デザイン

デザイン

ユーザー中心のデザインと心理学の関係【ユーザビリティーを高めて、UXを向上させる】

455 views

読了時間 : 約3分19秒

一般的な考え方とは対照的に、成功した製品は素晴らしいUIと豊富な機能を持つことを意味するだけではありません。そのすべての側面は、そのユーザビリティを中心に展開されています。

 

ユーザビリティを向上させる完璧な方法は、ユーザーの心理学に基づいてすべてのユーザーエクスペリエンスを向上させることです。

 

ユーザーエクスペリエンスは、製品とそのユーザーの間の結束を作り、強化します。デザインがどのように認識されているかを理解することで、作成する製品がユーザーの目標を達成する上でより効果的になり、ユーザー中心のデザインにすることができます。

 

 

人間中心のデザインにはどのようにアプローチする?

ユーザーの心理を理解することは、スムーズな体験を提供する上で大きな役割を果たします。ユーザージャーニーとその周りに必要なすべてのプロセスを構築するのに役立ちます。

 

親友のために誕生日パーティーを計画するのと同じように考えてください。あなたは彼女の好きなことを知っていて、好きではないものを知っているので、あなたはそれに応じて計画します。そして、あなたの友人がサプライズを知ったとき、それは本当の喜びが来るときです。

 

同様の方法で、私たちのデザインがどのように認識されているかを理解することで、私たちが作成するアプリケーションやWebサイトがより直観的で使いやすいものになるよう調整することができます。

 

ユーザーフローの設計を始める前に知っておくべき心理学の基本がいくつかあります。

 

・あなたが見ているものはあなたの脳が得ているものではない

・人々は過去の期待や経験に基づいてスクリーンをスキャンする

 

 

 

1.あなたが見ているものはあなたの脳が得ているものではない

目で見えるものはすべての感覚よりも優先されます。脳のリソースの半分は、私たちの視覚を私たちが認識しているものに変換することに専念しています。私たちの目が物理的に知覚しているのは、その物語の一部に過ぎません。私たちの脳に入るビジュアルは、作業され、解釈されます。それは本当に「見ている」私たちの頭脳です。

 

あなたの脳は、あなたの周りの世界からすぐに理解できるように、ショートカットを作成します。それは、あなたが見ているものを推測するために、過去の経験のルールを使用します。ほとんどの場合は動作しますが、エラーが発生することがあります。形や色の使い方によって、人々が見ているものや見ているものに影響を与えることができます。

 

例えば、この画像を例に説明しましょう。

 

単語が同じである2つの異なるメッセージがどのように注意を引くかに注目してください。

それぞれの単語を区切る色や枠の使い方で、メッセージは大きく変化してしまいます。

 

2.人々は過去の経験と期待に基づいてスクリーンをスキャンする

人々があなたのWebサイトで見ると思うものは、彼らが解釈するものではないかもしれません。コンピュータ画面では、最初に人はどこを見るのでしょうか。そして彼らは次にどこを見るのでしょうか。それらは、訪問者のバックグラウンド、例えばどれだけWebページを見ることに精通しているかなどによって異なります。

 

人々は「賢い」

平均的なインターネットユーザーが1日に最大10のWebサイトを訪問します。多くの人々は情報を探す場所と何をすべきかを知っています。

彼らが左から右に動く言語で読んだら、彼らは左から右に画面を見ている傾向があります。彼らが右から左に読むと、それは反対です。

 

一般的な傾向を見てみると、ロゴ、空白、ナビゲーションバーなど、手元のタスクとは関係のないものがコンピュータ画面上にあるという考えに慣れてきたため、彼らはWebページのコアの内容があるスクリーンの中心を見て、エッジを避ける傾向があります。

 

画面を一目見てから、人々は自身が属する文化における通常の読書パターン(左から右、右から左、上から下)を動きます。例えば、大きな写真(特に誰かの顔を持つもの)や動き(アニメーションのバナーや動画)をスクリーン上のどこかに置くと、彼らの注意がそらされます。ここで重要な情報を伝えるためにそれらを巻き戻すことができます。

 

 

戦略的にWebサイトを整理してユーザーをキープする

あなたが伝えたいと思う最も重要な情報を画面の中央または上から3分の1に表示するのがベストプラクティスです。人々はそこを見る傾向があります。

人々の通常の読書パターンを遮らないようにWebページをデザインしましょう。タスクを達成するために人々が画面の多くの部分に往復しなければならないパターンを避けます。

 

 

 

結論

デザインは完璧ではありません。人間が進化するにつれて、彼らの心理も進歩します。私たちは、最新のユーザビリティの傾向に合わせてデザインを更新し続ける必要があります。

 

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

※本記事はThe Psychology Behind Creating A User Centered Designを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ