デザイン

デザイン

ウェアラブルデバイスと音声UI、マイクロインタラクションの関係【今期のトレンドが盛りだくさん!】

405 views

読了時間 : 約3分44秒

近年、ウェアラブル技術の世界では、新しい破壊的な革新が見られました。 生命、ビジネス、世界経済を変える可能性のある進歩でしょう。Google Glass、Apple Watch、Fitbit、Motiv Ring、Oculus Riftなどのウェアラブルは、データの受信、使用、共有の方法を変更することを約束します。ウェアラブルな革命は、私たちの日常生活や社会的交流におけるデータの利用方法についての古くからのパターンを変えています。

 

私たちは、テクノロジーとの見方や相互作用の基本的なパラダイムシフトをもたらしている全く新しいインターフェースメカニズムの登場を目の当たりにしています。今日成長するウェアラブルの存在を認識し、理解し、効果的に活用することは、幅広い事業の成功にますます不可欠となっています。

 

ウェアラブル・デバイスに対処するために、今のトレンドを見ていきましょう。

 

 

ウェアラブルと音声ユーザーインターフェイス(VUI)

これまで、音声ユーザーインターフェース(VUI)の設計は特に困難でした。 VUIは、音声認識に固有の課題に加え、過渡的で不可視な性質のため、大きなインタラクションの障害を伴います。

 

ビジュアル・インターフェースとは異なり、いったん口頭のコマンドとアクションがユーザーに伝えられると、それらは消えてしまいます。成功を収めた1つのアプローチは、スマートウォッチ(例えば、Apple Watch上のSiri)でしょう。それらは音声入力に応答して視覚的な出力を与えることができます。それでも、これらのタイプのデバイスのユーザーエクスペリエンスをデザインするとき、課題が山積します。

 

機械と話すとき、人間のユーザは、共有理解を確立するために使用される人間と人間との会話の自然なフィードバックループを見逃す可能性があります。彼らは命令を出したり何かを求めようとしたりしたとき、機械が彼らが言っていることを理解し、情報を返すことを期待します。

 

最新の音声AIであっても、完全に人間らしいコミュニケーションを構築するほど洗練されておらず、新しいコマンドを前のコマンドの説明と区別することができない場合があります。

 

さらに、今日の人間とコンピュータのインタラクションの手段としてのスピーチは、依然として非常に非効率的です。たとえば、選択肢のメニューを口頭で表示するには時間がかかります。ユーザーはデータの構造を視覚的に追跡することはできず、目標への道筋を覚えておく必要があります。ビジュアルUIで選択肢を提示するとき、設計者はミラーの法則に頼り、通常最大7つのオプションを提示します。

 

VUIの場合、課題は多いです。賢明なアプローチは、音声対話のサポートを組み込むことですが、最も効果的な場所への使用を制限し、そうでない場合は他の感覚を使用するインターフェイスメカニズムを使用して増やします。VUIは引き続き改善され、視覚障害者のアクセシビリティには最適です。VUIを全体的なユーザーエクスペリエンスに組み込む最も効果的な方法の2つは、音声入力を受け入れて視覚フィードバックを提供することです。

 

 

ウェアラブルのためのマイクロインタラクション

ウェアラブルな技術を設計する際、デザイナーは以前は決して直面したことのないスペースやインタラクションの珍しい領域に身を置くでしょう。

 

たとえば、グリッドやインタラクションパスは、ウェブサイトや、一度に大量のコンテンツを処理する必要があるその他の設定では最高です。ウェアラブルデバイスでは、複雑なやりとりのためのスペースが限られています。ユーザーに最高のエクスペリエンスを提供するために、デザイナーは簡単なジェスチャーとタップを使用し、即時のフィードバックを得なければなりません。

 

最新のApple Watch 3は、マイクロインタラクションを活用しています。

 

効果的なマイクロインタラクションデザインの素晴らしい例は、Apple WatchのStarwood Hotels and Resortsアプリにあります。 Apple WatchのStarwoodアプリケーションは、時計の簡単なタップで、ユーザーがホテルのドアを開けるようにすることで、自社のブランド体験に完全に合っています。

 

この種のインタラクションが果たすことができることを理解するために、プロセス全体を見る必要はありません。ゲストはホテル内にあり、鍵を探しているバッグやポケットに迷わずに部屋に入ることを望んでいます。

 

このアプリはまた、ウェアラブルの選択的、文脈的、ミニマルなデザインのベストプラクティスの1つを示しています。それがユーザー体験を混乱させることになると、デザイナーは必要以上に多くの機能や情報を積み重ねることを控えました。時計には、チェックイン日、部屋番号、および「ロック解除」ボタンのみが表示されます。

 

 

 

 

ウェアラブルテクノロジーの未来をデザインする

ウェアラブル技術の展望が拡大し成熟するにつれて、デザイナーは人々がデジタル世界とどのように交流するかに影響を与える新しい機会を得るでしょう。新技術は、自然の人間の行動に合ったり、それを向上させたりするときに成功します。これはウェアラブルだけでなく、すべてのインターフェイスプラットフォームに当てはまります。

 

これらのデバイスは、ラップトップまたはスマートフォンと同じ方法で対話するためのものではありません。いくつかのウェアラブルは、他人がその着用者にどのように反応するかにも影響を及ぼします。

 

ウェアラブルは、画面から現実のコンテキストに技術を移行し、デザイナーが克服すべき課題と同様に考慮すべき新しくユニークな質問を提示します。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

※本記事はWearable Technology: How and Why It Worksを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ