デザイン

デザイン

【無視することは不可能!】UXデザインにおける「音声」出現のインパクトと、これからの展望

UX BOOTH

The UX Booth is a publication by and for the user experience community.

本記事は、The Impact of Voice in UX Design: And what to do about it
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

431 views

読了時間 : 約5分11秒

消費者にとって、音声UXの継続的な成長は間違いなく歓迎すべきことです。これは、技術を統合したプラットフォームとデバイスの普及と、音声を使用することに慣れ親しんでいる人の増加の証拠です。しかし、Webとアプリケーションのデザイナーにとって音声対話はおそらく、タッチスクリーン時代の幕開け以来のUX最大の課題です。

 

 

音声101

今では、Siri、Cortana、Bixby、Alexaのようなボイスアシスタントの奇妙な名前を聞き慣れています。これは、ここ数年で新しいレベルの音声UIが実現したことの証です。

この技術は、ますます高度化し、デジタルエコシステムに浸透しています。

 

 

音声UIとは何ですか?

ボイスユーザーインターフェイス(VUI)は、本質的に、ユーザーはデバイスとその機能に話しかけ、デバイスがユーザーのコマンドを理解して行動する能力です。

午前5時にアラームを鳴らしてAlexaにアマゾンプライムで自分の好きな番組を再生するように要求するのに、入力するのではなく音声コマンドを使用する行為は、ユーザーにとってますます自然になっています。

 

 

音声の上昇

音声の上昇は、主にAIの進化とクラウドコンピューティングの能力によるものです。機械学習と自然言語処理の飛躍によって、個々のユーザーの発言傾向を記録しながら、より正確かつリアルタイムで人間の発話を解釈する能力を備えています。

 

消費者技術協会のShawn DuBravac氏によると、世界では過去30年と比較して、過去30カ月間でVUIはより進歩しており、最終的には従来のグラフィカルユーザーインターフェイスに代わって音声コンピューティングが進むだろうとのことです。

 

 

Webデザインにおける音声の影響

VUIの過去数年間での大きな飛躍にもかかわらず、現実は技術がまだ初期段階にあります。このように、メインストリームの使用に向かう途上で、この音声の革命が人々のデバイスとのやりとりにおける全体的なパラダイムシフトにつながるかどうかはまだ不確実です。

 

しかしその間に明らかになったのは、マルチモーダルインターフェースへの移行です。音声のみのインターフェイス(Amazon EchoやGoogle Homeなど)と比べて、マルチモーダルは画面上に情報を表示するという利点があります。これは、より摩擦のないインタラクションに向けたUXデザインの次のステップです。

 

ウェブデザイナーにとって、これは3つの重要な側面を実現することを意味します。

 

 

言葉の重要性

言葉は再び問題になります。

 

近年、ユーザの注意を引くために、ウェブデザインはますますビジュアルに依存してきています。しかし、Webデザインにおける音声の不可避な統合により、デザイナーは、言語に関して、再び細部まで注意を払う必要が出てきました。

 

とりわけ、音声UXに基づくサイトのナビゲーションと情報アーキテクチャの再考が含まれます。

 

例えば、ECサイトにおいて以前購入したものを再度オーダーすることを望むユーザーは、タブをクリックすることなどによって行われるプロセスと同様のプロセスを経ることは期待できません。「この前購入した商品を買う」と言った場合、ウェブデザイナーはそのようなことをする言語をプログラムできるはずです。

 

理想的には、ある種の標準化されたコマンドフレーズとキーワードがありますが、ユーザーがコマンドを細かくそのままに覚えておくことを期待すると、VUIの目的はすべて失われます。

さらにサイトでは、実際に使用されているのと同じように、使用されたコンテキストに応じて異なる意味を持つ可能性のある単語を理解できる必要があります。

 

 

ユーザーの意図と文脈の理解

ウェブデザインでの音声の使用はマルチモーダルなインターフェースであるにもかかわらず、ビジュアルと音声インターフェース間のコマンドの一貫した解釈は、Web UXデザインの重要な側面です。

 

デザイナーができることの1つは、ユーザーの以前の行動に基づいて予測的な対話を考え出すことです。これは基本的に会話のさまざまな時点でのユーザーの意図を予期します。

 

たとえば、ユーザーがホテルのウェブサイトにアクセスしてすぐにギャラリーに行くように尋ねると、そのサイトは現在、画面上にあるルーム写真を予約したいかどうかを尋ねることができます。また、シカゴのAirbnbの空室状況を確認するように頼んだ人は、好ましい日付をすぐに聞くことができます。

 

しかし、これは必ずしも単純ではありません。そのため、デザイナーは適切な質問を適切なタイミングでユーザーに促して、ユーザーからの適切な応答を引き出すことができ、最終的に音声サイトのナビゲーションをシームレスに行うことが重要です。

 

 

エンゲージメントとパーソナライゼーション

VUIの使用を可能にするデジタル・エコシステムの開発にもかかわらず、ボイス・インタラクションの新規性は一部のユーザーにとって煩わしいものである可能性が残っています。これは、Webデザイナーがユーザーエンゲージメントを維持するための課題と機会の両方を提示します。実際、人間の脳の一部は、人々が何かを渇望するときに働きます。これは、予測不可能性によって非常に刺激されるのと同じ部分です。

 

そのため、ユーザーは慣れ親しんだサイトを音声UXで無意識のうちにナビゲートするのではなく、継続的にユーザーに関わる多様性を導入することができます。たとえば、エラーメッセージは、あまり煩わしくないものにリデザインできるかもしれません。

 

さらに、十分なデータがユーザから収集されると、デザイナーは例えば、特定のユーザの発話および好みの方法に基づいて、パーソナライズされた音声UXを提供することもできるかもしれません。

 

また、パーソナライゼーションは両方向に進むことができます。ブランディングは、プロフェッショナルで強力なツールであり、デザイナーはその経験全体を統合できます。

 

 

その他の課題

○正確さ

音声起動システムは、Siriが最初に使用されてから長い道のりを歩んでいます(いくつかの調査は音声アシスタントが現在90%以上正確であることを示唆しています)。しかし、正しく音声入力を理解することは、依然として完璧に正確な結果につながるとは限りません。

 

Social Media Todayが指摘しているように、「医者が必要です」のような日常的なクエリは、近隣の医師のリストまたは医師のWikipediaにつながる可能性があります。しかし、予想よりも複雑なクエリは、時折、まったく機能しません。

 

もちろん、Web上の音声UXに伴うマルチモーダルインタフェースは、混乱の一部を取り除くという利点があります。しかし、それは音声UXがユーザーとの摩擦を生んだ際に、ユーザーを手放してしまうことを防ぐわけではありません。

 

○言語サポート

現在の開発段階では、人気のあるクラウド音声サービスが非常に限られた数の言語のみをサポートしています。UXの音声革命が引き続き進めば、世界中のシームレスな音声UXを提供するという野望のもと、デザイナーがこれに対応する必要があります。

 

 

まとめ

少なくとも現時点では、VUIは摩擦のないインタラクションに移行する段階にあるように見えます。これは開発されている新技術により、さらに実現性を増していくでしょう。

しかし、実際には、VUIの境界が開発者とユーザーのどちらによって押し上げられるかは不明です。その新規性は消えるでしょうか?それ以前にテクノロジーを十分に改善することはできるでしょうか?

 

この有望な技術を取り巻く疑問は残っていますが、それはデザイナーがリラックスして段階が進むのを待っていて良いという訳ではありません。

 

誰もが今行動に入るべきとは限りませんが、デザイナーは音声UXの発展に細心の注意を払う必要があります。 UXは常に現実世界と同様のインタラクションを可能にするようにデザインされており、声はそれを現実のものにする可能性があります。

 

 

 

※本記事はThe Impact of Voice in UX Design: And what to do about itを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ