な複雑な問題に取り組む際には、ブレーンライティングは避けてください。

 

 

UXアイディエーションテクニック#7:いざというときのアイデア

「いざというときのアイデア」というのは、チームに独創的な風を吹かせるのに最適な方法です。その名の通り、参加者は問題の解決策について考えられる最悪のアイデアを考え出すように求められます。

 

参加者に悪いアイデアのリストをまとめて作成するようにお願いすることから始めます。そこから、本質的にセッションが活発になるでしょう。ここでの勝者は、最も最悪でばかげた、想像を絶するアイデアを思いついた参加者です。

 

このUXアイディエーションテクニックの主な目的の1つは、不安と緊張を和らげることです。IDFが示唆しているように、「それじゃあまだ最悪じゃない」という言い方は、反対のものよりもはるかに言いやすいです。

 

最悪のアイデアを考えることで、最高のものにたどり着くなんて、考えたこともなかったでしょう。

 

 

UXのアイディエーションテクニック#8:ゲームストーミング

ゲームストーミングは、参加者が障壁を打破し、争いを克服し、コミュニケーションスキルを向上させ、新しいアイデアや戦略を生み出すのに役立つ一連の象徴的な方法です。ゲームストーミングの例としては、6-8-5スケッチ、Fishbowl、Cover Storyなどがあります。

 

ゲーミングプロセスはUXの考え方にとどまらず、ユーザーが進捗を生んでいるように感じるのを助けるために、ゲーミフィケーションなどはデザインプロセスのすべての領域に広がっています。

 

このテクニックを始めるには、いくつかの色付きのマーカー、紙とポストイット、そしてDave Gray、Sunni Brown、James Macanufoによるイノベーターのためのゲームストーミングに関する本を用意しましょう。

 

 

8 つのUXのアイディエーションテクニックを試してみる

新しいアイデアは刺激的です。しかし、強力なUXのアイディエーションテクニックがなければ、その素晴らしいアイデアを逃してしまう危険性があります。

 

どのテクニックを選ぶべきでしょうか?すべての状況に適合するものはありません。それぞれ試してみましょう。

 

上に挙げたUXのアイディエーションテクニックを使いこなし、チームと製品に最適なものをテストすることができます。最適なUXのアイディエーションテクニックは、デザインプロセスの効率を高め、無駄な時間とリソースを節約できます。

 

 

 

※本記事は8 UX ideation techniques to try outを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ