デザイン

デザイン

「紙」はデジタルに代替される?消費者のニーズとデジタル化の関係

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、Will we ever replace paper?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

443 views

読了時間 : 約3分9秒

私は永遠に「紙」を代替するものは現れないと思っています。

 

過去の10年間ずっと、私たちは電子化しようと最善の努力をしています。保存しているデータから通信する方法まであらゆるものをです。意図的に「紙」を使って組織を運営する必要はもう残っていないでしょう。

 

それでも、あなたが紙で行うことができるすべてのタスクを考えてみてください。そして、それらはデジタルでも行うことができるでしょう。利用可能な他の技術について考えれば紙は、私たちにとって、もはや不可欠ではありません。しかし、それらはまだ存在しています。この議論がばかばかしいと思う直前でしょうか。しかし、紙は依然として生き残り続けており、それは多くの業界で起こっています。それは、紙のもたらすコアの経験が大切だからです。そして、それは紙についてだけでなく、多くのデジタルタッチポイントが仮定しているニーズにいかに対応していないかについても教えてくれます。

 

過去5年間、私たちがサービスをデザインする方法は、PC、モバイル、アナログのタッチポイントなど、私たちが利用できるタッチポイントによって決まり、制限されていました。デジタル画面を通じて提供された経験を生み出すことに重点が置かれ、その結果、人々はデバイスを介しての対話に、直接対話するより多くの時間を費やしました。 – FJORD

 

これだけでは、これらのデジタルタッチポイントが私たち相手に失敗しているように感じることはありませんね。では、あなたが作った最後の「やるべきこと」のリストを考えてみてください。紙を使っていたのですか?あなたのiPhoneのノートやTrelloでしょうか?

 

「スクリーンの未来は物理的な体験とデジタル体験を融合させるべきだ」

 

多くの人は、紙などのアナログな方法を使用していたのではないでしょうか?私たちは紙のようなアナログを使用していると言うことができます。それらはより簡単で、高速で、より多くの利用が可能ですが、デジタルタッチポイントにも使用できる表面的な価値です。

 

私たちがまだTo-doリストのために紙を使用している主な理由の1つは、それが刺激する感覚的体験です。ページのタッチ、あなたのペンと手と心のリンク、そしてあなたの次の目標を手に持つことの触覚…。物理的なものを書いたり読んだりするのは、デジタルにおいてタスクの完了が必要な15分前にリマインダを送信することも、送信しないようにすることもできるのよりも、さらに強い経験を提供するのです。この感情的な刺激はあなたの脳に届くドーパミンによるものですが、おそらくまだデジタルTo-doリストサービスを通じては再現されていないものです。

 

紙は、この意識的なデジタルタッチポイントの不満のほんの一例に過ぎません。私たちは、画面に張り付きすぎることに対する嫌悪感を増幅させています。または1つのデバイスの外部へもコアテクノロジーを分離する必要があると考えていることについて言及する必要があります。目標がコンパクトに1つの画面にまとめられるようになった今、私たちはもっと個人的で意味のある何かを提供する経験を望んでいることに改めて気付き始めました。驚いたことに、実際には次のステップは、これらのソリューションすべてを画面から分離された(物理的に統合された)経験に展開することです。

 

画面の未来は、物理的およびデジタル的な経験を結びつけることにあるべきです。つまり、より感覚的な経験を生み出す解決策が必要なのです。たとえTo-doリストのような最も単純なタスクであっても、そこは結びつけるべきです。私たちはもはやデジタルを単独のタッチポイントとして使うのではなく、私たちの物理的なタッチポイントのための成功要因として使うべきです。

 

この次の例を参考にしてください。

 

「レストランは訪問前にダウンロードするアプリを提供し始めているので、ユーザーはテーブルサービスを使わずに注文や支払いができる。英国のWetherspoonsは、正しいコンテクストで消費者のニーズをターゲットにしており、この特定のサービスにおいて勝ち組である。なぜ顧客サービスで有名なレストランがそういったアプリを提供するのか?素敵なレストランを訪れて、ウェイターにおすすめを聞くというコミュニケーションなしに注文するために、アプリをダウンロードしたいとは思わないだろう。携帯はすでにメモリがいっぱいなのだ。このようなタッチポイントのコンテクストは適切ではない。

代わりに、これらのレストランはデジタルサービスや技術を使用して顧客サービスを強化し、より感覚的で賞賛に満ちた経験を生み出すことを望まないのだろうか。おそらく紙メニューから始めるべきであろう。」

 

 

テクノロジーは、私たちの肯定的な経験を可能にするサービスをデザインするよう促すはずです。物理的タッチポイントとデジタルタッチポイントの間の線は、ますます対処され始めていますが、それまでは紙は置き換えられないでしょう。

 

 

 

※本記事はWill we ever replace paper?を翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ