デザイン

デザイン

リテンション率を上げる!ユーザーのエンゲージメントを促して、アプリを消去させないためのヒント

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、How good design can improve engagement metrics
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

241 views

読了時間 : 約4分27秒

デジタル製品の場合、インストール率はほんの始まり。本当に重要な点は、「保持されること」、リテンション率です。顧客からのリテンションを達成するには、エンゲージメントを高くする必要があります。結局のところ、誰でもダウンロード料金を支払ってもらうことができますが、成功した製品と失敗した製品の分け目は、ユーザーに関与して保持してもらうという点です。

 

エンゲージメントの最も重要な貢献要素は、製品がユーザーに提供する価値です。重要なメリットが十分に強くなければ、製品は失敗します。しかし、デザインも重要な役割を果たし、デザイン上の意思決定を適切に行うことで、エンゲージメント評価基準を簡単にリフトアップすることができます。

 

モバイルアプリ、ウェブサイト、またはデジタル製品のエンゲージメントとリテンションを向上させるヒントをいくつかご紹介します。

 

 

○オンボードプロセスの合理化

オンボーディングは、おそらく、リテンションの面でユーザージャーニーの最も危険な段階です。ーザーの約4分の1は、アプリを1度使用しただけでアプリを消去、実際のところアプリを使用する前に消去されてしまうこともあるのです。これは、過度に複雑なオンボーディングプロセスがしばしば原因です。

 

 

○迅速なログイン

ユーザーがアプリをダウンロードして特典を受け取るまでに多くのステップを踏まなければいけないほど、オンボーディングプロセス中に離れるユーザーが増えます。つまり、オンボーティングプロセスのすべてのボタンプッシュ、すべてのフォームフィールド、およびすべてのロード画面には、ユーザー維持の面でコストとなるのです。

 

そのため、オンボーディングをできるだけ簡単にしたいと考えるでしょう。ソーシャルログインは、ユーザーが固有のアカウントを持つ必要がある場合に最適な方法です。しかし可能な限り、すべてのタイプのログインを避けることをおすすめします。あなたのユーザーは、すぐにアプリケーションから価値を得ることを開始し、余分な手順はそのプロセスを遅らせるだけです。

 

 

○迅速なユーザー教育

この原則はユーザー教育にも適用されます。これは、ちょっとしたジレンマでもあるでしょう。ユーザーがアプリケーションを使用する方法を知らない場合、不満を募らせます。しかし、それを教えるプロセスはその解約率に一定の影響を与えるからです。

 

この矛盾のバランスを上手く取ってください。ユーザーに最も重要な機能と動作方法をすばやく伝えることは適切ですが、これはあまりにも多くの手順を伴うべきではありません。ここでも、オンボーディングプロセス中の解約を避けたいでしょう。アプリ内のすべての機能を説明する1つの大きなチュートリアルではなく、チュートリアルを段階的に解説し、ユーザーが新しい機能やチュートリアルを自分で見つけられるようにしてください。

 

 

○色の問題

優れたデザイナーは、ユーザーの動機付けに色が重要であることを知っています。色の使い方は、エンゲージメントやリテンション率など、ブランドやビジネスのあらゆる側面に深刻な影響を与えます。

 

色の選択のほとんどは、おそらくあなたのブランド全体に関連してくるでしょう。あなたのビジネスのとの結束感をアプリに漂わせたいと、おそらくあなたのウェブサイトなどと同様のパレットを使用したいと思うでしょう。ブランドの結束が第一の関心事です。

 

結束感をもたせること、関連付けることは、エンゲージメントを向上させる上で不可欠であると言いました。ユーザーに行動を起こさせたい場合は、何か突き出るような行動が必要です。

ある記事では、こんなことが紹介されています。Hubspotが、ほとんどの人が信じるのとは反対に、赤はCTAボタンの色として緑よりも優れていることを発見したというのです。しかし、その発見は一定の文脈上のものであることも強調されています。ボタンのリテラルな色の値より重要なのは、画面上の他の色との関係でした。彼らの実験では、ボタンは画面上の唯一の赤いオブジェクトでした。その独特性により、ユーザーはさらにクリックしやすくなりました。

 

ユーザーインターフェイスデザインにも同じ原則を適用できます。デジタル製品またはウェブサイトの任意の画面で、ユーザーが取ることができる1つまたは2つの最も重要な操作を特定し、それに応じて色付けします。珍しい色を使用すると、ユーザーが最も必要とする機能に誘導し、全体的なエンゲージメントを向上させることができます。

 

 

○マインド・プロセッシング・パワー – 人間と機械のために

UIデザイナーが忘れやすいデザイン要素は、パフォーマンスです。疑いなく、ウェブサイトやデジタル製品のパフォーマンスはエンゲージメント率に劇的な影響を与えます。これに最も重要な要素の1つはスピードです。

 

Kissmetricsは、ウェブサイトの場合、ページの読み込み時間が1秒遅れるとコンバージョン率が7%低下することがわかりました。モバイルユーザーは、軽いユーザーエクスペリエンスを期待しているため、その数はさらに多くなる可能性があります。

 

これはつまり、スーパーコンピュータをポケットに入れるような現代においても、処理能力は依然重要だということです。そのことを念頭に置いてデザインする必要があります。デザインの1つの画面またはページに多すぎる機能を含めると、アップロード時間が長くなり、エンゲージメントに大きな影響を与える可能性があります。

 

しかし、この原則はデバイスの以上のものです。あなたのデザイン要素を最小限に保つことは、工学的なものと同じくらい心理学的な理由で良いアイデアです。Barry Schwartzが著書「The Paradox of Choice」で説明したように、より多くの選択肢が必ずしも良いとは限りません。ときにはそれは逆の効果を持つことがあります。

 

2000年のジャム品種に関する研究では、フルーツジャムの種類を75%削減することで、ジャムを購入した消費者の数が10倍に増加したことがわかりました。これはソフトウェアデザインにも直接的な意味を持ちます。ミニマリズムデザインが普及しているのは、認知的過負荷とデバイス性能の両方のレベルでそれが効果的であるからです。

 

デザインの個々の画面またはウィンドー内に配置する要素、機能、および特徴の数には十分注意してください。あなたが新しいものを追加するごとに、読み込み時間が増えることを知っておいてください。デザインを必要なものだけに減らすことは、ユーザーのエンゲージメントを改善するための絶対的な戦略です。

 

 

テスト、テスト、テスト…

これらの原則を念頭に置いてデザインすることは、間違いなくエンゲージメントとリテンションの評価基準にプラスの効果をもたらします。しかし、結局のところエンゲージメントを向上させるための完璧なアプローチは存在しません。すべてのアプリケーションは異なります。実際に製品に適したものを見つける方法は、テストすることだけです。

 

 

 

※本記事は、How good design can improve engagement metricsを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ