デザイン

デザイン

AI技術を利用してアクセシビリティを改善する【Microsoft、Uber、Twitterの試みを紹介】

347 views

読了時間 : 約2分35秒

AIを家庭に普及させたAlexaとGoogleに感謝する

ここ数年、デザインによるデジタル化は、既存の市場や新興市場のほとんどすべてに影響を与えました。 AlexaとGoogle Homeは、家庭内でのAIに対するわれわれの認識を変えました。AIの進歩は驚くべきものです – iPhone Xは、Face IDなど、これらの進歩の主力製品でしょう。

 

コンピュータは賢くなってきており、私たちをどのように認識するのかは、より高度になってきています。コンピュータはテキストと音声を理解することはできましたが、今日においてはより鮮明な「目」とよりスマートな「脳」がコンピュータを人間的なものにしているので、イメージ、感情、さまざまなシナリオを理解し始めています。

 

この技術から生まれたデザイナーのための機会は膨大です。彼らは、この強力な新しいデータソースを活用して、価値を付加し、ユーザーにとって本当に魅力的な新しいデジタルサービスを創造することから利益を得ることができます。

 

しかし、まだ1つの質問が残っています。

視覚障害や聴覚障害を持つ人々に対して、この技術をどのようにより使いやすくすることができるのでしょうか?

 

ブランドがどのようにその経験にアクセシビリティをデザインしているか、例をいくつかご紹介します。

 

 

1)マイクロソフト

 

マイクロソフトのSeeing AIプロジェクトはAIの先進的な使用例でしょう。視覚障害者のために設計されたSeeing AIは、視覚障害者に視覚の世界を広げるためにAI技術の力を活用することを目指しています。

 

一例として、このプロジェクトは目立っていますが、私は皆がこのように野心的なプロジェクトを試してみることを提案していません。視覚障害者が物理的なデザインを解釈するための既に確立された方法がありますが、デジタルに関しては注意深く移行する必要があります。

 

より多くの「ユーザーフレンドリー」になるようにUIを単純に変えたいと思っているように感じますが、AI技術はこれ以上のものになる可能性があります。マイクロソフトは、デジタルを感覚体験の実現手段として使用することでそれを示しています。

 

 

2)Uber

アクセシブルになるようにサービスを設計するためには、視覚的にキャプチャできる情報をより多く生成する新しい世代のサービスを想像し始めなければなりません。

 

Uberはこれをやっています。

 

彼らは、聴覚に障害を持つユーザーを考慮してきました。彼らの多くは、ライダーとのコミュニケーションや声での道案内への対応、電話を受け付けたりすることが難しいと感じていました。

 

Uberは、記述された道案内や、フラッシュプロンプト、および通知を提供することで、この問題を解決しました。これらはすべてAI技術によるものでした。

 

これらはUberがサービスをより使いやすくするために行った簡単な変更ですが、ユーザーがそのサービスとやりとりする方法に非常に強い影響を与えます。聴覚障害を持つ人々には、ポジティブな影響を与えたでしょう。

 

 

3)Twitter

私はソーシャルメディアでアクセシビリティに対応しようとしている例にあまり出くわしたことはありません。Twitterは稀有な例でしょう。写真を言葉で記述できるようにすることで、多くの視覚障害者もフィードを最大限に活用して投稿をより楽しめるようにしました。

 

 

 

アクセシビリティのための設計

アクセシブルな体験を設計するための他の多くの例があると確信していますが、これらの3つの例は、組織がAIテクノロジを活用してより使いやすくアクセスしやすいようにする方法を幅広く提供しています。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

※本記事はAccessible UX by designを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ