デザイン

デザイン

【ECサイトのUX】改善する5つのポイントを知ろう

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、5 Best Ways to Improve Your Ecommerce UX
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

709 views

読了時間 : 約4分38秒

人々はオンラインショッピングやモバイルショッピングに慣れてきました。その結果、ECサイトを利用する顧客は、これまで以上に洗練されたサイトを求めるようになっています。ユーザーエクスペリエンス(UX)は重要です – 統計によるとオンラインで購入する人の38%は、デザインが魅力的でないと判断したらサイトを離れていることがわかっています。

 

ECサイトによって新たなに競争が激化する分野が生まれ、小規模ブランドであってもポジションが確立できる絶好の機会を提供されるようになりました。しかし、そのために企業は優れたUXをに投資する必要が出てきました。

 

ECサイトにとって最適なUXを構築するためには、何が必要でしょうか?Iflexionの開発者が、最も効果的だと考えるアプローチのいくつかを紹介してくれました。

 

 

よく機能するオプションを選択、「良い」外観を忘れる

長年にわたり、いくつものECサイトのデザイントレンドが流行しては消えていきました。

 

パララックススクロール、ビデオの背景、非表示のナビゲーションボタン、自動再生、画像カルーセルなどがある時期までECサイト業界を支配していました。しかし残念なことに、ユーザーたちはファンシーなデザインを求めているわけではありませんでした。むしろ、そういった機能にユーザーは振り回されてきたのです。

 

ECサイトにおける美学は、UXではなく機能であるべきです。自動画像スライダーは非常に気を散りますし、いきなり再生される動画にも同じことが言えます(ビデオをオフにするオプションが見つからない場合は恐怖です)。

 

実際の店舗で買い物をする時、お店の壁がどれほどかわいいかを顧客は見ません。商品の品質はどうか、商品はどのように展示されているかに心を動かされます。ECサイトでの購入体験は、店舗販売のそれとは異なりますが、同じ原則が適用されます。

人々は、製品、詳細情報、色やサイズの選択肢、迅速な注文プロセスに簡単にアクセスしたいのです。最初の印象については、美しいデザインが非常に重要です。しかし、この美しいデザインが機能性の面で阻害的なのであれば、それは廃棄されるべきです。

 

 

パーソナライゼーションに注目

ECサイトにおけるパーソナライゼーションは、ブランドが顧客とより意味のある関係を築くのを助けるという点で重要なものになっています。今日の顧客は無数のオプションを選択できるため、そのようなパーソナライゼーションは彼らの忠誠心の鍵となるでしょう。

 

ECサイトの優れたUXは、過去の行動に基づいたパーソナライズされた提案に基づいています。

 

以前の購入による製品のおすすめは、ショッピング体験のエンゲージメントを高め、クライアントが潜在的に好きな新製品を見つけることを可能にします。その結果、コンバージョン率が上昇します。

 

「この製品を購入した顧客」セクションのような単純なことは、簡単なUXパーソナライゼーションの優れた例です。Amazonのショッピングを体験したことがあるなら、あなたはおそらく目にしているでしょう。

トレンドのセクションやパーソナライズされた電子メールのニュースレターでも、オンラインストアのリデザインに多額の投資を必要とせずに同じ目標を達成するのに役立ちます。

 

 

注文プロセスの簡素化

ステップ数が少ない注文プロセスでは、ショッピングカートの放棄率が低下する恩恵を受ける傾向があります。しかし、より少ないステップというのは、同じ画面にすべてを詰め込むことを意味するものではありません。

 

代わりに、注文を簡素化するために次の方法のいずれかを試してみるとよいでしょう。

 

・オンラインショップにログインした顧客の情報が保存されていることを確認してください(ただし、GDPRを念頭に置いてください)。人々は同じ質問に何度も尋ねられることを嫌います。

・注文ページから注意散漫を取り除き、プロセスを完了するために必要な機能のみを備えます

・可能であれば、ウェブサイトに新しいプロファイルを作成するよう依頼するのではなく、既存のアカウント(Facebookの統合など)でログインできるようにしてください。

・個人情報を第三者と共有することを嫌う人が増えているため、「ゲスト」として注文することを可能にしましょう。

人々がカートとショッピング体験を簡単に切り替えることができるようにします。彼らが毎回前後に移動しなければならない場合、ショッピングカートが遅かれ早かれ放棄される可能性があります。

データ検証プロセスを簡略化します。

 

 

製品を並べ替えてリストを作成させる

しばしば人々は最初から購入について100%自信を持っているわけではありません。そのような潜在的なバイヤーにリストにアイテムを保存し、後でそれを見直す機会を与えることは、最終的なコンバージョンの可能性を高めるでしょう。

 

Macy’s、Amazon、Kohlのユーザーエクスペリエンスのすべてがこのようなリスト作成を可能にしています。

 

購入者は、自分の好みや購入の完了の仕方に応じて、複数の方法で独自のラベルとソート商品を作成することができます。このようなリストは、最終的に購入する準備ができたときに見なければならないアイテムを絞り込んでいます。

 

このオプションがなければ、今は自信がないが、将来購入することに決めた人が、当初からこのプロセスを経なければなりません。後で同じ製品を見つけることができなくなる可能性だってあります。ウェブサイトを長く閲覧しなければならなくなり、悩まされる可能性があります。ウィッシュリストの実装はシンプルなソリューションであり、既にWebサイトにある場合は、それが明確に表示されるよう優先順位を付けることができます。

 

 

複数のチャネルを通じてショッピング体験を可能にする

あなたのブランドには既にECサイトアプリがありますか?答えがノーの場合は、潜在的な顧客の新しいグループを獲得する大きなチャンスを逃しています。

 

モバイルショッピングが増えています。2018年には、スマートフォンは、米国で1兆ドルを超える量の電子商取引を購入するために使用されます。

 

Googleの調査によると、46%の人々がスマートフォンを購買プロセス全体に使用することを好みます。ウェブサイトとアプリベースのモバイルショッピングは現在同様の人気を誇っていますが、使用が簡単な専用アプリは、今後数年で大きな牽引力を発揮するでしょう。

 

顧客は利便性を望んでおり、それを提供するためには、マルチチャネルのECサイトを用意することが不可欠です。ソーシャルメディアを通じた販売はもう一つの目を引く傾向です。ますます多くの人々がソーシャルメディアでの直接購入を検討しています。例えば、Facebookの製品リストは当たり前になってきました。購入を決定した場合は、その人をオンライン決済のウェブサイトに導く、「今すぐ購入」ボタンがあります。

 

 

トレンドには敏感に

ユーザーの生活をより便利にするためには包括的なアプローチが必要です。新しいトレンドや機会を注意深く見守らなければなりませんが、取り入れようとするとなかなか手間がかかります。効果的に販売経路を拡大していく鍵は、ユーザーが探しているものを理解し、現在の課題を解決するということです。

 

 

 

※本記事は5 Best Ways to Improve Your Ecommerce UXを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ