デザイン

デザイン

【流行のフィンテックアプリをデザインする】ユーザーの「習慣」がUXのカギ!

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、Tips for Designing for Habits in Fintech Apps
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

585 views

読了時間 : 約2分11秒

金融サービスの分野は、英国のGDPの9.4%を占めています。金融サービスは130万人の従業員を抱える大きな雇用主でもあります。金融テクノロジーはこの急速に成長しているセクターの重要な部分であり、多数の新興FinTechの新興企業が金融アプリケーションの需要をマネタイズしようとしています。

 

フィンテックのスタートアップにとって、これはエキサイティングな時ですが、フィンテックのアプリケーションの多くは、その可能性をまだ実現しません。

 

多くの開発者が考慮に入れないものは、UXです。あなたのデザインアプローチがこのポイントを逃した場合、アプリがどれほど革新的か最先端であるかは問題ではありません。

 

UXまたはユーザーエクスペリエンスは、アプリケーションをデザインする際のもっとも重要な要素です。経験豊富なアプリのデベロッパーはこれを知っていますが、誰もがその意味を完全に理解するわけではありません。UXは、アプリの外観の美しさではなく、ユーザーがアプリにどのように関わっているかを示します。アプリは直感的で使いやすいものでなければなりませんが、これはだけではありません。開発者が認識すべきなのは、ユーザーの「習慣」がますます重要になっているということです。

 

 

○ユーザーの習慣とは?

あなたのお金や投資をどのように管理するか想像してみてください。あなたはいくつかの口座でお金を管理するか、または1つの口座にすべての貯蓄を保存するのか、どちらに慣れていますか?機能に合わせて、複数のアプリを使いたいのですか?

 

私たちは皆、自分の好みや習慣を持っています。そこに組み込まれるようなデザインを作ることが「習慣」になるうえで大切です。

 

 

○ターゲットユーザーとは?

アプリをデザインするときは、ターゲットユーザーの習慣を考慮に入れることが重要です。たとえば、ユーザーが銀行口座にアクセスするのを助けるアプリを開発しているとします。ユーザーに使用してもらうためには、簡単にする必要があります。アカウント間でのお金の移動を可能にする使いやすいユーザーインターフェイスにより、ユーザーはより良い体験を得ることができます。

 

 

○ユーザーの行動

J. Foggの行動モデルは、ユーザの行動パターンを調べるものです。モチベーション、能力、トリガーを分析します。ユーザーはアプリを使う意欲が必要です。あなたは自分がしたいこと、言い換えれば問題を解決するためのアプリをデザインする必要があります。最後に、アプリは必要な動作をトリガーする必要があります。

 

フィンテックアプリで習慣をデザインするときは、あなたのユーザーを特定し、そのアプリがどのようにユーザーの問題を解決できるかを検討し、トリガーを使用してアプリの使用が習慣になるようにします。

 

 

○最も手に取りやすい製品を目指して

最後に、KISSを新しい流行語にしましょう。 KISS、つまり 「keep it simple stupid(それを馬鹿馬鹿しいくらいシンプルにする)」は、アプリ開発者のマントラでなければなりません。あなたのアプリが複雑すぎる場合、誰もそれを使用しません。

 

 

 

※本記事は、Tips for Designing for Habits in Fintech Appsを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ