デザイン

デザイン

ユーザビリティテストが欠かせない理由とその実施方法とは?【人数・やり方についても熟考が必要】

441 views

読了時間 : 約2分16秒

ある雑誌編集部にインターンとしてやって来たライラは、その企業の代表と面接する機会を得ました。長年の夢が叶うかもしれないと興奮するライラは、万全の準備を整え面談に望みました。ノート、ペン、カメラ、聞きたいことのメモに加え、スマートフォンに入れていたボイスレコーダーアプリも忘れずに更新しました。

 

面談が始まり、ライラはレコーダーの録音ボタンを押し、必死にメモを取りながら面談をこなしました。面談を無事に終えたライラですが、スマートフォンの画面を見て真っ青になります。レコーダーは最新のアップデートで「録音開始には長押しが必要」という新機能を搭載していたのです。

 

このライラは架空の人物ですが、話自体は実際にあったものです。このストーリーで、私はユーザビリティテストの重要性を再確認するに至りました。

 

 

ユーザビリティテストが重要な理由

適切な手法、タイミング、スタッフでテストを行えば、製品のミスを防ぎ、時間や資金を節約できます。早い段階でテストを行うと、製品の修正に必要な時間や金額が小さくなります。成熟した製品をテストすれば、ユーザがタスク完遂に必要な時間などがわかるでしょう。

 

ユーザビリティテストを行う理由は大きく5つ挙げられます。

  1. 1.製品がユーザーの期待に応えられているか確認する
  2. 2.実際の使われ方からビジネス上の決定を行う
  3. 3.製品の問題点を取り除く
  4. 4.どれだけのユーザーがタスクに成功しているか分析する
  5. 5.ユーザーの反応やフィードバックを得るのに役立つ

 

 

テストに必要な人数は?

テストを行うには、参加者を集めなくてはなりません。その人数についてはさまざまな見解があるため、2つの意見を引用させてもらいます。

 

入念なユーザビリティテストはリソースの無駄です。優れた結果を出すならば、参加者は5人以下にとどめ、小さなテストをできるだけ多く行うのが良いのです。」ジェイコブ・ニールセン氏

 

テストの参加者は5人で十分だというのが、広く知られた認識です。ある研究で、60人の参加者から無作為に5人を選択し、テスト結果に漏れがないかを調べました。その結果、いくつかの5人グループは問題の99%を発見しましたが、他のグループは55%しか見つけられませんでした。グループを10人に増やすと、最も成績の低かったグループでも問題の80%を見つけ、グループを20人にすれば95%を見つけられました。」ローラ・フォルクナー氏

 

 

テスト計画はどう作る?

実際にユーザビリティテストを行う場合には、どのように計画すればいいのでしょう?ポイントは、一度で全てを見つけようとしないことです。

次の3点を考慮に入れておくと、効果的なテストが行えます。

 

  1. 1.集中すべきエリアを決定しておく
  2. 2.ユーザビリティにおける潜在的な問題点を想定しておく
  3. 3.どのタスクについてテストするのかを決めておく

 

 

 

 

いかがでしたか?ユーザビリティテストは、製品の問題点を修正するのに欠かせません。適切に行えば、リソースの節約にもつながります。優れた製品を作るには、必須のプロセスと言えるでしょう。

 

 

▼ユーザビリティについて詳しく学びたい方はこちらの記事がおすすめです!


 

 

 

※本記事はWhy is it important to do usability testingを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ