デザイン

デザイン

【UXデザインのプロセス】満足度を上げるユーザー本位の開発 UXの考え方と最適なアプローチとは?

本記事は、User Experience Design Process
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

336 views

読了時間 : 約6分6秒

ユーザーエクスペリエンスとは?

ユーザーエクスペリエンスとは、製品の使用において提供される価値のことです。

 

「ユーザーエクスペリエンスデザイン(UXD or UED)とは、製品のユーザビリティ、アクセシビリティ、製品使用における楽しさの向上によってユーザーの満足度を高めるプロセスです。」–Wikipedia

 

顧客満足度に合わせたユーザーエクスペリエンスの強化は一人の人間やチームの責任ではなく、企業のビジョンに関わるものです。

 

なぜユーザーエクスペリエンスが問題なのか?

 

「デザインは単に見えるものや感じるもののことではない。デザインとは、作動の仕方である。」–Steve Jobs

 

優れたユーザーインターフェイスデザインとは、製品を強調して販売促進をするだけではなく、信頼度の構築において鍵になります。

 

優れた製品か、あるいは魅力的なユーザーエクスペリエンスなしに注目されるコンテンツは、ビジネスゴールを達成する組織の能力に影響する可能性があります。

 

ユーザーエクスペリエンスへのための最適なアプローチ

良質なユーザーエクスペリエンスデザインとは、いつも製品開発の一部としてなされます。

 

効率的な方法で目的を達成するための構造、コンテンツ、あるいはユーザーエクスペリエンスのための独特な組み合わせを構築することとは、ユーザーとのインタラクティブな関わりを持つことです。

 

「成功にとって最も重要なのは、デザインプロセスの中心にユーザーを位置付けることです」

 

こうしたアプローチによって、清潔でシンプル、直感的かつ柔軟、そして魅力的なデザインが可能になり、ユーザーにWOW エクスペリエンスを提供でき、競合相手と差異化できるというわけです。

 

ユーザーエクスペリエンスのデザインプロセス

ユーザーエクスペリエンスのデザインプロセスとは、デザインの継続的に改良ないし洗練するための反復的なものです。

 

こうしたプロセスでは、それぞれの段階でデザインを評価しながら、様々な段階を繰り返します。

 

段階毎に、製品を効率的で使いやすいものにするための役割を持った関係者が関与します。

 

デザインプロセスには以下の6つの段階があります。

以下に、各段階ごとに関与する関係者、なされる活動、成果物をまとめました。

 

1.理解(Understand)

デザインは問題を解決します。解決策を提供するためには、まず問題を理解する必要があります。

 

「デザインを始める前に、デザインチームに必要条件を明確に理解させてください。」

 

必要条件を分析するために、実際の環境下でユーザーを観察する一方で、コンテキストインタビューないし個別インタビューなどの、業界標準のユーザーリサーチを実施します。

 

顧客とのブレインストーミングを行いフィードバックを得るために製品の実物を提示してください。

 

ビジネスマネージャーは組織において顧客へ直接的に働きかけ、必要条件を引き出す役割を担います。デザインチームはビジネスマネージャーと緊密に働くことで、ユーザーのニーを理解できるでしょう。

 

「優れたデザイナーであるために、人々の思考と行動を、少しだけ深く観察する必要があります」–Paul Boag

 

関係者
・デザインチーム
・ビジネスマネージャー
・プロダクトマネージャー

 

活動
・ユーザー自身の環境で会見し、対話し、観察することで彼らを理解する
・ユーザーを理解し、明確化するための必要事項の分析
・ユーザーのペルソナとユースケースの明確化

 

成果物
・ユーザーペルソナ
・ユーザーストーリー
・ユースケース、ユーザーフロー

 

 ユーザーペルソナの作成

 

ユースケースないしユーザーフローの明確化

 

 

2.リサーチ(Research)

リサーチはユーザーエクスペリエンスのデザインのための基本的な重要段階です。

 

「ほんの数秒で描くことができますが、数秒で描く方法を学ぶのに34年かかりました。」– Paula Scher

 

デザインチームは、対象の機能がどのように用いられ方の研究のために、リサーチを行います。

 

プロダクトデザイナーのSherif AminはこれをUX競合分析と呼びました。彼はこの分析の3つの目的をリスト化しています。

 

「(1)市場競争の理解
(2)該当領域についての学習
(3)競合相手からインスピレーションないしアイディアを得る」

 

最新のUIのトレンド、デザイン原理、そして自らの持つユーザーエクスペリエンスについての指針に注意を向けていてください。

 

リサーチを行なっている間に、可能なレイアウトないしオプションについて考え始めてください。

 

関係者
・デザインチーム

 

活動
・競合相手のアプローチの研究
・世界に存在する類似機能の調査
・最新のUI /UXのトレンド、デザイン原則、規則の分析
・自分自身のUXに関する指針への注目

 

成果物
・ 実際にデザインを組み立てるためのアイディアと素材の集まり

 

必要な機能に関連したアイディアの収集

 

3.スケッチ(Sketch)

この段階では、要求するUIの明確化に関連します。デザインチームはこの活動を、先の2段階に基づいて行います。

 

関係者とアイディアを共有するために、ペーパースケッチ、ホワイトボードフロー 、そしてワイヤーフレームを描きます。

 

この段階自体が、インタラクティブなプロセスです。

 

「デザインとは単なる制作と使用の始まりではありません。描き、設計し、再度描き、設計しなおすことによって、比類ない経験を作り出すことです。」

 

ワイヤーフレームのテストと評価はこの段階の一部です。デザインチームは初めのモックアップを組み立て、関係者と意見を共有します。

 

プロセスを通して、ゴールを意識しておくことが重要です。つまり、ユーザーが満足を得られる使いやすいデザインを制作しているのだということを、頭に入れておいてください。

 

関係者
・デザインチーム
・プロダクトマネージャー
・技術者

 

活動
・アイディアの案出と基本的なスケッチへの取り組み
・技術的な視点からのフィードバックを得ることを目的とした関係者とのブレインストーミング
・スケッチの修正と関係者との再テストの実施

 

成果物
・スケッチ
・ワイヤーフレーム、モックアップ
・ユーザーフロー


ワイヤーフレームの作成

 

4.デザイン(Design)

この時点でレイアウトとフローに必要なインターフェイスは完成しています。そして次の段階は、最終的なグラフィックの作成です。

 

最初のモックアップとワイヤーフレームを、テーマとスタイルに適した見栄えのイメージへ変更します。
開発チームのためのデザインの詳細(原則、ガイドライン、色、タイポグラフィー、イコノグラフィー)の準備と共有もまた、このステージの一部です。

 

関係者
・デザインチーム
・プロダクトマネージャー
・ビジネスマネージャー
・技術者

 

活動
・UIイメージのデザイン
・実装に必要な最終テーマ、スペック、そしてガイドラインの明確化
・スクリーンに表示するアイコンのデザイン
・関係者のビジネスないし技術的視点からフィードバックを得るためのセッション

 

成果物
・デザインイメージ
・色、テーマ、スタイル、ガイドラインなどの詳細なデザインスペック
・アイコン


テーマとスタイルにしたがったデザインイメージ–Windows 8 Box app

 

5.実装(Implement)

技術者たちはプロセスの早い段階から参加しているので、デザインのフェーズが進行している間に実装を開始することができます。

 

開発チームはデザインの成果を受け取ったら、まずバックエンドの機能を組み立て、UIに接続します。

 

開発フェーズを助けるためのこのステップに、デザインチームが参加した方が良いです。実装をしている間に、デザインのマイナーチェンジの必要が生じる場合があります。

 

関係者
・開発チーム
・デザインチーム

 

活動
・バックエンド機能とフロントインターフェイスの実装

 

成果物
・完全な機能、ないしテーマとスタイルに従った経験が実装されたUI


機能のコード化と実装

 

6.評価(Evaluate)

プロダクトの機能が実装されたときthe end productはいくつかの要素に基づいて評価されます

 

・システムは使いやすいか
・ユーザーにとって使用が簡単か
・柔軟で変更が用意か
・ユーザーの問題に対して臨んだ解放が提供されるか
・製品は経験が提供されるから使いたいと思わせる信頼性を持っているか

 

「デザインチームは、ユーザーフロないし経験の観点から製品を検証し、改善が必要な領域を特定します。」

 

関係者
・デザインチーム
・プロダクトマネージャー

 

活動
・フローの試験と経験における感覚の確認
・実装と定義済みインターフェイスの比較

 

成果物
・ユーザーフィードバック
・UI監査報告書
・改善が必要な箇所

 

ユーザーテストの実施

 

最終段階を経ての変更の必要に従って2、3、あるいは4の段階へ戻り、プロセスを繰り返すことになります。

 

プロセスは求められるデザインないし顧客の満足が達成されるまで継続されます。

 

結論

素晴らしいユーザーエクスペリエンスはインタラクティブなデザインプロセスによってのみ実現されます。

 

社内の主だった関係者はみな、タスクと義務をこなすことによってプロセスに貢献します。これこそが、競争社会において現行のユーザーをつなぎとめ、さらに新たなユーザーを引きつけるための、唯一の方法なのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ