デザイン

デザイン

2019年ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイン海外のトレンド インターフェースの対話性とナビゲーションを単純化

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、User Experience (UX) Design Trends 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

458 views

読了時間 : 約6分40秒

UXデザインの分野は非常に動的です。それにもかかわらず、いくつかのトレンドは他のものよりも長い間トップの座を保ちます。それらは、特にあなたがデザインの新しい方向性と改善された能力が現れたと考えるときに、注目して調査するに値します。

 

では専門家の意見から、業界の現在の動向を分析してみましょう。

 

人気のトレンドについて専門家は何と言っていますか?

 

クリストフ・マレット氏は、UXデザインは人々の生活を簡素化することができるトレンドによって左右されると信じています。専門家によると、利便性のレベルを向上させることを目的としたすべてのものが流行となります。

 

ララ・ヘンロン氏によると、強調する点はデータに基づいたデザインです。専門家が指摘している2つ目のトレンドは、音声インターフェイスを使用した作業です。ニック・バビッチ氏も同じように考えています。

 

ジョー・ペンドルペリー氏は、ユーザーインターフェイステンプレートの変更に焦点を当てています。専門家は来年はナビゲーション能力の向上に特別な注意を払う必要があると確信しています。

 

アニル・クマール・クリシュナチェッティ氏は、製品開発プロセスのメインステージとしてのデザインの重要性に対する理解が深まると考えています。彼の意見では、製品の作成に関わる全ての行程の中のデザインに掛ける時間の比率は増加します。どの商用製品もUXに注目しています。独自の暗号通貨、あるいは暗号交換開発さえもこの流れにあります。

 

デザイナーも開発者も参加します。したがって専門家は互いに簡単に対話ができます。

 

専門家によると、これはプロトタイプの段階で起こるので、今改善を促す方が簡単です。このアプローチによってプロチームはより良い出来上がりを期待できます。

 

調整プロセスが最適化され、修正数が削減されます。

 

2018年から2019年までの間に開発者とデザイナーの間のギャップを埋めることで、チーム内の交流は目に見えて活発になるでしょう。

 

 

 

ジェイソン・ジェラルド・クラブ氏は、その評価においてかなり分類的です。以前は悪いデザインは悪いと認識されていなかったと彼は述べています。なぜならそれはアップルの暗黙のルールで作られていたからです。

 

専門家によると、アップルのデザインは広く流通していましたが、近い将来、成果物に自分の名前を付けるプロが現れると予想されます。

 

ジェイソンはアップルの伝統的なデザインを分析し、ジョブスが会社の経営に従事していた時までについてアピールしています。彼はまた、ティムクックが会社の経営をしている間にさらにひどくなったと付け加えました。

 

スペシャリストは、現時点ではアップルユーザーの忠誠心と、すでに機能しているという評判のおかげでブランドがさらに発展していると考えています。しかし、製品の利便性と品質が変わらなければ、ある時点でアップルは全てを失う可能性があります。

 

専門家は慎重にアップルに対してそのような大きな注意を払います。これは、いたるところで使用されているデザインパターンが「露出」されるという事実によります。暗黙のルールのカテゴリーで、それらは不必要な手法の例となるでしょう。

 

同時に、この現象は大企業が自らの価値を過大評価した悪いデザインの問題を深く考慮するのに役立ちます。

 

 

どのトレンドが一般的になりますか?

 

個々のプロの意見を検討した後は、UXデザイン業界、Webデザイン、およびモバイルアプリケーションに特有の一般的なトレンドを概説するべきでしょう。それらは次のようになります。

 

フラットデザインが素材に入ります

 

巨大なグーグル領域で提供される素材デザインの概念は数年間その位置を固めています。おそらく来年には、モバイルアプリケーションでまだ使用されているフラットデザインを完全に削除することができるでしょう。

 

UXデザインの問題が二次的なものである多くのユーザーにとって、平面デザインと素材デザインにはいくつかの共通点があるという事実を特に考慮すると、変化はそれほど明白ではないでしょう。

 

共通の特徴には次のものが含まれます。

 

・構造性

・ミニマル

・面白い色

 

ただし、素材デザインにも次にあげる独自の特性があります。

 

・ポリグラフ性。創造の過程において、要素の編成だけでなく、規則とテクニックが伝統的な印刷のデザインに関連して使われています。

・三次 テクスチャと影はデザインに奥行きを与えます。

 

インタラクティブ機能 アニメーションの使用は以前よりも一般的になります。

・適応力 異なる種類のデバイス上での1種類だけのデザインは視覚的知覚を単純化し、それ故ユーザの使いやすさのレベルを向上させます。

 

そのような独特な特徴は、次第に優位に立つ素材デザインによって特徴付けられます。

 

 

インターフェースの対話性

 

ユーザーの行動に関する調査の結果、興味深い規則性が1つ示されました。専門家たちは冗談っぽくユーザーは「猫のようだ」と言っています。彼らは動くものにしか興味がありません。

 

そのため、デザインはより動的になります – ボタンやフィールドは、テクスチャ、ちらつき、回転を変え、どこからともなく現れます。

 

原則として、このような動的な方法で表示される情報は、次のいずれかに関連するものです。

 

・実行した操作をユーザに通知する。

・アクションの進み具合に関する情報を表示する。(まだ完了していない、またはすでに完了しています)。

・タスクを完全に実行するために次のステップをどうするべきか説明する。

 

このようなアニメーションデザインは、ユーザーを特定の行動に駆り立てるために意味があり、非常に深遠です。

 

一方で、時にはそのようなテクニックは単にインターフェースを視覚的に活性化させ、もっと楽しめるようにするために使われます。

 

2番目のケースでは、非常に実用的な目標があります。ユーザーを退屈させないこと、そして集中力を高めることです。

 

内容をより強調する

 

コンテンツへの関心の高まりは、新しいトレンドとは言えません。それどころか、このトレンドがはっきりと現れ始めたのは数年前です。

 

それにも関わらず、いくつかの変革を経て毎年その立場を強化しています。2019年のコンテンツマーケティングの動向でもこのことについて話しました。

 

現代のUXデザインでは、コンテンツ自体の品質だけでなく、このトレンドの方向に占める場所も重要です。

 

何が最も重要であるかについて、より多くの専門家が同意しています。このトレンドによる支配はさまざまな方法で表現されます。例えば:

 

  • インターフェースはデジタルストーリーテリングを取り入れて構成されています。この文脈では、デザインはユーザーストーリーを伝える上で重要な役割を果たします。
  • 「最初のコンテンツ」の位置が認識されています。これは、メッセージと構造の下でデザインが開発されたことを意味します。デザインコンポーネントがメッセージとコンテンツのスタイルと調和していることが非常に重要です。

 

既に説明をしたトレンドに加えて、テキストがより明確に見えるようになることは注目に値します。それらは大きな見出しによって区別されます。それらの入力のため、空のスペースを戦略的に正しく使用するのと同様に、高レベルのコントラストが使われます。

 

これらのトレンドは単なるファッションへのオマージュではなく、重要な実用的背景を持っています。デザイナーは現代の世界がどれほど動的であり、その中で人々がそれを体験する時間の不足を理解しています。

 

外出先で読むために、テキストはできるだけこれに合わせられるべきです。

 

その他の動画

 

ユビキタスなビデオの使用は、いかなる革新にも関連しません。それは、上記の傾向のいくつかと同様に、ユーザーの行動に関する科学的研究によって正当化されます。

 

2000年以来、注意の集中の平均期間は減少しています。今は12秒ももたず8秒です。

 

これを考慮して、ビデオ素材は情報交換における基本的な手段の1つの位置に行きます。定性的で関連性のあるビデオはあなたがあなたの注意を引くことを可能にし、それゆえ – それらを作成した人々の主なメッセージを伝達します。これは2019年のデジタルマーケティングの動向で説明しました。

 

ただし、ビデオでやりすぎないことも非常に重要です。さもなければ逆効果になる危険があります。「簡潔さは才能の姉妹である」という古典的な主張は、特にこれに当てはまります。

 

短く簡潔なビデオで、通常のテキストブロック「会社概要」を上手く置き換えることができます。統計によると、特に短いビデオに共感するのはモバイルガジェットのユーザーです。したがって、将来的にはこのジャンルがさらに積極的に使用されると予測されています。

 

ナビゲーションを単純化

 

ライフテンポの加速は、いくつかのナビゲーション変更で表示されます。現在、すべてが可能な限り透明で明確であるべきです。

 

理想的なユーザフローは、ユーザが一連の明確なアルゴリズムに反応して時間を節約する、直線性の原則の導入です。

 

現代のインターフェースは、簡単なやり取りでユーザーが彼らの問題を解決することを可能にするほど明確であるべきです。

 

単純化されたアニメーションの兆候は次のように呼ばれます。

 

  • ミニマリストデザイン。
  • 不必要な要素がない。
  • アニメーション機能
  • ある操作から別の操作に段階的にユーザーを誘導するよう設計されているポインター。
  • ユーザーにとって特に必要な情報を最も目に見えるようにする成功したテキストデザイン

 

進化する選択肢のリストが特徴的なため、メニューバーは既に過去のものとなっています。今となってはそのような構造は知覚を複雑にするだけです。そしてUXデザイン業界全体が最大限の簡素化を目指しています。

 

総括すると

 

今年のUXデザイン分野のトレンドについての結論を出したとしても、転換点について話す理由はありません。業界はその固有の一貫性と滑らかさで発展します。現代の企業にとって、これはマイナスよりプラスとなります。

 

ユーザーを驚かせることはさらに困難となっていますが、極端に急いで盲目的な適応をせずに、段階的に開発することができます。

 

 

2018年と来るべき2019年のUXデザインのトレンドはより完全に理解可能になり、明白にそして透明になるでしょう。

 

そして、たとえジョアン・ゲラード・クラブが通常のデザインパターンを「公開する」ことを予測していたとしても、あまりにも急速に変化する理由はまだありません。したがって、企業は急がず変更を正当化するための時間が十分にあります。

 

 

<このページはMereheadの記事を翻訳して掲載しております。翻訳元の記事はこちらから確認することができます。>

おすすめ新着記事

おすすめタグ