デザイン

デザイン

【デザインを魅力的にする!】5つのステップで「ストーリーテリング」をマスターしよう

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、How to use storytelling in your design process
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

257 views

読了時間 : 約5分22秒

子供の頃を思い出してください。毎晩寝る前に話してもらうベッドタイムストーリーを楽しみにしていませんでしたか? 私たちが物語を愛するというのは人間の本質なのです。

 

我々は種として、物語に耽っています。体が眠っても、心が徹夜して話をしているのです。 – John Gottschall

 

実際には、それは科学的背景を持ちます。私たちが良い物語、共感できる物語を聞くと、オキシトシンと呼ばれるホルモンが増加する傾向があります。オキシトシンは、信頼、思いやり、共感のような良い気持ちを高めます。それは、私たちが他人と働き、社会的行動に影響を与えるよう動機づけます。あなたの製品デザインにストーリーテリングを盛り込むと、ユーザーはあなたの製品を愛し、製品の話を広めるでしょう。では、アプリやウェブサイトのデザインに、どのようにストーリーを組み込むことができるのでしょうか?ご紹介していきましょう。

 

 

ステップ1:ユーザーの生活に共鳴する製品を作成する

まず、ターゲットユーザーが誰であるかを知る必要があります。これは市場調査とユーザー調査を行うことで可能になります。十分なデータがある場合、様々なユーザー・ペルソナを作成できます。ユーザーペルソナは、あなたの製品を使用する架空の人物です。各ユーザーペルソナは、同じ特性を共有するユーザーのグループを表します。以下の例を見てみましょう。

 

・ペルソナ1:ジェシカ

1.ジェシカは30歳です。2歳の息子と一緒に働いている忙しいお母さんです。

2.彼女はフルタイムで働き、買い物の時間がありません。ショッピングのほとんどをオンラインで行います。

3.彼女は料理が好きで、健康的な食生活を好みます。

 

あなたがオンラインスーパーマーケットのためのアプリをデザインすることを任されている場合、どうアプリをデザインすれば彼女に素晴らしいユーザーエクスペリエンスを与えられるでしょうか?

 

以下は私が思いついたいくつかの機能です。

 

1.彼女は働く母親で忙しいので、買い物リスト候補を提案すれば便利でしょう。買い物リストはショッピング履歴に基づいて作成します。

2.ジェシカには家族がいて、ほとんどの家族には毎月の予算があります。彼女が毎月食料、家庭用品、ベビー用品などにどれくらいのお金を費やしているかを知ることは有益でしょう。

3.彼女は料理好きです。30分で作れるレシピや健康的な家族向け夕食のレシピなどは、アプリに最適でしょう。

4.彼女は忙しいので、毎月請求書を受け取って1か月に1回だけ食事の代金を支払うことができれば、便利でしょう。

 

あなたがジェシカで、このアプリをオンラインで見つけたなら、即座に「このアプリは日々をより豊かにする!」と思うでしょうか?

 

ユーザーペルソナを作成するときは、その完全なプロフィールを忘れないようにしてください。完全なプロフィールとは、例えば以下のようなものです。

  • ・職業
  • ・年齢
  • ・性別
  • ・所得
  • ・教育
  • ・配偶者の有無
  • ・目標(製品がどのように役立つか)
  • ・苦労しているポイント
  • ・考えられる反論

 

ユーザーのペルソナを作成することは、ストーリーを書くこととまったく同じです。ユーザーを知る必要があります。彼らが製品とブランドと共鳴できるように、ユーザーにストーリを語る必要があります。

 

 

ステップ2:プロット、起承転結を使用してストーリーをより魅力的にする

すべてのストーリーにはプロット、起承転結が必要です。あなたの製品もそうです。どのようにしてユーザーがそれに固執するように製品を作成するのが良いのでしょうか?

 

プロットは、製品を使用する際にユーザーがどのように経験するかを示す旅であり、起承転結はユーザーが直面している課題を解決する過程です。製品がソリューションであることを示すのです。オンラインのスーパーマーケットアプリの例に戻ってみましょう。

 

ジェシカは長い仕事の一日の後に、テレビでオンラインスーパーマーケットアプリを初めて知ります。彼女は疲れていて、冷蔵庫に夕食になるものが何もなかったことに気付きました。彼女は出前を頼み、食べ物を待っている間、アプリをダウンロードしました。以下は、アプリを試してみるときの彼女の旅です。

 

1.アプリを使い始める前に、プロフィールを設定するための簡単なアンケートがありました。アンケートには、家族の数、調理スタイルなどの簡単な質問が含まれています。

2.その後、彼女はオンラインショッピングを始めることができます。提案された製品を含むタブと、提案されたレシピを備えた別のタブがあります。彼女はショッピングカートに食材を入れることができました。

3.おむつのように頻繁に使用される製品では、定期購入するオプションが提供され、それらを切らしてしまうことを心配する必要はありませんでした。

4.彼女が支払いをしたとき、クレジットカードまたは毎月の請求書で支払う選択肢が提供されました。

 

支払い後…彼女の食事が到着しました。完璧なタイミングです!

 

上記の例では、ジェシカの課題は冷蔵庫に食べ物がないことです。彼女のショッピングフローはプロットです。プロフィール設定>カートに商品を追加>支払いというものです。アプリのちょっとした工夫は、簡単なアンケート、提案された製品とレシピ、定期購入オプションなど、あなたがフローに追加した少し余分なものです。これらはユーザーを喜ばせ、生活を楽にします。製品をデザインするときは、全体的な流れを考えてください。滑らかで摩擦がありませんか?途中でユーザーを喜ばせるために何か特別なものを追加できていますか?

 

 

ステップ3:良いストーリーには、少なくとも1人の主人公とサポーター役が必要

キャラクターなしでストーリーが成立しうるでしょうか?製品がメインキャラクターだと思うなら、それは間違っています。あなたが語るストーリーを辿るユーザーが主人公であるべきです。あなたの製品はサポートの役割を果たし、主人公の人生をより良いものに変えるのに役立ちます。どのような話でも、これらの2つの役割は共存しています。主人公がなければ、ストーリーはその焦点を失います。サポートする役割がなければ、主人公は輝きません。あなたの製品のように、ユーザーがいなければ、デザインするときの方向性が定まりません。そして、あなたの製品がなければ、ユーザーの人生はつまらないものになるのです。

 

 

ステップ4:ストーリーテリングをサポートする素晴らしい設定を作成する

ストーリーの設定には、時間と場所という2つの主要な要素があります。デザインプロセスでは、ユーザーがいつどこで製品を必要としているかを理解する必要があります。オンラインスーパーマーケットアプリの例では、Jジェシカは忙しい働くお母さんであり、何かを待っている間や移動中などに買い物をしたいと思う可能性が高いです。ショッピングアイテムのリストは、時間を節約し、さらに毎月の請求書方式により、例えばバス乗車中での買い物が容易になります。

 

 

ステップ5:最後に、ストーリーの美的要素を忘れない

書店に行くときに、購入しようとしている本をすでに決定していなければ、魅力的な表紙、素敵なタイトル、そしておそらく紙の感触で購入するものを決めるでしょう。色、フォント、レイアウトなどの小さなものの影響を過小評価しないでください。これらの3つの要素の組み合わせは、製品の第一印象を作り出し、ストーリーテリングとデザインを強化します。

 

作成したユーザーペルソナに基づいて、これらの3つの要素をデザインすることができます。たとえば、ユーザーペルソナがスタイリッシュなファッションバイヤーである場合、このユーザーグループはニュースサイトのような見た目のアプリには惹かれないでしょう。

 

 

 

結論

説得力のあるストーリーは、人々があなたに出会う方法を形作ります。あなたに対する認識は、人々があなたの素晴らしいコンテンツを読むか、ブログ投稿にコメントするか、ブログやソーシャルメディアチャンネルに紹介するか、あなたを雇うか、あなたから購入するかを決定します。 – Neil Patel

 

ストーリーテリングはビジネスに多くの利点をもたらします。エンゲージメントを強化し、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、ユーザーをブランドのファンにすることができます。デザインに関しては、ユーザーに語りかけ、ユーザーの生活を楽にしてくれるものを作成するのに役立ちます。優れたデザインの真の美しさは外にはなく、あなたの製品が提供するソリューションの内にあります。

 

 

 

※本記事はHow to use storytelling in your design processを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ