デザイン

デザイン

GoogleのモバイルUIフレームワーク、Flutterがベータ版に【早速使ってみる前に、特性をチェック】

2,202 views

読了時間 : 約3分40秒

今年のバルセロナ・モバイル・ワールド・カンファレンスでは、2017年5月に公開されたオープンソースのモバイルUIフレームワークであるFlutterがアルファ版ではなくなったという大きな発表がありました。

 

このフレームワークにより、開発者はAndroidとiOSの両方のネイティブインタフェースを構築できます。Flutterは、ポータブルUIツールキットの迅速な開発とマルチプラットフォームでのネイティブモバイルのパフォーマンスとプラットフォームの統合という2つの世界のベストを結集しています。さらに、Dartで構築されています。

 

 

Googleによれば、モバイルアプリを開発する開発者は、多くの理由でFlutterを楽しむことができます。

・ステートフルホットリロード、新しいリアクティブフレームワーク、柔軟なウィジェットセット、すぐに使用できるツールなどの機能をベースにした迅速な開発

・多階層で拡張可能なアーキテクチャ上で豊富なアニメーションライブラリを持つ柔軟なデザイン

・GPUアクセラレーションされたレンダラーネイティブのARMコードランタイムとプラットフォームの相互運用性により、エコシステムとデバイス間で最高品質のエクスペリエンスを実現

 

 

アルファからベータへ

Googleはライブラリーの研磨に多くの時間を費やしました。Flutterは、スクリーンリーダーとアクセシビリティサポート、RTLテキスト、ローカリゼーションと国際化、インラインビデオ、追加イメージフォーマットのサポート、バックグラウンドコードの実行などを備えています。チームはまた、Android Studio、Visual Studio Code、iOS 11(ウィジェットインスペクタなど)のサポートも実装しました。Googleはまた、1つのキラー機能、ステートフルホットリロードを改善しました。

 

 

Flutterは本当に良い?

しかし、Flutterはどのように2つの異なるプラットフォームで動くことができるのでしょうか?Flutterアプリケーションは、ネイティブのAndroidおよびiOSアプリケーションに直接コンパイルされません。代わりに、FlutterレンダリングエンジンとFlutter Frameworkで実行されます。レンダリングエンジンとフレームワークは、すべてのアプリケーションにバンドルされています。プラットフォームに応じて、ライブラリはプラットフォーム固有のパッケージを提供します。

 

しかし誰も肥大したコードを好きではありません。

Androidの場合はさらに6.7MBが追加されますが、GoogleではFlutterで得られるスピードのメリットが価値があると主張しています。GoogleのAdWordsアプリをご覧ください。これは速いです。または、Flutterで構築された別の人気アプリ、Hamiltonをチェックしてください。

 

さて、AndroidとiOSの2つの異なるデザイン言語についてはどうでしょうか?Flutterの組み込みUIウィジェット「Material Design」と「Cupertino」は、両方のプラットフォームでネイティブに見えるアプリケーションを提供します。 lutterは、ボタン、アニメーション、スライダ、スイッチ、ダイアログボックス、スピンのローディングなどをアプリケーションの実行するプラットフォームに合わせて変更します。

 

React Nativeはクールです!しかし、Reactとは異なり、FlutterはGPUで高速化されたグラフィックスとレンダリングエンジンを使用しているため、webviewに頼る代わりに、デザイナーと開発者は実際のプロトタイプを一貫したワークフローで処理できます。

 

ステートフルホットリロードはどうですか?最も期待される機能であるステートフルホットリロードは、開発者が開発プロセスをスピードアップするのに役立ちます。コード変更をアプリにプッシュすると、変更内容はすぐにライブエミュレータに表示されます。組み込みの開発用コンパイラがこのトリックを行います。つまり、完成したパッケージはAhead of Timeでコンパイルされますが、開発にはJust in Timeコンパイラがあります。

 

しかし、それはベータ版ソフトウェアです。しかし、Googleは最新のOS、FuchsiaをFlutterで開発しています。さらに、Flutterは、Android Studio、Visual Studio Code、IntelliJ、XCodeなどの一般的なIDEやFirebaseやFacebook Connectなどの1,000以上のパッケージでうまく動作します。

 

 

Flutterを始める

Flutterがベータ版から抜け出すのがいつであるかは明らかではありませんが、Googleは新しいベータ版が引き続き提供されることを強調しました。ベータ版でも、Flutterは多くの生産シナリオに適しています。今年のGoogle I / Oカンファレンスを控えて、最初の安定したバージョンが5月にリリースされると仮定できるかもしれません。しかし、Flutterを始めるのをそれまで待つべきではありません。

 

もちろん、開発者はGitHubページとissueトラッカーに注意を払う必要があります。詳細についてはGetting Startedガイドを必ずご覧ください。あなたがダウンロードして試すことができるFlutter用のコミュニティ構築テーマもあります。

 

既にFlutterがインストールされている場合は、次の簡単なコマンドでベータ版チャンネルに切り替えます。新規参入者は、クイックスタートパッケージを見てください。

 

 

 

※本記事はGoogle Announces Flutter – Mobile UI Frameworkを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ